« 細かい?イ・ミョンセ監督 | トップページ | 無口さに驚きました。 »

監督インタビュー、もろもろ

「M」の封切りを控えて、監督のインタビューも
いっぱいです。

長いのと、難しいので、
ちょっとカットさせていただきました。

監督はとっても美術や文学にも詳しいですね~。
この内容についていけるのは
超インテリさんか
言語もわからない私のようなモノかもしれないですね~。

ドンウォン君のビジュアルに関しても、
冷静に分析されてます。
「M」はドンウォン君を
美しく見せないように作った映画ってこと?
それは、ちょっと悲しいですが…。

次回作が日本に関係しているようで…。
「M」が成功しないとって話なようです。


以下すべて抜粋です。
===============
※延期もリアルなこととは距離が遠い. 俳優たちが荒てるようだ.

=この前には私がいちいち試演を見せたがもう大変でできなく. 民友は作家だが動員さんに捜査官だと思いなさいと言ったの. 犯人を追う刑事. 作家なら通例以来はするというのがあるから紛れる. ‘信頼メイクスマジック’と言ってくれ. そういえばこれもすべてエムだね.(笑い)

※〈刑事〉に引き続きまたカン・ドンウォンの主人公だ.

=ハンサムな顔が長所と同時に短所だろう. 刑事の時はそれを極端的に利用したし今度は切ってやったの. 外貌下にいる彼の才能を見せてくれようと. 動員さんが喜んで同参したことを見れば欲心が多い俳優なの. 

~~~~~~
イ・ミョンセ監督
“俳優カン・ドンウォン限界できたら延期よりは顔”

[2007-10-22 08:35:44] 

イ・ミョンセ監督は最近ニュース円とのインタビューで “私は私の映画や私が好きなどんなことが一緒に好きな人なら出て等しい遺伝子を持ったことだと思う. ドングワンイとは作業的な部分を含み, 多くの側面で疎通の難しさがなかった. また B型にもはにかむことは A型である私をしのぐがお互いに心を開くことができたらよほど楽な演技者がまさにカン・ドンウォン”と評した.

スクリーンに見えることだけが真実だと信じるイ・ミョンセ監督は俳優の感情線を話すより俳優の表面積なことをもっと表現する監督だ. だからカン・ドンウォンも前作 ‘刑事-Duelist’を取ってスクリーンの中イメージで美しく物貨される過程を経験したりした. しかし極甚な混沌の中に生きて行く小説家ハン・ミン優で悔しい ‘M'では喜劇的な要素が行き交うより変則的な演技を見せてくれた.

イ・ミョンセ監督は “誰も既存のイメージ, 観客たちの期待心理から離脱することに心細さがない戍ない. 動員が自らも心配はあったがこのような状況を楽しみながら撮影した. 幸いであることは映画を見た人の中にはドングワンイが見せてくれた変則的なイメージに対する拒絶反応がなかった. 合格点を与えた平島多かったし. もう自分のスペクトラムをもっと広げておいたから以前よりいっそう自由な延期が可能になること”と伝えた.

引き続きイ・ミョンセ監督は “普通俳優を置いて千の顔だと言うが一俳優がすべてのものをすることはできない. 顔はその俳優が持った固有の素材だ. どの学んでもその素材を基盤で可能になる範疇中で自分のスペクトラムを確張する. アン・ソンギ, チャン・ドンゴン, ソル・ギョングなど他の顔を持った幾多の俳優たちが存在することもそのため”と言った.

したがって彼は “賢くて習得能力がすぐれた俳優カン・ドンウォンに限界が生じたら延期よりは彼の顔になること”と明らかにした.

最後に名実共にイ・ミョンセのペルソナになったカン・ドンウォンとまた他のランデブーを準備しているか?

イ・ミョンセ監督は “お互いに対する信頼は存在する. ただ私は利己主義校堂の教主だ. 誰が誰を助けるということを嫌やがる. 一緒にしたら相手も私も ‘利己’があって ‘楽しさ’があらなければならない. もしか映画が期待位だめで以後作品が規模的に小くなれば動員異意現位置を守ってくれることができる事ができないのに私はその人の位置を守ってくれて作業したい. とにかく今度結果が重要だ”と言った.
newsen

~~~~~~~~~~~~~
イ・ミョンセ監督
“次期作? 日本の伝説的武人
‘ミヤムトムサシ’ 映画化”
[2007-10-22 09:32:47] 

イ・ミョンセ監督が次期作で日本の伝説的な武人 ‘ミヤムトムサシ’を映画化する.

イ・ミョンセ監督は最近ニュース円とのインタビューで “次期作に ‘ミヤムトムサシ’を映画化する計画がある. アクション, 武術映画で画面の快感を感じることができる本当に活溌な映画になること”と明らかにした.

イ・ミョンセ監督は “‘M’をイ・ミョンセ映画の集結版で見たら誤解だ. ‘刑事’はティーザーで ‘M'は予告篇に過ぎない. この映画を見てからはイ・ミョンセの映画が正しくこれであったな. これこれな足場の中でこんなに流れて来たなということが分かるようになること”と力をこめて言った.

彼は “まだ具体的な状況が決まったことはない”と “順調に行くかまた私をちょっと寝かせるかは ‘M'の結果によった”と伝えた.
newsen

|

« 細かい?イ・ミョンセ監督 | トップページ | 無口さに驚きました。 »

M」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 細かい?イ・ミョンセ監督 | トップページ | 無口さに驚きました。 »