« M 「観客との対話」 | トップページ | M 監督Mを語る »

親孝行

この日の試写会

監督とコン・ヒョジン、イ・ヨニは
前の方に座ったけど、
ドンウォン君は暗くなってから
家族といっしょに後ろの方で?
観たらしいです。

家族で同じ車に乗ってくるなんて~
素敵な家族だな~。


Mインタビューに漏れてたので・・・

一番の注目はご両親とのことですね。
===============
ゴン・ヒョジン・李延喜と演技呼吸
‘M’ カン・ドンウォン “長い脚会ったらとても楽です
” 
入力: 2007年 10月 07日 21:50:36 

‘花美男’ カン・ドンウォンが 1年ぶりに公式席上に姿を見せた. 6日午後釜山海雲台パラダイスホテルで開かれた映画 ‘M’(監督イ・ミョンセ, 製作プロダクションM) 記者会見で彼は ‘美女スター’ ゴン・ヒョジン・李延喜二名と呼吸を合わせた所感を明らかにした. 二人の女俳優が皆長身なので仕事しやすかったと言って取材陣の爆笑を催した.

186�のきれいで爽やかな背を誇る彼は作品ごとに女俳優たちとの背差のため大変ではなければならなかった. 一フレーム中に入るためにカン・ドンウォンがわざわざ腰を曲げるとか女俳優たちが敷物の上に上がらなければならなかった.

“前作に比べてロングテイクやせりふが多くて困難を経験したりしたが既存の姿より成熟したように見えるためにたくさん努力しました.”

カン・ドンウォンは ‘M’で新春文芸最年少当選者と同時にベストセラー作家ハン・ミン優役目を引き受けた. 李延喜はハン・ミン優の初恋微微, ゴン・ヒョジンは婚約女恩恵で登場する. ‘M’で ‘刑事 Duelist’に引き続き二番目でイ・ミョンセ監督と呼吸を合わせたカン・ドンウォンは鬱病と不眠症で苦しむ小説家の複雑な内面演技を消化する.

カン・ドンウォンは “既存にして来た役より成熟したキャラクターのうえに前作よりせりふが多くてとても難しかった”と所感を明らかにした. 特にカン・ドンウォンのナレーションで映画の話が進行されて困難を経験した. 単純なナレーションではなく感情の起伏によってトンが極と極でドル大変だった. しかし期待どおり完壁に消化して李監督の褒め言葉を受けた. 彼は “ナレーション作業はキャラクターに合わせてしたが (何かを) 真似るより心で演技すれば声は自然に出ると思った”と秘訣を明らかにした.

この日記者懇談会後午後 6時30分釜山国際映画祭ガーラ(GALA)プレゼンテーション ‘M’ 時事が開かれた. カン・ドンウォンは現実と回想が混在されてナレーティブに付いて行きにくい映画の中で中心軸を確かに取ってくれて好演を広げる. この日映画を見た言論関係者たちは映画に対する賛否論難は確かにあり得るがカン・ドンウォンの演技に対しては大部分合格点を与えた.

一方, この日試写会にはカン・ドンウォンの家族たちがすべて参加して人目を引いた. カン・ドンウォンはご両親が故郷である昌原に住んでいてデビュー後一度も試写会に招待することができなかった. 釜山が昌原と距離が近くてご両親とお姉さん内外を試写会に招待した. カン・ドンウォンと家族たちは上映館もっぱらクッザリに座って映画を静かに観覧した後帰った. カン・ドンウォンのある側近は “この日カン・ドンウォンは昌原でお父さんが直接運転した車に乗って釜山へ来た”と “試写会が終わった後その車に乗って一家が一緒に故郷に帰った”と伝えた. [スポツカン]

=============
親孝行’ カン・ドンウォン
昌原で親仕えて PIFF 外出

2007-10-08 08:45:49    [マイデイリー]

カン・ドンウォンが故郷昌原で親を直接仕えて一緒に第 12回釜山国際映画祭を捜して親孝行を見せた.

去年 ‘私たちの幸せな時間’以後公式席上に顔を見せなかったカン・ドンウォンは去る 6日第 12回釜山国際映画が開かれている海雲台をお父さん, お母さんと一緒に捜した.

カン・ドンウォンは主人公を引き受けたイ・ミョンセ監督の映画 ‘M'も親と一緒に観覧した. 特にカン・ドンウォンがお父さん, お母さんと親しい姿で並んで集めている姿が映画ファンに目撃されたりした.

釜山国際映画祭で有名監督の新作を紹介するガーラ(GALA)プレゼンテーション上映作で選ばれて釜山から国内最初に公開された.

=================
カン・ドンウォン親, 息子出演作観覧後涙

[スポーツソウル]
カン・ドンウォンと一緒に第12回釜山国際映画祭外出に出たカン・ドンウォンの親が息子と並んで座って 'M' 観覧をした後主人公たちの切ない愛に涙を盗んだ.

去年映画 '私たちの幸せな時間' 以後 1年よほど公式席上に姿を現わさなかったカン・ドンウォンは第12私の釜山国際映画祭最高関心の対象で浮び上がって話題をモルゴダニョッダ. そんな彼が家族と一緒に映画祭外出に出て通りを歩き回る姿が市民たち目立ちながら '親孝行'という評価までいっしょに受けていること.

"デビュー以後家族と一緒に映画観覧をする機会がなくて今度映画祭外出がデビュー後家族と一緒にした初映画観覧だ"と明らかにしたカン・ドンウォンは出演作 'M'を通じて国内外有名人士たちを捕らえたし "今年の秋映画館通り占領のために万般の準備に突入した"と言った.

釜山国際映画祭 ‘ガーラ(GALA) スクリーニング’を通じて最初に公開されて関心を集中させている 2007年下半期最高の話題作 'M'は '刑事 Duelist' 以後光と闇という新しいキーワードを持って帰って来たイ・ミョンセ監督と '私たちの幸せな時間'で演技力を立証した俳優カン・ドンウォンの二番目出会いでもっと注目されている作品.

国内外有名人士たちの熱烈な観覧行進で最高の期待作なのをもう一度立証した ‘悲しいように恐ろしくて美しい愛話’ 'M'は 10月 25日封切り予定だ.

|

« M 「観客との対話」 | トップページ | M 監督Mを語る »

M」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« M 「観客との対話」 | トップページ | M 監督Mを語る »