« 2008年10月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

サンファジョム(霜花店)UCC

韓国のサイトをフラフラすると
よく「UCC」に出くわします。
投稿動画みたいに理解していましたが
正しくはUser Created Contents。

ということで、
ベッドシーンが話題の「サンファジョム(霜花店)」の
予告編に
映画製作会社でないネットユーザーが
「王の男」のイ・ジュンギと「刑事」のカン・ドンウォンの
映像を混ぜて、編集したものが話題ということですね。

たしかに、時代劇でなんとなく、雰囲気もあっているし、
「悲しい目」の「ナムスン」を思う表情をうまく編集してあります。
男4人の愛憎劇・・・。
センセーショナルすぎますな・・・。

それにしてもこの映画
300万人突破とはすごい~。
ソウルで見る予定で時間も調べておいたのに・・・
予定が狂ってしまって、見れませんでした。

パンフだけいただいてきました。
チュ・ジンモさん、渋いっす。

続きを読む "サンファジョム(霜花店)UCC"

| | コメント (0)

ドラマ「レディ キャッスル」誤報?

昨日、今日とニュース記事はこの話ばかりです。

「宮」「コピプリ」のユン・ウネちゃんが出演を決めた
ドラマ「レディ キャッスル」に
カン・ドンウォンが出演決定か?という記事。。。

センパでもインタビューでも
暫くは「ドラマはしない」と言っているドン君。
ファンがこれだけ知ってるのに
芸能関係者には、有名な話じゃないのでしょうか???

ガセっぽいですよね・・・。

まっ、これが韓国マスコミの特徴・・・。
ガセねたも便乗ってやつですか~?

ドン君ファンは勝手に入隊前ラスト作品に決定されて
誤報に怒ってますから~
どのファンが喜んでるのかしら~ねぇ・・・。

制作社が
SBS ドラマ ‘チォンウィゾンゼング’ =銭の戦争
そう、
パク・シニャンさんの高額ギャラ問題でトラブったドラマの
制作会社です。怪しいな・・・。

続きを読む "ドラマ「レディ キャッスル」誤報?"

| | コメント (0)

お詫び・・・

「ドンウォン」 「センパ 」で検索してくる方が
多くてびっくりしてます。

更新がまめなブロガーさんと違い
自分のペースで書いてます。。。

写真の整理とか・・・時間がかかりそうですので
ご期待に添えないと思います。

続きを読む "お詫び・・・"

| | コメント (0)

2009年センパ@サノモ

1月17日のドン君のセンイルパーティに
初めて参加してきました。

忘れないうちにレポートしたいのですが、
3連休を取った=仕事溜まってます。。。

落ち着いたら
メモ程度ですが、アップしようかと思います。


とっても素敵でした。。。

あんなにたくさんの日本人のために
席を用意してくれた
韓国のサノモの皆さんにも感謝です。

そして・・・ウォン安ばんざい~

| | コメント (2)

最高の「オムチナ」1位

ブログを更新するぞ!と決意したものの
ネタがない・・・。

ドン君のお父さんが「副社長」と分かってから
こんな話題ばかりですが、
1位ならうれしいものです

ちなみにオムチナ?
(たぶん?、翻訳機だと「厳親よ」と変換されてしまいます・・・)

オムチナ(엄친아)=オンマ チング ドゥル(들)
=お母さんの友達の息子の頭文字をとった造語のようです。
比較対象にされる何でもできちゃう男の子っていう感じですかね~

日本でも「○○ちゃんはね~」なんて比較されることあるな・・・。


1位はいうまでもなく
    理系高学歴、高身長、そしてイケメン!のドン君です。
2位はドラマ「宮」のユル君ことキム・ジョンフン
    ソウル大歯学部中退・・・だけど数学好きで有名ですね。
3位は「太王四神記」に出てたらしい(見てないので)ユン・テヨン
    財閥それもサムスン!

名だたる学歴、財閥を抑えて1位とは、すごいね。。。

続きを読む "最高の「オムチナ」1位"

| | コメント (0)

2009年芸能人入隊事情・・・

K-POPアイドルにまで幅を広げた結果、
歌手の人が少しわかるようになりました。

そしてアイドル君はまだ入隊は先ですが
俳優さん以上にグループなので心配です・・・。

ということでちょっと調べてみました。

※データ元がいろいろで、間違っている場合もあります。
 単に参考程度に見てください。

2008年入隊した芸能人 生年月日 入隊した年(満) 入隊日
エリック 1979年2月16日 29 10月9日
コン・ユ 1979年7月10日 28 1月14日
カンタ 1979年10月10日 28 4月1日
ヤン・ドングン 1979年6月1日 28 5月6日
ソン・シギョン 1979年4月17日 29 7月1日
リュ・スヨン 1979年9月5日 29 10月27日
キム・ドンワン 1979年11月21日 29 11月17日
       
チョン・ジョンミョン 1980年11月29日 27 1月2日
ジェヒ 1980年5月25日 28 8月4日
チョ・ヒョンジェ 1980年5月9日 28 8月5日
チョ・スンウ 1980年3月28日 28 12月15日
20代で入隊してない芸能人 生年月日 年齢(今年満○歳) 数え年
イ・ドンゴン 1980年7月26日 29 30
イ・ミヌ 1980年7月28日 29 30
チョンジン 1980年8月19日 29 30
       
カン・ドンウォン 1981年1月18日 28 29
キム・レウォン 1981年3月19日 28 29
チョ・インソン 1981年7月28日 28 29
チョ・ハンソン 1981年6月17日 28 29
イ・ドンウク 1981年11月6日 28 29
       
イ・ジュンギ 1982年4月17日 27 28
1982年6月25日 27 28
ヒョンビン 1982年9月25日 27 28

下の記事で韓国の兵役法について書かれているのをまとめてみました。
少しネットでも調べてみました。よくわからない点も多いのですが・・・
上のデータも参照しながら考えたのは・・・
  
 ・満29歳になるまでは大学生・大学院生は入隊を延期できるらしい。
 ・満29歳になったら撮影中のもの(活動アルバム)を終わらせ次第、
  直ぐに入隊しなければならないらしい?。正当な理由の延期?

 ・芸能人は満28歳になるくらいまでは出国の許可がでるらしい。
 
 ・兵役期間は陸・海・空軍によって違う、
  また個人の学歴によっても変わるらしい。

ちなみに昨年2007年1月の日本でのスカパーのイベントに
ヤン・ドングン、リュ・シヨンは渡航許可が出ずドタキャンになりました。
2人とも満28歳と○ヶ月でした。

ということで1月18日に28歳になるドン君。
これからのドン君の来日は難しいようです・・・。

俳優さんはチョ・スンウのように作品の撮影終了後直ぐ
入隊する人が多いようです。
また、チョ・インソンのように公開まで待って
入隊の人もいますが少数派。

公開を待たずに1日でも早く入隊すれば、
1日でも早く除隊できますからねぇ。
そうすれば、1日でも早く復帰作の撮影に
入ることができますからねぇ。

歌手はアルバムを出してそのまま入隊の人が多いですね・・・
ソン・シギョンさんはアルバム出してすぐ、入隊で悔しそうでした。

と、よくわからない点が多いのですが、
ドン君は来年の誕生日までは自分の意思で
入隊日を決められるようなので、悩むところかと思います。。。

もう1本作品撮影してからにしていただけると
ファンとしてはありがたいのですが・・・。

続きを読む "2009年芸能人入隊事情・・・"

| | コメント (0)

2009 韓国映画界

一つ前の記事と同じようですが・・・
少し詳しく書いてあるので。

「チョン・ウチ」は「コウモリ」「マザー」より
制作費もかかってるようですが、
ストーリーが学生でも大丈夫な内容のようなので
それだけ見る対象者が増える=観客アップ
と考えているようです。

ってことは、残虐なシーンはないのはいいけど
せくしー もなしですか・・・。
そろそろ「おとな」な映画も見たいです・・・。

おっと
ほかの記事では8月公開予定なのに、
ここは遅ければ秋夕(チェソク)って書いてあります

そういえば撮影所の記事で3月下旬まで撮影なんて
書いてあったのを読んだ気もする・・・。

8月難しいですかねぇ・・・・・・・・・

韓流第1世代の俳優さんたちは、ハリウッド行
ドン君は韓国でがんばってください・・・。

続きを読む "2009 韓国映画界"

| | コメント (0)

ビッグ3監督、復活!09年韓国映画界

新年ということで2009年の映画界の展望という感じの
記事が多いですね。

その中でも、ドン君の「チョン・ウチ」は期待の作品。
どの記事にも登場していてうれしいなぁ。

今回は監督の話。
今後いっしょに仕事をする監督もいるかもしれないので・・・。


キム・ヘスも太鼓判をおした「チョン・ウチ」楽しみです~。

続きを読む "ビッグ3監督、復活!09年韓国映画界"

| | コメント (0)

明けましておめでとうございます。

2009年も5日過ぎてしまいました。

昨年は仕事関係で忙しく、
また、韓流ではドラマはもちろん、

K-POPアイドルという
一番厄介な分野に足を踏み入れてしまって

動きの少ないドンウォン君のこのブログを
放置してしまいました・・・

続きを読む "明けましておめでとうございます。"

| | コメント (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2009年2月 »