« cine21、SCREEN 表紙 | トップページ | 細かい?イ・ミョンセ監督 »

神秘主義というより遮断主義

インタビューいっぱいでうれしいです。

「神秘主義」に対して、マスコミは批判的です。
かなり痛烈に書いてある記事をみて
ちょっと悲しかったです。

ファンはこうやってインタビューを読み
彼の考えを理解しているからいいのです。。。

もちろん、ファンの前に
もう少し現れてくれればいいのに~と
思うことは事実ですけど~。


=============
カン・ドンウォン "神秘主義というより遮断主義と言おうか" 
2007年 10月 20日 (土)  連合ニュース
      
今年釜山国際映画祭に対する言論の非難はガーラ(GALA)プレゼンテーションに招請された映画 'M'の記者会見の時から溢れ出始めた.

映画祭運営に対する不満がその席から表出され始めたこと. 最初予想したよりもっと多い言論が参加して盛況を越して押すな押すな状況を成すと映画祭側は草草と "こんなに多い言論が参加すること予想することができなかった"と謝ったがその事件を通じて今更カン・ドンウォンに対する国内外言論の関心がいくら大きくなってから分かった. 言論が関心が高いということはあれほどファンが多いという意味もなる.

   25日映画 'M' 封切りを待っているカン・ドンウォンは "そうだよ. 私も驚きました"と言いながらくちを切った.

  "実は映画撮影途中製作発表会を開こうとしたが撮影地が済州でサイパンに急に変わりながら皆さんの前に立つ機会が消えました. あまり久しぶりに大衆の前に立つようになるから関心が高かったようですね."
カン・ドンウォンは若い俳優の中ファンの会う機会が多くない代表的な学ぶ. 放送はもちろん有り勝ちなファッションショーにもセルロブリティで登場しない.

   "この前には親しみのため何回参加したりしたがもうそのマージャーもしないです. 押しが強かったと言わなければならないか."
このために '神秘主義戦略'という言葉も聞く. さらに 'M' 撮影を終えた後二つの月になって行ったアメリカに行っていたこともそんな噂が広げるのをあおいだ.

  "今年多くの問題で本当に大変だったです. これといった神秘主義ではないが. しいて言うと初めから '遮断株の'と言いましょうか. 人が多い席に行くことも嫌やがって, 多くの人の前で話すこともぎこちながって初めからそんな機会をよく作らないから."
だからそんなカン・ドンウォンにあえることは作品を通じてだけ. '刑事 Duelist'と 'M'を取ったイ・ミョンセ監督と再び作業する意思がいるのか問ったら "当然だ. 作品補で私が面白ければすること"と返事して "今度作品も '刑事'時から話になったし, 私が楽しさを感じて直ちにすると言った作品"と言った.

   忘れて過ごした初恋が無意識の中でのたくる小説家ハン・ミン優役を引き受けたカン・ドンウォンは完璧な生を暮すために過去までも断絶したハン・ミン優を十分理解したと言う.

   "私もそうな時があります. いくら努力してもこの前の純粋さは消えるのです. 過去をのぞき見た時恥ずかしい時があるようです. 傷がなく清くて純粋だった時代が. それでおぼろげで避けてからもたくて."
大衆が好むほど, しきりに自分の世界の中から出ないというカン・ドンウォン. しかし作品ごとにいっそう成長した姿で大衆と会う彼が十年後頃どんな俳優に立っているか.

|

« cine21、SCREEN 表紙 | トップページ | 細かい?イ・ミョンセ監督 »

M」カテゴリの記事

インタビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« cine21、SCREEN 表紙 | トップページ | 細かい?イ・ミョンセ監督 »