« 11月9日 プリカン上映会 | トップページ | 公開第3週 成績 »

「M」最多部門ノミネート

第6回 大韓民国映画大賞で
「M」が最多部門でノミネートされてます。

残念ながらドンウォン君の
主演男優賞ノミネートはありませんでしたが、
監督、ヨニちゃんもノミネートされてます。
「M」チームみんなで参加しないかな~。

強敵作品ばかりなので、
メインどころでの「M」の受賞は難しいかな・・・
「M」の撮影技術はすごいと思うので
そのあたりでの受賞ではアリ?
って辛口かしら???

この賞はMBCで12月1日18:50~21:55
生放送の予定です。 HPはこちら 


「大韓民国映画大賞」って聞き覚えのあるような?

ってあの、去年受賞して
後日、取り消しされたあの賞もコレでした…
そのときのブログ

そして第4回のときは
Duelistで「撮影賞」と「照明賞」で受賞してます。
この時はドンウォン君も賞に参加してました。

今回は参加するのかな…。

これは第4回のときの写真です・・・
Photo_237_1_1_no_36_1 Photo_237_1_1_no_36_2


















=============
2007年 11月 10日 (土) 21:30  ニューシース
M’, 大韓民国映画大賞最多候補選定

イ・ミョンセ-カン・ドンウォンの映画 ‘M’今6回大韓民国映画大賞最多部門候補作で上がった.

9日発表された授賞式最終候補作(定木)で映画 ‘M’は最優秀作品賞を始じめ, 監督賞, 新人狐上, 視覚效果賞など 8個部門にノミネートされた.

‘M’に引き続きツェドングフン監督の ‘タチァ’が 7個部門で最多部門候補 2位に上がった. このウィンドウ洞監督の ‘密陽’(6部門)とチャン・ユンヒョン監督の ‘ファン・ジニ’(6部門), 金縁化監督の ‘ 美女はつらくて ’(5部門)が後を引き継いだ.

‘M’, ‘タチァ’, ‘密陽’といっしょに最優秀作品賞候補ではイム・グォンテク監督の ‘千年学’, ホ猿護監督の ‘幸せ’が名前をかけた.

監督賞はこのウィンドウ洞(密陽), イ・ミョンセ(M), イム・グォンテク(千年学), ツェドングフン(タチァ), ホ猿護(幸せ)が, 主演男優賞にはソン・ガンホ(密陽, ウアハンセギェ), ソル・ギョング(熱血男児), ジュ・ジンモ(愛), ゾスングウ(タチァ), 主演女優賞にはギムアズング(美女はつらくて), チョン・ドヨン(密陽), キム・ジス(愛する時話すものなど), キム・ヘス(タチァ), カン・ヘジョン(ハーブ) などがそれぞれ競合をする. ソン・ガンホは ‘密陽’と ‘ 優雅な世界 ’で主演男優賞に二度候補者に選定された.

一方, 今年最高の話題作だったシムヒョングレ監督の韓国型 SFブロックバスター ‘デ−ウォ’は視覚效果賞一部門にだけ候補に選定された.

12月1日午後 6時50分ソウル光化門セゾン文化会館で開催される.

次は候補作(定木)だ.

最優秀作品賞 : 密陽(パインハウスフィルム) M(プロダクション M) 千年学(映画社キノ2) タチァ(サイドスFNH) 幸せ(映画四集ライフィルム)

▲監督賞 : 密陽(このウィンドウ洞) M(イ・ミョンセ) 千年学(イム・グォンテク) タチァ(ツェドングフン) 幸せ(ホ猿護)

▲主演男優賞 : 密陽(ソン・ガンホ) 愛(ジュ・ジンモ) 熱血男児(ソル・ギョング) ウアハンセギェ(ソン・ガンホ) タチァ(ゾスングウ)

▲主演女優賞 : 美女はつらくて(ギムアズング) 密陽(チョン・ドヨン) 愛する時話すものなど(キム・ジス) タチァ(キム・ヘス) ハーブ(カン・ヘジョン)

▲助演男優賞 : 極楽も殺人事件(聖地で) 愛(キム・ミンジュン) 愛する時話すものなど(イハンウィ) 熱血男児(チョ・ハンソン) 派手なお休み (パク・チョル民)

▲助演女優賞 : 宮女(ゾンヒェジン) 美女はつらくて(金賢淑) 妻の恋人に会う(ゾ・ウンジ) 千年学(呉承恩) 幸せ(ゴン・ヒョジン)

▲新人男優上 : マイファーザー( ダニエル数えたら ) サイボーグだが大丈夫で (鄭致薫) 楽しい人生(ザンググンソック) ハーブ(ジョン・キョンホ) ファン・ジニ( リュスングリョング )

▲新人女優賞 : 奇談(故主演) M(李延喜) 三叉路劇場(金花費) 中天(キム・テヒ) ファン・ジニ(ソン・ヘギョ)

▲新人監督賞 : 宮女(キム・ミジョン) 極楽屠殺あいさつでも(金ハン・ミン) 愛する時話すものなど( ビョンスングウック ) 妻の恋人に会う(金胎息) 熱血男児(里程犯)

▲脚本/脚色賞 : 極楽屠殺あいさつでも(脚本金ハン・ミン) 密陽(脚色このウィンドウ洞) 星明かりの中に(脚本ファングギュドック) 妻の恋人に会う(脚本金前した金胎息) タチァ(脚色ツェドングフン)

▲美術賞 : 奇談(キムユジョン李民福) M(幼主号ユンサングユン) 三叉路劇場(白鯨である) 派手なお休み(バックイルヒョン) ファン・ジニ(ギムジンチォル庭球号)

▲撮影賞 : 密陽(ゾヨングギュ) M( 洪警標 ) 千年学(チョン・イルソン) タチァ(ツェヤングファン) ファン・ジニ(ツェヤングテック)

▲照明上 : 秋で(催石材) 極楽屠殺あいさつでも(移住生) 奇談(キム・ジフン) M(チェ・チォル数) ファン・ジニ(イムゼヤング)

▲編輯賞 : 美女はつらくて(朴曲誌) M(ゴイムピョ) タチァ(臣民頃)

▲視覚效果賞 : デ−ウォ(CG 永久アート) M(CG 長城湖) 中天(CG DTI 韓国電子通信研救援) 美女はつらくて(特殊メーククリストファーボゴである外 2人) 派手なお休み(特殊效果キムビョンギ)

▲音響賞 : あいつ声 (キム・ソクオンギムチァングソブイテギュ) 奇談(イ・サンウック西営与えた) デ−ウォ(マークメンジだから) 中天(キム・キョンテツェテヤング) 派手なお休み(林同席, 映画振興委員会)

▲音楽賞 : ラジオスター (部屋樽石) 美女はつらくて(李ジェハク) ウアハンセギェ(Kanno洋子) 千年学(ヤングバングオン) ファン・ジニ(元日)

▲断片映画賞 : もっとピックチォス(二等兵協監督) お風呂(もうと監督) 十分間休息(イソングテ監督) 分かるようになるつもりの(金令弟監督) 戦争映画(尹城号監督)

|

« 11月9日 プリカン上映会 | トップページ | 公開第3週 成績 »

M」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 11月9日 プリカン上映会 | トップページ | 公開第3週 成績 »