« カン・ドンウォン “大衆と妥協ないだろう” | トップページ | 成績表が話題に »

一段階上がっただけボーナスは遠慮

これも「80問80答」からの記事のようです。

そろそろ次回作のニュースが聞きたいな~。
「コメディー」待ってます!

===============
2007年 11月 5日 (月) 09:10  OSEN

カン・ドンウォン,
“一段階上がっただけボーナスは遠慮”


カン・ドンウォン(26)の映画たちをよく見ればカン・ドンウォンと向い合わなくてもカン・ドンウォンが何になりたいのか分かる. カン・ドンウォンはデビュー超に ‘ 彼女を信じないでください ’ ‘ オオカミの誘惑 ’の映画でハイティーンスターになった. しかしその後カン・ドンウォンは 10代の偶像を自らあきらめて俳優になるための段階たちを踏んで行った. ‘刑事’の悲しい目, ‘私たちの幸せな時間’の死囚, ‘ あいつ声 ’の誘拐犯の声, ‘M’のミステリーしたベストセラー作家民友. カン・ドンウォンになりたかったことは学んだ.

スターのかさぶたをはなしてしまって俳優に生まれかわる歩みを見せて来たにもカン・ドンウォン自らは謙遜だ. カン・ドンウォンは “本気に一度も斉家 ‘どの位に来た’と考えをして見たことがない”と “まだ新人みたいだ. 私は新人だと考えをするのに周りでは引き続き ‘新人ではない’とおっしゃる”と言う. また, 毎作品ごとに成熟になっているという大衆の評価にも “私はそのままずっと自分の行く道をしたギェダンシックだけ上がられようと努力をした”と “今もそうしているのにこのごろには恐ろしい. 一階段を上がったが十階段を上がったように評価をしてくださる”と淡淡と言うカン・ドンウォンだ.

ミステリーメロー映画 ‘M’とカン・ドンウォン

- 映画 ‘M’ではどんな姿を見せてくれたかったか

▲自由になりたかった. 私が持っていることをもっと発散しながらそれをもじもじと取り出さずに ‘ぱっと取り出してくれよう’は主旨だった. カメラの前でもっと自由になりたかった.

- ‘M’を見た. 民友が見る ‘夢や’と理解をした. どうなのか

▲夢だと思って演技する時もあった. そんなこともできると考えをしたし ‘すべて小説日数もある’と考えをした. 微微という話を小説に書きながら起きる状況. 映画の話がだ ‘民友が書く小説’であることもある.

- ‘M’でベストセラー作家民友と自分の似ている部分は

▲働く時神経質的な点だ. 私も仕事がよく解けなければ鋭敏になる. 民友が ‘真正な文を書かなければならないだろうか’ ‘大衆に合わせて使わなければならないだろうか’ 争っているのにそんな点でも似ている. 私は結論を出した. 絶えず争うことも悪くないようだ. しかし少数を満足させると大衆を皆そっぽを向くことではないようだ. 皆を背いて私の行く道行くというのではなくて自由に出入りする.

- ‘M’で イ・ミョンセ 監督が特別に要求したことは何か

発声を取って確かに他のリズムを捜そうと言った. それで斉家 ‘この前よりよくなって大きく心配しなくても良いつもりだ’と言った. 実際に撮影に入って行っては心配をしなかった. ‘たくさんよくなったな’ した. 褒め言葉にけち臭い監督様だがてんからしなかったのではない. ‘お前すごい’ そんな言葉もおっしゃる. しかし当時は延期がお上手ですごかったよりは ‘お前の考えが殊勝だった’ であった(笑い).

- ‘M’を通じて何を得たか?

▲自由になった. 付随的には急に ‘演技者に後ろ向きになった’と言う級反転された雰囲気がボーナスで来た. しかしボーナスはもらいたくない. 私は本気に一度も斉家 ‘どの位に来た’と考えをして見たことがない. まだ新人みたいだ. 私は新人だと考えをするのに周りでは引き続き ‘新人ではない’とおっしゃる.

- 演技の味をもっとたくさん分かるようになったしもうちょっと成熟した演技者になるきっかけを用意してくれた人はだれか?

▲演技の味もよく分からなくて成熟した演技者とできないが代わりにもうちょっと自信感を植えてくれた人はイ・ミョンセ監督だ.

-イ・ミョンセ監督のどんな点がカン・ドンウォンを魅かせるか

▲熱情がいたずらではない. この前に私が監督様に ‘どの国が好きです’という質問をしたことがあるのに監督様が ‘私は映画だけ撮ることができたらアフリカも好きなの’と言った. ちょっと驚いたりしたし ‘本当の映画しか考えが分かったするね’ と言った.

俳優に生きる疲れてだるさ

- 一番ストレスがひどかった時はいつか

▲このごろ位大変だった時がなかったようだ. 映画外的に働く時来るストレスが多かった. 作品をする時はむしろ幸せだが作品を選ぶ時と広報する時が一番大変だ. インタビューのためではない. 話すことを楽しむ方だ. 私が言いたいこともしたくて. しかし広報をハミョンソからはお互いに違う方向を見て行くという感じだ. 作品をする時は一方向に行く心があるのに広報する時は ‘私が作品を愛する心’と ‘広報をしなければならない人々との心’が違うように行く時大変だ. 不必要とか私と当たらないことを要求する時ちょっと大変だ. 私もずっと訳もなく悪い人になる感じがする. 私は少しで最大限の效果を出したいのにずっと拒絶をして見れば私もストレスを受ける. 本当に作品良く取ったが広報する時いやになった場合もある.

- 延期をする時ストレスをたくさん受ける方か

▲ストレスをたくさん受ける方だ. ‘精神科を行って見ようか’ つもりもした. ストレスをたくさん受けながらちょっと状態が悪くなるという考えをした. しかし延期先生が乾かした. ‘そっちへ行くと仕方がない’と私に話しなさいと言った(笑い).

- 作品をする時実際日常の生活でも作品の中キャラクターの姿が突然飛び出す時はないか

▲あまり慣れて暮して見れば作品が終わった時混同がある時がある. 私が完全に狂ってそのキャラクターと混同になるというのではなくその気持ちに染み付くのがある. 例えば ‘私たちの幸せな時間’を取ってから死刑される夢をよく見た. あの時はとても深刻だった. 泣いてから覚めた. 恐ろしかった. しかし夢を見ながらも ‘あ! こんなに演技するの’する考えをした. 確かに夢だったし泣いているのに ‘こんなに延期をしなければならなかったが’という考えした.

- ‘オオカミの誘惑’ 以後に主演で多くの配役がたくさん入って来たことで分かっているのに ‘あいつ声’も助演で声だけ出て歩みが特別だ. スターに上がったが分量の欲心がなかったのか

▲‘オオカミの誘惑’ 以後で反応がよくなったが私が持ったことは小さかった. 私はそのままずっと自分の行く道をしたギェダンシックだけ上がられようと努力をした. 今もそうしているのにこのごろには恐ろしい. 一階段を上がったが十階段を上がったように評価をしてくださる. ‘あいつ声’でも一階段を上がったことなのに急に雰囲気が好きになったようだ.

- 映画 ‘オオカミの誘惑’(2004)を映画館で見た. 10代少女たちはカン・ドンウォンのほほ笑みにしきりに弾性を張り上げた. 映画館ではないコンサート章みたいだった. もうそのファンもカン・ドンウォンと一緒に成熟になって行くことみたいだ.

▲ファンが減るという感じを受ける(笑い). この前ようではない. 寂しかったりするがファンも一緒に成熟して行くという感じは良い. 私の意味をファンも分かるようだ. ファンも ‘こんなに行って’ する共感台が形成になるようだ.

映画の中カン・ドンウォン VS 実際カン・ドンウォン

- 俳優たちは感情起伏がひどい方だと分かっている. どうなのか

▲私もますますひどくなっているということを感じる. こういっている途中 ‘人取る’という考えが急に聞く. 急に爆発する時がある. 誰に降り注ぐとか人にストレス使わないのに一人で自虐する.

- 延期虫というニックネームを付けなければならないようだ. 現場でシュートが入って行く直前まで演習をしていると聞いた. 努力する学んで ‘完壁主義者だね’する気がした.

完壁主義者気質がちょっと多いのに私の短所が分かるから演習だけが生きる方法だと考えをした. 現場ではスタッフたちが好きだった. NGをたくさん出さなかった. リハーサルもたくさんした. エネルギーを惜しんで一度のテークに行く時こぼそうと配分をよくしようと思った.

- ‘気難しくて生意気だ’という大衆の誤解がある

▲私に対する評価はすべての分野でそれぞれ異なる. 映画で広報する側では ‘気難しくてとてもならない俳優’という評価. 映画現場では ‘良いやつ’という評価のようだ.

- 大衆に知られたイメージと実際イメージと冷たくは何だか

▲私は善良に照らされたようなのに善良な男ではない. まだ自分しか分からない遊ぶことと思う. まだ周りをよく見回すことができない. この前にあれこれ取りそらえようと思って見るからいざ重要なことを逃していた. それでかえってそういといえばならなくなりたかった.

- これから 俳優カン・ドンウォン 取り揃えなければならないことはなにか?

▲まだ持っていないことが多くて取り揃えなければならないことが多い. どんなキャラクターを引き受けるようになるのかによって狙うのが違って来るようだ. 今考えれば今度に ‘M’で見せてくれたことをもっと極大化させて見ることもおもしろそうであるいは完全に消すこともおもしろそうだ.

- 次の作品が期待される.

▲何か面白いことをしたい. コメディーをしたかったりしたのに何になっても楽しさ役目をしたい. ウェルメイドコメディー, SF コメディーになるようにしたい. 外界人役目したい(笑い).
OSEN

|

« カン・ドンウォン “大衆と妥協ないだろう” | トップページ | 成績表が話題に »

M」カテゴリの記事

インタビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« カン・ドンウォン “大衆と妥協ないだろう” | トップページ | 成績表が話題に »