« ティーザー予告編 公開! | トップページ | 強心臓 »

1116 MBC9時ニュース(追記あり)

今日は久しぶりに公式記者会見に出てきて
記事も写真も いっぱいのドンウォン君。

今、スカパーのKNTVでMBCの夜ニュースに
チョン・ウチの話題が出てきました

ドンウォン君のインタビューカットがありました。
(予告映像とメイキングはもちろんですが)

背景が初めて見た感じだったので
今日受けたインタビュー??

韓国ファンの方~
動画アップしてくださ~い

(スカパーは字幕つきだったんだけど・・・タイミング逃しました)

追記・・・
検索したら、動画で見れました。
やっぱりネット大国!
普通に公式動画です。ある意味すごいな・・・。
http://imnews.imbc.com/replay/nwdesk/article/2498250_5780.html
字幕はナシです・・・

以下、ナレーション訳です。
===============
'民衆英雄'の復活

▲ANC▲

ロビンフードのように民衆の英雄を前に出す映画を作るのはハリウッドの長い間の伝統ですが。

私たちの映画界も苦戦英雄らを現代感覚に合うように再誕生させました。

キム・ヒョンギョン記者が伝えます。

▲VCR▲

ソウル都心真ん中に現れた朝鮮時代導師戦友分.

走って,飛び降りて,神出鬼没した焼身術まで。

総製作費150億ウォンの代作(大作)映画主人公に変身して縦横無尽妖怪らをはね除けます

▲SYN▲カン・ドンウォン/'戦友分'駅"(苦戦では)さらに貴重なキャラクターであったようだが映画化してさらにおもしろくて,さらに悪童らしいイメージをたくさん育てたし..."

<以下チョン・ウチとは関係ない内容です>

夜ごとスパンデックス服に先端武器を整えて義賊役割をするこの人
. 

ホン・ギルドンの18代子孫です。

昼間には平凡な音楽教師だが'不正な金'を盗んで難しいこれらを助ける義侠心だけは昔も今も全く同じです。

▲SYN▲イ・ボムス/<ホン・ギルドンの後えい>主演"さらに義に徹して武術を行うにあたって卓越した,実際人物のようなリアリズムに土台を置きました。"

永い歳月伝えられて大衆に検証された興味深いストーリーとキャラクターのなじむ。

過去と現代を変奏して近づく風変わりな変身の魅力.

歴史の中庶民の英雄らが21世紀スクリーンのスターで派手に復活する理由です。

▲SYN▲イ・ジュンイク監督/<クルムル ポソナン月のように>演出"歴史は反復されることだ,それで昔の話を持って今日の私たちの姿をまた眺めるそのような映画になるでしょう。"

想像力の力でホコリ積もった書庫で飛び出した朝鮮時代英雄らが苦しい現実に疲れたこの頃観客らをひきつけることを映画界は期待しています。
MBCニュース

|

« ティーザー予告編 公開! | トップページ | 強心臓 »

チョン・ウチ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ティーザー予告編 公開! | トップページ | 強心臓 »