« 「M」興行不振? | トップページ | イ・ミョンセ監督 公開後のインタ »

カン・ドンウォン演技力論難

これが、冷静に現状を分析してくれた記事です。

人気者は辛いのです…。

「私たちの幸せな時間」「あいつの声」ですごく褒められてたのに、
映画が公開されるやいなや「不振」「演技力不足」の記事…。

バラエティにでなかったから?個別インタビューを受けなかったから?
そんなことで、演技力を判断していただきたくないですね~。

映画の内容は確かに「不思議」な感じでしたが、
演技力については、まったく感じませんでした。
表情もすごくいいのに…。

2007年 10月 29日 (月) 16:10  OSEN

カン・ドンウォン演技力論難, 'なぜ?'

[OSEN] 20代最高スター俳優に指折り数えられるカン・ドンウォンが最近演技力論難に包まれた. 今年 釜山国際映画祭 最高話題作と同時に スタイリスト イ・ミョンセ 監督の新作 ‘M’をドルロサゴソだ. まるで袋叩きに合うような雰囲気だ. なぜだろう.

カン・ドンウォンは 釜山映画祭 時 1年余りぶりに公式外出をした. 自分を騷然と現わして通うスタイルではなくて行事参加も少なくて TV 芸能プロなどにはほとんど顔を仄めかさない.

普段会いにくい彼だったから釜山映画祭と ‘M’ 封切りというせっかくの好材を活用しようとする各言論媒体たちの期待が大きかった. これにより釜山であるカン・ドンウォンの記者会見の時は海外取材陣まで狭小な場所で一瞬寄り集まるせいでひとしきり騷動が起るまでした.

引き継いで先週封切りを控えてからは多くの媒体たちが既存慣例どおり主人公カン・ドンウォンとの単独インタビューなどがほしかったが順調ではなかった. 要求は多いのに比べて日程は迫って急だった. てんからつけておいて記事などでこのような事実を指摘した媒体たちも登場した. ここで始まった葛藤が映画 ‘M’とカン・ドンウォンの演技力悪評で繋がれたと言うのが一部映画関係者たちの指摘だ.

カン・ドンウォンとしては大変悔しがる部分だ. 彼は若い演技者たちの中では作品選択と延期活動に優先順位を置いて努力をつくす熱情派で知られている. スタイルと作品性を重視するこの監督の映画に連続に出演したこともそのためで, 今年の初の興行作 ‘ あいつ声 ’では他人達が憚る誘拐犯声役を気経に引き受けた. メロー映画 ‘私たちの幸せな時間’での死囚演技で好評を博したのがわずか 1年前ことなのに急に演技力論難がはみでるなんて荒唐になるしかない.

また映画封切りの時は至上派 TVの各種芸能プロまで出演, 広報に先に立つトップスター先輩たちの姿勢を俳優という一部指摘まで入った. しかし TV 芸能プロに映画出演陣たちが大挙ゲストに登場するこのごろ世相に対してはおかず半分両論で分けられている. ‘遊びに来て’ ‘ ムルブパックドサ ’ ‘ 野心満満 ’ など一部イェヌングプでは映画封切りを控えた俳優や監督たちが当然経て行かなければならないコースで位置づいた後視聴者たちのヌンチォングを買った.

あらゆる理由でカン・ドンウォンの演技力が急にまな板の上に上がるのはこのごろ末路 ‘トアック’しないかと思う.

~~~~~~~~~~~~~~~
カン・ドンウォンが何を間違ったから
[2007-11-01 09:57]

■ カン・ドンウォンが何を間違ったから

カン・ドンウォン主演の映画 〈M〉が封切られるやいなや, '滅びた', '興行不振' 'どうして失敗したか?'という題目の記事たちが零れ落ちています.

一緒に封切りした 〈正しく生きよう〉や 〈食客〉らが良い反応を見せてはいますが, もう封切り二つの駐車なのに, あまり性急ではないがこんな気がします. そこだ, カン・ドンウォンさんの演技力論難までおこっているから, カン・ドンウォンさんはこのごろ大変です.

そうですよ. 釜山国際映画祭で 〈M〉が上映された時には, 多い言論を通じてカン・ドンウォンの演技が一段階アップグレードされた, いっそう成熟になった, こんな記事を主に接したようだが, 本当に皮肉としか言いようがないです.

それにカン・ドンウォンを批判する記事を見れば末尾に必ずこんな指摘を漏らしていないです. "彼は口に合う媒体だけ選んで消極的なインタビュー態度を見せる俳優で有名だ"と言いながら商業映画俳優のマインドを取り揃えなかったとつねたんです. それとともに比較されるように自分の映画広報のために芸能プロに出演していた努力をする他の俳優たちの例をかけてあっています.

実はカン・ドンウォンさんは映画 〈M〉が封切りもする前に, 生意気な動員さん, 気難しい動員さんなどで悪口を言われました. 彼は選択的に一部媒体だけインタビューして, インタビューができなかった他の媒体記者たちをすごくさびしくしたんです. 分け隔てを一番嫌やがる芸能部記者たちは, たぶんカン・ドンウォンさんを意気ごんでいたでしょうに. 案の定? 映画 〈M〉が封切られるやいなや, 待ったというようにカン・ドンウォンアンチ記事たちが溢れ出ています.

カン・ドンウォンさんとしては少し悔しかったりします. 彼は同じ年齢演技者の中では外道なしに作品選択と延期活動に優先順位を置いて努力をつくす熱情派で知られていますよ. 作品には最善をつくすが広報には最善をつくすことができなかったことが, 演技力不在だから, 生意気な性格だから等々に表出されたらね.

当然俳優が映画を撮ったら自分の映画に対して愛情を持って広報にも積極的であってするでしょうに. それに言論媒体差別置かずにめいめいにインタビューをしてくれることも良いし. しかし, そんな基準をすべての俳優たちに適用することも問題があります.

また映画封切りの時は至上派 TVの各種芸能プロまで出演, 広報に先に立つトップスター先輩たちの姿勢を俳優という一部指摘に対しては, これはまた芸能プロを映画広報の章で作るのかは視聴者たちの荒い批判がおこっていて, ただ勧奨するに値する事項でもないです.

そうさにも, あちらこちらに悪口聞くカン・ドンウォンさん, 言論媒体を選り分けた着をたっぷり受けるようでしょう?

参照で私もカン・ドンウォンさんとインタビューはできなかったです. しなかったんですよ. それでも工科住む区別しているんじゃないですか?
YTN STAR

|

« 「M」興行不振? | トップページ | イ・ミョンセ監督 公開後のインタ »

M」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「M」興行不振? | トップページ | イ・ミョンセ監督 公開後のインタ »