« マスコミ試写会 挨拶 | トップページ | マスコミ試写会 ドンウォン »

マスコミ試写会 監督発言

いっぱい記事を読んだので
発言主ごとにまとめてみようかなと。

まずは、イ・ミョンセ監督から。
「ドンウォニヒョン」
ってほんと、監督っておもしろい人。

そんな監督だけどドンウォン君については
とっても高く評価してくれてます。

「M」だけはない…と思ってたドンウォン君を
信頼で説得できちゃう監督。
すごいな~。



================
'M' イ・ミョンセ監督 "観客は葦のようだ"

映画 'M'を持って帰って来たイ・ミョンセ監督が興行に対する自分の考えを明らかにした.

200710161728025340_2

以下一部分のみ抜粋です。

発表する映画ごとに多くの論難を呼び起こしているイ・ミョンセ監督は自分の新作 'M'の興行性に対する質問に "観客の優先だ. 私はシナリオを書く時観客をいつも念頭に置いてシナリオを書く"と返事した.

引き続き彼は "しかし観客は葦のようだ. 恋愛相手に似ている. 観客たちの趣向は随時に変わる. 私の映画 '私の愛私の花嫁'や '情け容赦もない' 時にも興行にならないと見通したが興行に成功した"と言った.

またこの監督は "私は絶えず観客たちにラブレターを書く心情で映画を作る. 私は観客たちが私の作品を好んでくださると信じて '有機農製品'を作るために努力するだけだ"と言った.
joynews

================
イ・ミョンセ監督, “カン・ドンウォンは顔より才能だ”
2007-10-16 16:51:49

新映画 ‘M'をお目見えしたイ・ミョンセ監督が前作 ’刑事‘に引き続きまた主人公にキャスティングしたカン・ドンウォンに対して “ハンサムな顔よりもっと大きい才能が多い俳優なのでまた出演を申し入れた”と明らかにした.

この監督は 16日午後ソウル三成洞メガボックスで開かれたこの映画言論試写会で “‘刑事’を撮影してカン・ドンウォンが素敵でハンサムな顔と外貌を飛び越えるもっと大きいタレントがあると感じられた. 次の作品にはもっとたくさん導き出すことができるようだという気がして一緒にしようとした”と言った.

この監督は映画 ‘M'に対して “2000年アメリカで初めてシナリオを書いた. 夢を見たが小説家崔仁浩先生に会って夢に対して話を交わした. 夢は山紫と死亡者の疎通という考えをお互いに分かち合ったがそれがモチーブになってこの映画を製作した”と説明した.
マイデイリー

=================
イ・ミョンセ監督, ‘動員が兄さん(型)(?) 魔術で誘った’
2007-10-16 17:58:32

‘刑事’に引き続き新しい映画 ‘M’でカン・ドンウォンと呼吸を合わせたイ・ミョンセ監督が “演技者と演出者が信頼すればマジックを作ることができるという話で出演を成功させた”と明らかにした.

16日午後ソウル三成洞メガボックスで開かれたこの映画言論試写会でこの監督はカン・ドンウォンのキャスティング過程を問う質問を聞いて “私たち動員が兄さん(型)”と親しく呼んだ後 “元々また他のシナリオの主演を預かってくれる事にした. しかし斉家 ‘M'に対する愛着がとても大きかったからこの映画を先にしようと提議をした. カン・ドンウォンが 'M’に対しては考えもしていなかったからびっくりした. 元々主人公で変更, 悪役を提議受けた ‘情け容赦もない’のアン・ソンギ先輩の時に似ている感じだったようだ”と言った.

イ・ミョンセ監督は引き続き “シナリオを読まないでねと言った. 頭に枕にして眠りながら夢や借りたら良いと言いながら演出者と演技者の信頼が一番重要だその信頼がマジックを作ると言いながら一緒にしようとした”と説明した.
マイデイリー

====================

|

« マスコミ試写会 挨拶 | トップページ | マスコミ試写会 ドンウォン »

M」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« マスコミ試写会 挨拶 | トップページ | マスコミ試写会 ドンウォン »