« マイデイリーインタ 写真 | トップページ | 神秘主義はコンセプトでない! »

'化け物'のような俳優になりたくて"

マイデイリーのインタでも答えてましたね。

30歳、人気作家のハン・ミヌは
私の想像を超えた人物になりそうです…。

ホン・ジュノ監督のラジオの話も聞いてたのね。
ぜひ、甘く、切ない恋愛映画見せてください!

その前にコメディを!
そして、この写真もかっこいい~。

15013711409_60800040

カン・ドンウォン "'化け物'のような俳優になりたくて"
イ・ミョンセ監督と '刑事' 以後
二番目作 'M' お目見えするカン・ドンウォン

[ 2007-10-15 09:00:00 ]

"観客が何を願っても
その以上を見られるようにする俳優になりたいです."

イ・ミョンセ監督のミステリー新作 'M'で去年 '私たちの幸せな時間'以後 1年ぶりに新しい作品を持って現われたカン・ドンウォンが '化け物みたいな俳優'になるのを希望した.

カン・ドンウォンは最近ノーカットニュースと持ったインタビューで "俳優として観客にどんな評価を受けたいか"と言う質問を受けて, "いつも期待すること以上の演技を見せてくれることができる俳優になりたいという意味の '化け物'になりたい"と言った.

カン・ドンウォンはまるでマトリックスの広告コピーのように '何を願ってもその以上を見られること'という言葉を例であげて "私の作品私の演技を見る五ながらそんな気がしたら良いだろう"と打ち明けた.

カン・ドンウォンは引き続き映画 '化け物'のボン・ジュンホ監督が 'カン・ドンウォンという俳優と作業すれば良いだろう'と言ったラジオ放送で言ったことを思い浮かんで "その話を伝えて聞いて本当に気持ちがよくなった"と "ボングガムドックニムみたいな立派な方と一緒に作業することができれば私も光栄"と肯定的に回答したりした.

カン・ドンウォンはまたパク・チャ
ンウック監督やツェドングフン監督なども列挙しながら "こちらたちとは何か通じるようだという感じがする"と付け加えた. もちろんイ・ミョンセ監督を含み真書だ.

作品をするのにあって一番優先的に考慮するのがシナリオと強調したカン・ドンウォンは "'刑事'時イ・ミョンセ監督様がただ一度見ようと真書 'シナリオから見たい'と最後まで意地を張って結局シナリオから見てお目にかかってすぐ決めた"と言うエピソードもこっそり公開した.

映画 'M'でベストセラー作家ハン・ミン優で悔しいカン・ドンウォンは初恋微微(李延喜)彼と結婚を控えた婚約女(ゴン・ヒョジン)の愛に関する話. ハン・ミン優はどの瞬間近付いた初恋に対する記憶あるいは思い出を従ってそれは夢と現実, 思い出と現在を行き交って現実がクムインドッ, 夢が現実であるように開かれる予定だ.

ノーカットニュース

|

« マイデイリーインタ 写真 | トップページ | 神秘主義はコンセプトでない! »

M」カテゴリの記事

インタビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« マイデイリーインタ 写真 | トップページ | 神秘主義はコンセプトでない! »