« カン・ドンウォン演技力論難 | トップページ | 最高のワンソ俳優 »

イ・ミョンセ監督 公開後のインタ

監督様もいろいろインタビューに答えてます。

映画公開後のインタビューは
マスコミに叩かれてることもわかっていて
答えている内容もあります。

それにしても、監督様 ←あえて韓国風に様をつけてます。
本当にドンウォン君のことをわかってらっしゃる!
理解してくれてありがとうございます。


それにしても、監督とドンウォン君の出会いが
「オオカミの誘惑」だったとは…。
「わたじか」のソン・ヘソン監督もそうだったよね??

以下 ドンウォン君の話のみの抜粋です
===============
カン・ドンウォンは自分の顔の短所が分かる

普段親しみあって尊敬する小説家崔仁浩先生を一部主人公モデルに借用した. 'M'のうまく行く青年小説家ハン・ミン優のモデルはすぐ今の時代最高の小説家崔仁浩に借金をしていることを李監督は打ち明けた. "考えて見てください. 10代に新春文芸に当選して 20代に '星の故郷'を新聞にヨンゼヘッです. すごい筆力です. ハン・ミン優にそんな実際キャラクターの服を着せておいたんです."'M'の原作母胎はまさにイ・ミョンセ監督が崔仁浩との夢での対話から始まったこともクィティムした.

'刑事'に引き続き再びカン・ドンウォンを起用した. カン・ドンウォンがそれほど気に入った理由はなにか? "多様な魅力を持ったチングブニだ. 彼は自分顔の食傷することを誰よりよく悟っています. 彼は顔にだけ大衆に評価を受けることを惜しむことができてそれでその限界を壊そうと新しい挑戦と冒険に勇ましいですね. それで私たちは意気投合することができたんですよ."

カン・ドンウォンの一様な固執に対しては "人ことにの個性があります. 自分の色柄がすべて各自なのに私のにマッツルリョだ見たらしきりに行き違うのです. 前先輩大人たちから '本当に生意気で自分勝手に'という話を聞きながらもその方たちが私を理解するためしてシブウンデで励まして勇気を与えたんです. その特徴を理解してくれれば結局良い結実が出る"と評価した.
ノーカットニュース

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
カン・ドンウォンとは '刑事'に引き続き二番目で一緒に作業した. 初めてカン・ドンウォンという俳優が知るようになったきっかけと '刑事'という映画にキャスティングした理由が知りたい.

"映画 'オオカミの誘惑' 試写会で初めて分かるようになった. 映画を見ながら '目が本当に良いね'と言う気がしたし '刑事'の 'スルプンヌン' キャラクターにキャスティングするようになった. 時時回時には 'オオカミの誘惑'がそのように爆発的な竝びは分からなかった."

-今度作品をしながらカン・ドンウォンとゴン・ヒョジンに特別に注文したのがあったら? もし李延喜のように課題を渡さなかったのか.

"課題はなかった. 動員異意長短所はよく分かっていたし現場で話もよく当たった. 呼吸の長い神々はあらかじめ演習をたくさんした. この前に '刑事' 入って行く前にドングワンイに手紙を書いた覚える. 'よくして見ると, 映画と言う(のは)どれだ' 等々の話を盛り込んでいたようだ. ヒョジンイとは対話をたくさんした. 論理的な人だから対話がたくさん必要だったようだ."イ・ミョンセ監督 "世界最高興行記録が夢"

ジョイニュース24. 2007年 10月 30日午後 14:41

~~~~~~~~~~~~~~~
2007年 10月 31日 (水) 17:08  oh my news

"私は 30年目ラブレター書く 21世紀新人監督"

しかし去る 25日全国 250個スクリーンで観客と会った 義結果はまだ(?) 期待に達することができないようにする. ひととき前売り順位 1位を記録したりしたが, いざ封切り初週興行成績は週末観客約 23万名にとどまってボックスオフィス 3位にとどまった. 一通信社は 追い越して 'イ・ミョンセ・カン・ドンウォン , どうして滅びたか'と言う(のは)記事題目を抜いたりした.

美しい, しかしつまらない?

銀イ・ミョンセ監督と俳優カン・ドンウォンの二番目出会いで封切りの前から早目に話題を呼び起こした. それによって興行に対する期待も脹らまされた. しかし結果は…, なぜ?

封切りに先立ってイ・ミョンセ監督は "映画が始まる瞬間, 観客たちが民友(劇中主人公)作る悪夢と混沌をまったく同じく感じながら初恋の記憶を尋ねたら良いだろう"と望んだ. 描いて実際映画が始まった時, 観客たちは '初恋の記憶'を捜す前本当 '混沌'に抜けてしまった.

観客の反応は極端で分けられた. '21世紀映像言語の誕生'という好評と '不親切なイメージの過剰'と言う(のは)酷評が行き違った. その中否定的な反応たちは 'つまらない' '難しい'に要約された.  <형사> 時論難が繰り返される感じだ. そうだから新しい映画文法, 新しい映像言語に対するこの監督の執念を '我執'で責め立てる意見たちも目立つ.

イ・ミョンセ監督は釜山国際映画祭 '阿洲談談' 行事で "カン・ドンウォンと私は精神的 DNAがまったく同じだ"と言った. 彼は <형사> に引き継いで でもカン・ドンウォンを主演にキャスティングした. 一映画評論家は <형사> でこの監督の照明と小品などよりもっと力強いビジュアルは 'カン・ドンウォン'と評価したりした.

- 義 'ミスター M'が必ずカン・ドンウォンさんではなければならなかったんですか?
"そうね, 必ずそうではないです. 私が好きでもカン・ドンウォンがしなければできないので. 開いておいてからはあるが当たれば一緒に行くので, 当たらなければ行かなくてもできなくて…."

- ある点が当たりましたか?
"が友達は自分の限界点が分かります. それが重要な話だ. 顔が持っている長短所が分かっているし, その限界を乗り越えようとして. 本当にしようとする意志がありました. それなら韓国映画監督としてそのスペクトラムを拡張させてくれなくちゃいけないと言う考えたんです."

彼は <형사> 以後カン・ドンウォンの歩みに対しても肯定的に評価した. 特に迫真表監督の < あいつ声 >に '声'に出演した, 挑戦精神を高く買った.

"すぎるほど商業的なガール 嫌やがる. またとても芸術的なことも嫌やがる. 人が一番好きなことがお金と名誉なのにこれがすべて嫌で. ぴったり中間にあろうとする. この点が私とまったく同じです."

|

« カン・ドンウォン演技力論難 | トップページ | 最高のワンソ俳優 »

M」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« カン・ドンウォン演技力論難 | トップページ | 最高のワンソ俳優 »