« 2007 この映画を見なければならなかった! | トップページ | 肌に神経を使うスター »

2007 助演4大王

ドンウォン君が助演の「あいつの声」。
これも忘れがちですが、興行成績も評価もよいようです。

記事中の4大王には入ってませんが
(この方々は超ベテランさんばかりで、どこかで見た顔ばかりですね)
最後にさらっと、つけたしのように
ドンウォン君だけ書かれているのは、ちょっとうれしかったり・・・。

長いですが、それだけで載せちゃいました。
それだけ、情報がないんです・・・。


=================
今年スクリーン縦横無尽助演 ‘4大川王’


スクリーンに自分を盛る俳優たちの中で誰が自分自身を主人公だと思わないか?

せりふが一言出ても, 百言出ても, 10神さまに登場しても, 出る神さまが大部分編集されても, 助演俳優たちがスクリーンで強い印象を残せば映画がきらきら輝く.

今年の一年韓国映画の中では主演俳優劣らず映画に力を加えてくれた助演たちが多かった. 助演というタイトルに限らないで全方向活躍を広げた助演 ‘4大川王’を整理した.

イハンウィは 2006年から 2007年まで誰より忙しい一年を送った.
美女はつらくて’でギムアズングを変身させた成形外科医者から ‘金官長台金官長台金官長’の解決者, ‘出会いの広場’と ‘正しく生きよう’のしまりがない特攻隊班長までイハンウィの活躍は眩しかった.
イハンウィの全方向活躍はテレビ劇場でもつながった. ‘コーヒープリンス 1号店’と ‘愛も憎さも’ ‘ごまかして興信所‘に ‘チァックハンヨザ百日紅’まで 1年 365日休むことがなかった. 第6回大韓民国映画大賞で授賞者に登場して “生まれて初めて映画授賞式に来た”とはにかむように話したイハンウィだが彼のいけずうずうしさに今年の一年観客たちは臍を何回忘れてしまった.

イハンウィの高等学校後輩であるパク・チョル民は今年イハンウィの後を引き継いで観客たちを笑って鳴らした.
誰が彼女と寝ただろうか’から ‘イ・デクン,李お宅は’ ‘派手なお休み’と ‘スカウト’につながる一連の作品で編集の痛みを常に享受したというイハンウィの ‘言言言’はそのもので笑いをプレゼントした. ‘誰が彼女と寝ただろうか’ではベッドシーンまで広げたが編集されたし, ‘派手なお休み’はあまり笑わせて編集されて, 純愛補組織暴力団で登場した ‘スカウト’でははじめて不十分に編集される喜びを抱いた.
パク・チョル民は今年各種授賞式で助演候補で上がったが受賞をすることはできなかった. ところが大衆に名前三字を確かに知らせたことだけでパク・チョル民は今年誰より幸せな時間を過ごした. 彼の今年出演作たちをダハブすれば観客が 1000ぶりに迫るのに ‘合わせれば千万俳優’と呼ばれるに十分だったからだ.

28回青竜映画賞で ‘楽しい人生’で助演男優賞を受賞した金サンホは “本当に乗るかは分からなかった”とべそをかいた. 誰より映画に対する愛情を現わして, 誰より熱心に生活した彼なので受賞の喜びが加えたはずだ.
金サンホは ‘食客’と ‘古い庭園’, ‘楽しい人生’と ‘町内金庫連鎖テロ社でも’で悲しいように善良な, 涙の中で笑いが一粒伸ばすそんな人生を描いた. 金サンホはイハンウィパク・チョル民などとはまた他の庶民キャラクターに来ると言う演技したから彼の受賞は遅い気がするほどだ.

シツエイション・コメディー ‘触りなくこんにちはキック’ではないとしてももうスクリーンでナムンフィ‘国民ママ’だった. ‘熱血男児’で息子を殺害しに来た組織暴力団にもママを伝えたナムンフィは今年青竜映画賞で助演女優賞を受賞した.
‘派手なお休み’で国民ママの涙はデモッができるように観客の胸を打った. 助演で主演に背伸びした ‘権純分女史拉致事件’でもナムンフィは観客を料理あちらひいて通いながら笑って鳴らした.

今年一番活躍が著しい 4人の俳優たちに ‘4台天王’という修飾語を抱かれたが人々外にもスクリーンで輝かしい俳優たちは多い.

顔なしに声だけで観客の胸を冷ややかに限り ‘あいつ声’のカン・ドンウォンから ‘派手なお休み’ののぼることなしに死んだ端役たちまで, 彼らの活躍は映画をもっと映画らしくした
市民日報 2007-12-13 20:33 

|

« 2007 この映画を見なければならなかった! | トップページ | 肌に神経を使うスター »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2007 この映画を見なければならなかった! | トップページ | 肌に神経を使うスター »