« 次回作のうわさ・・・2 | トップページ | サノモ 5周年 »

次回作出演決定!

やっとキャスティングの確定記事がでましたね~

「チョン・ウチ」
現代モノになるようで、楽しみです。
記事だけ読んでも面白そうな内容です。

ドンウォン君が待ったのがわかる気がします。

「遂行よりは風流と女にもっと関心高い道士」
色男ぶりが見れそうで今から期待大です。

相手役ソ・インギョンは「ごめん、愛してる」のイム・スジョン
1980年生の同じ学年です。

敵役ファダムは噂どおりキム・ユンソク
友達チョ・レンイ?役はユ・ヘジン 
この2人はチェ・ドンフン監督の
前作「タチャ(いかさま師)」に出演してます。


ただただ、公開が来年ですとは・・・
入隊前にもう1本いけますか~


===============

カン・ドンウォン-金尹錫-林修正,
'タチァ' 監督次期作キャスティング

04/29 09:13

カン・ドンウォンと金尹錫, 林修正が 'タチァ' ツェドングフン監督の次期作 '前愚癡'(製作映画四集)にキャスティングされた.

映画四集は 29日 "ツェドングフン監督の次期作 '前愚癡'にカン・ドンウォンと金尹錫, 林修正, 有害陣がキャスティングされた"と明らかにした.

'前愚癡'は濡れ衣を着せられて絵掛け軸に閉じこめられた朝鮮時代道士 ‘前愚癡’が 500年後の現代に封印で釈放されて, 世の中を散らかす妖怪たちに対立して戦う活躍の姿を描いた映画. '洪吉童伝’と一緒に代表的な古典英雄小説で数えられる ‘戦友致奠’でキャラクターモチーブを取って現代を主要背景に再創造したファンタジーアクション物だ.

カン・ドンウォンは道術実力はすぐれるが, 遂行よりは風流と女にもっと関心高い若い道士前愚癡役で扮する. 封印で釈放される条件でやむを得ず妖怪取る任務を引き受けるが, 生まれつきのいたずらっ気と勝負欲そして 500年間の時差のため常に騷動を駆って通う天方地軸悪童だ.

'私たちの幸せな時間' 'M' など相次いで陣中したキャラクターを演技して来たカン・ドンウォンは '前愚癡'を通じて破格的なキャラクター変身といっしょに派手なアクション延期をお目見えする予定.

林修正は朝鮮時代に前愚癡が慕った女人に似ている ‘西人頃’ 役でスーパーヒーローとラブラインを広げる女主人公を引き受けた.

金尹錫は道学が深いことに有名な道士 ‘ファダム’ 役を引き受けてカン・ドンウォンと対決構図をする. 朝鮮時代に神仙たちを手伝って前愚癡を封印したファダムは現代では妖怪を使う伝説の笛 ‘万波息笛’の主人席を置いて ‘前愚癡’と再び対決するようになる人物.

善良な士の姿後に邪悪な欲心を隠した二重的な人物で, 金尹錫特有のカリスマあふれる演技が期待される書き入れ時だ.

有害陣は前愚癡の最高の助力者と同時に友達である ‘チォレングが’ 逆にキャスティングされた. ‘チォレングが’は実は前愚癡が道術を使って人で遁甲させた ‘犬’で, 人で勤めるのに慣れて本来姿に帰ることを死ぬように嫌やがる.

;犯罪の再構成'と 'タチァ'で韓国ジャンル映画を進一歩させたという評価を受けて来たツェドングフン監督が, 今度は韓国古典の中英雄キャラクターと ‘道術’という地元ファンタジー素材でハリウッド映画の専有物だったスーパーヒアでムービーに挑戦したのが視線をひく.

'前愚癡'は来る 8月中旬クランクイン予定だ.
スターニュース

===============
ツェドングフン監督 '前愚癡'
主演にカン・ドンウォン・金尹錫

連合ニュース | 2008.04.29 09:32

ツェドングフン 監督 '前愚癡' 主演にカン・ドンウォン・ 金尹錫
林修正・ 柔らかくなった 度出演
(ソウル=連合ニュース) 金歌姫記者 = 'タチァ' ' 犯罪の再構成 'のツェドングフン監督が次期作 '前愚癡'で莫強した陣容を取り揃えた.

人気スターカン・ドンウォンと映画 '追い手'で興行俳優でもぐんと立った金尹錫がツェドングフン監督の '前愚癡'(製作映画社家)に合流すること. 女主人公には林修正がキャスティングされたし有害陣も主要配役に出演する.

'前愚癡'は濡れ衣を着せられて絵掛け軸に閉じこめられた朝鮮時代道士前愚癡が 500年後の現代に封印で釈放されて世の中を散らかす妖怪たちと対立して戦うファンタジーアクション物. 朝鮮時代古代小説 '戦友致奠(田禹治伝)'でキャラクターモチーブを取った.

カン・ドンウォンは道術実力はすぐれるが遂行よりは風流と女にもっと関心高い若い道士前愚癡役で扮する.

'犯罪の再構成' 'タチァ' などツェドングフン監督の前作に皆出演して短いが強い印象を残した金尹錫は道学が深い道士ファダム役を引き受けてカン・ドンウォンと対決をする. 朝鮮時代に神仙を手伝って前愚癡を封印したファダムは現代では妖怪を使う伝説の笛 万波息笛 義主人席をおいて前愚癡と再び対決を広げること. 善良な士の顔後に邪悪な欲心を隠した二重的な人物だ.

林修正は朝鮮時代前愚癡が慕った女を似ている西人頃役で俳優を夢見るコーディネートだ. か弱い外貌の中に挑発的魅力が隠されている女に描かれる.

有害陣は前愚癡の友達 チォレングが 路出演する. チォレングイは前愚癡が道術を使って人で遁甲させた開路, 人で勤めるのに慣れて本来姿である犬に帰るのではないか心配するコミックなキャラクター.

'前愚癡'は 8月中旬クランク人海来年に封切られる予定だ.
yonhapnews

|

« 次回作のうわさ・・・2 | トップページ | サノモ 5周年 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

カン・ドンウォン」カテゴリの記事

コメント

こんにちは!
待ちに待った次回作決定ですね
楽しみで仕方ありません(笑)
早く観たいです

投稿: nora | 2008年4月30日 (水) 15:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 次回作のうわさ・・・2 | トップページ | サノモ 5周年 »