« カン・ドンウォンデザイナー変身 | トップページ | フォーカス インタビュー »

CINE21 インタビュー

このインタビュー 超長いです。

そして、話がころころ飛ぶので
がんばって読んでください。

小さい頃の話とか、
最初の悪徳事務所のお話とか
またカンドンウォンメモに追加ですよ!
はやりの「ミニホ」や「ファンクラブ」についても
ばっさり切ってます…。

1千万ウォン=約120万円ですか?
そんな写真集、高かったけど家宝です。
私の写真集にも1円分ぐらいは入ってますか???

S0000011_x226311

[さんの21] ミステリーを遊泳する男

カン・ドンウォンの映画は危なかった. 田舍チョンガーで悔しい <彼女を信じないでください>のフィチォルや, 反抗と愛嬌を一緒に抱いていた <オオカミの誘惑>のテソング, 死囚の歳月を涙と愛で吐き出した <私たちの幸せな時間>のユンスは皆カン・ドンウォンと言う(のは)被写体が持っているイメージを裏切って脅威した. 大きい背と小さな顔, 弱く落ちる腕と身のラインは映画と言う(のは)テキストを盛り出すのに下手に見えたし, スラップスティック・コメディコメディー(<彼女を信じないでください>)の親しさ, 切ない愛(<私たちの幸せな時間>)の熱い涙はまるで彼の物ではない羊ぎこちなく見えた. 彼の静寂なイメージを最大限いかし出した映画 <オオカミの誘惑>でさえ彼は愛嬌まじたせりふとお姉さんと言う(のは)呼称の前でなんだかためらうようだった. 笑いを与えるのに彼は冷情に見えたし, 愛をするにはちょっと無情に見えた. 振り返えて考えて見れば <私たちの幸せな時間>も二人の男女の哀切な事情よりはカン・ドンウォンとイナヤングが持った神秘ローン感じが死の前の愛を崇高な美しさで作り上げて成功した映画に近い. これは CFとランウエーで活動を始めた彼の履歴のためでもあるがカン・ドンウォンの顔と身, ひいては彼が服を通じて表現する雰囲気とも関連が深い. カン・ドンウォンの服はいくら派手な飾りをつけていても無情なニュアンスを漂う. 痩せた男をファッションの新しいモデルに立てたデザイナーエディスルリモンの服を彼は国内芸能人の中で一番先に着たし, これと反対に派手なラインよりはモダンさとミニアルリズムを追い求める日本ブランドの最新トレンドも誰よりよく消化する. 日本ブランド中の一つのナンバーナインのデザイナーミヤシタダカーヒーロー島 “カン・ドンウォンなら服を与えることができる”と言った. 先端のファッションを着るがこれを絶対善導しようとアジないカン・ドンウォン. トレンドセッターと同時に無情なペショニスタである彼が大衆と持つ距離(通り)はまるでキャラクターとイメージの間に作用する一種の斥力みたいに見える.

するが <刑事 Duelist>と <M>は違う. <彼女を信じないでください><オオカミの誘惑><私たちの幸せな時間>でカン・ドンウォンが演技したのが話だったら <刑事 Duelist>と <M>で彼はイメージを演技する. はなはだしくは <M>はミステリー, 霧, メロー, メモリー, モンスターなどカン・ドンウォンで連想することができるイメージを Mと言う(のは)イニシャルで列挙する. そしてカン・ドンウォンはまるで自分が振り撤いておいたイメージのイニシャルを一つずつズウォがドッミステリーと霧の中を迷ってメローとメモリーを手探りした後モンスターの形象で消える. 記憶と夢を探して出た一男の話である <M>はどんな意味でカン・ドンウォンが持っているイメージの断片たちを遊泳する映画でもある. カン・ドンウォンは <M>でこれ以上なまり(ドラマ <威風堂堂彼女>と <彼女を信じないでください>)を使わないで, 身を覆って内緒(<あいつ声>)を作らない. イ・ミョンセ監督の意図だったりするがカン・ドンウォンは <M>で自分が持った静寂なイメージを狂気とコメディーに変奏して誇張されたアクションで可能な場合の数を試す. おこる <刑事 Duelist>で見せてくれたリズム感の延長であり, <彼女を信じないでください><オオカミの誘惑><私たちの幸せな時間> などで滑ったキャラクターの変形だ. “表面に, スクリーンに見えるのが重要だとミッ"はイ・ミョンセ監督に会って微かだった映画的固執を確信するようになったというカン・ドンウォン. 彼は <M>を通じて自分のイニシャルが持った能力を, その後に隠された秘密を少しずつ打ち明け始めた.

<M>のシナリオをもらった時感じはどうだったか.
- 初めには私と当たらない思った. もちろん確かに面白い場面でもと言いたい神々はあったが, 私がしたかったキャラクターではなかった. ところで監督様があんまり自信して. (笑い) いろいろ準備して見たらおもしろかったりしたし.

<刑事 Duelist>を演技しながらイ・ミョンセ監督に対する信頼が生じたのか.
- そうだ. 完全に信じた. 私がディテールして緻密なのを好きだが, (スタジオに音楽が聞こえると) あそこ音楽ちょっとです. 監督様もそんな部分がすごかったよ.

相手の行動をそのまま真似る日本料理屋場面や, 等しいせりふを繰り返し的に音高めてする書き入れ時がある. その部分たちが全体的な映画で少し飛ぶ感じを与えるのに….
- 必ずそうではないと思う. 一応映画の現実的なトンではないじゃないか. 夢なのか小説なのか. 民友の想像と思って演技した.

本人は日本料理屋場面が一番楽しかったと言ったメントを見た.
- 楽しかったりしたし民友には一番重要な神さまだった. 同じ場所で同じ状況が少しずつ変わりながら繰り返されないか. 民友がたくさん苦しんでいるということを見せてくれる必要もあったし, これが夢なのか小説なのかに対する疑問も投げてくれなければならなかった. 終わりには民友自分の考えと違う人の考えが完全に入りまじて, 何と言わなければならないか, 素敵に言えば自我とバッターの境界がホムルオジンダルカ.

演技がぎこちないと言うのがではなく, その場面を楽しがったというメントがぎこちなく近付いた. たとえばその場面の延期は確かにカン・ドンウォンにおいて案外のイメージなのにそれを表現するのをただ楽しいと感じただろうかたかった.
- そうね. シナリオを初めに見た時一番ヨックシムナッドン神さまが日本料理屋場面だった. 人々が私に対して誤解しているのがあるようだ. (笑い) 演技する時も当然その場面たちが一番おもしろかった.

うーん. たとえば今度映画で上げる場面たちもそうだ. 一般的な感情を爆発させる刺しではないじゃないか. そんな感じたちが既存のカン・ドンウォンイメージとぶつかる部分がある.
- 私は素敵なのをしたいという考えをして見たことがない. 演技がお上手で素敵に見えることはできると思うが. 受け入れる人々が私に対するイメージを筒だけで憶えていてはないか. 今度映画で上げるのが目標としたことも感情を爆発させる刺しと言うよりはそのままカメラの前で遊んで見ようという意味だった. 準備は最小限にしてカメラの前ですべてこぼして見ようと. あ, 問って見たいのがある. 先ほど日本料理屋場面がちょっと浮かんだように見えるようだとしたようだが, それはこんなことも同じだ. 私は考えを絶えずするスタイルだからいつも計画を立てるとか何かデザインをする. ところである時は私が今口の外でものを言ったのか中に考えだけしたことか仕分けが行かない. (笑い) , その場面が目立ったように見えたら仮に私の演技だけの問題ではないということをちょっと認めたら良いだろう. (笑い) 監督様が確かにそれほど要求したし(笑い). <さんの21> インタビューで監督様は必ず自分は分からないことのように答えたよ. (笑い) みたいな船に乗って一人で抜けることは. (笑い) その返事がちょっと気に入らなかった(笑い).

どんな意味で <M>がカン・ドンウォンのイメージをとてもたくさん意識した映画と言う気がした. カン・ドンウォンのイメージをイニシャルで列べてその中で迷路を楽しむような. そして <M>でちょっと誇張されて人工的な延期もそのイメージがあったから可能だという感じだ. 個人的な考えだがこんな類型の延期, 俳優を見るということは楽しい. お上手とかできない延期ではいやなので嬉しかったりして.
- すごく良い褒め言葉のようだが. 私は映画をよく見ない方だが. (笑い) あ, このごろにはちょっと見るね. 一応誰かを追い掛けるのは嫌いだ .自分の足跡を誰かが付いて来てくれてほしいでしょう誰がもう間道に付いて行くのは楽しさがあるか.

イ・ミョンセ監督はカン・ドンウォンがセットでの撮影, 状況をつかみ出す能力がすぐれると言っていたよ. この部分が先ほど話したあなたの演技と関連があると思う.
- 計算的や何かを受け入れる感じは早いと思う. 私の長所なら瞬間集中力が良いということ. 代わりに長くは行かない. (笑い) よく調節しなければならない. 他人が願うのをキャッチすることは私が気付きが早い方だからそんなようで, もちろん短所も多い.

同じ脈絡で話せばイ・ミョンセ監督が表面で現われるのを重要に思うと言ったがそれが本人の演技に及ぼす影響があるか.
- ずっと楽になった. この前には一つの状況に集中して必ずこれをやりこなさなければならないという意向があった. しかしこのごろには私があまり集中をすればむしろ見るのにもっと良くないかも知れないと思う. <私たちの幸せな時間> 時には私の意地を張って感情をすべて持って行ったら結果的に息苦しい部分が見えた. もちろん延期を真似るようにするということではないが 100%の感情を 80%だけ表現した時むしろ 120%の感じを出すことができるという考えをするようになった.

<刑事…> 以後本人の演技に対する考えが変わったのか.
- 変わったよりはもうちょっと確固になった. 私が行く方向を捜したという感じだと言えるか. この前には ‘どんな演技者になると一つ’に対して悩んだら <刑事…>をしながらはそのまま私のがなかったら良いという考えをした. 固定されたイメージや延期はなかったら良いと. 俳優としての欲心や夢もずっと大きくなった. しかし <刑事…>や <M>がきっかけになって私が変わったと思わない. <M>はどうせ流れるわけでまた新しい作品が来るつもりだ. ただ <刑事…>をしながら最大の収獲だと言えばイ・ミョンセ監督様と会ったということ. 今まで私の人生に大きい影響を及ぼした方が細分あるのに一番目が中学校の時の受け持ちだった賀正よ先生で, 二番目が前所属社社長, 三番目がイ・ミョンセ監督様だ.

中学校の時の受け持ち先生はどんな点で影響を及ぼしたか.
- その方がいつもしたお話が真実に暮しなさいというんだった. それが幼い心に大きく近付いた. もちろんそのように住みながら傷島たくさん受けた. 心より近付いても私を利用しようとする人々がいたし. しかし傷が癒えればまた適応することができると思う. 多分先生の教えることを一番よく受けて引き継いでいる人が私ではないか. 本当に壮語する. (笑い)

人見知りが激しいと言っていたが仕事をすることに難しくないか.
- 働くのにあってはたくさんよくなった方だが, 史蹟にはもっとひどくなった. 仕事をしてみると人々に傷をたくさん受けてストレスが多くなる. そうしたらますますもっと井を波高(笑い), 家でずっとシャベルですくい出す. 今は構わないと思うが必要だったら変えるつもりはある. 家で井売るのが私の道だと思うのではないから. (笑い)

家で井を売る時は主に何を一つ.
- 音楽聞いて勉強もして. 英語勉強, 少し, 凡そ, 独学にする. (笑い)

ストレスはどこで一番たくさん受けるか.
- 人々に. 私の計画が駄目になりながら来るストレスも大きい. なにしろ私は見える職業を持っているから相手がどんな過ちをしても私に帰って来るのがある. この前にはこのすべてのものをすべて収容する生を追い求めたしそれが本当に正しいと思った. ところでどの瞬間, これがすべて必要がなかったよ. 私がすべてのものをすべて受け入れればいざ私が行かなければならない道は行けない.

それでも口舌運が少ない方ではないか.
- 私は後うわさが多い. ならなかったと. 気難しい, 何精神病水準だ. 私をよく分からない方々がこんなものを言う.

それではもうそんな言葉にはどんなに対処するか.
- 昔にはそんな言葉を聞かない人にならなければならないと思った. ところでこれからはそのまま私の好きなのを下は蟹ずっとおもしろくて, ある程度はそのまま遮断する.

ミニホームページもないようだったよ.
- それは加入して見た事がない. とても嫌やがる. 工科大生だからインターネットでもできるならショートカットキー使うほどにコンピューターと親しいがミニホームページは嫌いだ. 私が何をしているのか他人達が分かれば恐ろしくて. (笑い) 私生活に対しては確かに線を引いてそこに侵犯すれば非常に不快だ. 私はファンクラブもない.

この前にペンドム取材をしながらカン・ドンウォンファンカフェー運営スタッフに会ったらどこで何をするのか全然知らせてくれないと言っていたよ.
- 外でファンが待っていればすまない. 神経を使わないことができない. ファンは分からないが私は一人で神経をたくさん書く方だが, (笑い) ファンが私を追って来ればそのものがすまない. かえって会って話せば良いのにそれは  また不可能で. すまないからかえって受けなかったら良いだろう. (笑い) ファンクラブを作っても私がしてあげることができるのがない.

本人自ら完壁主義者と言う(のは)ものを言うのに普段生活でもそうなのか.
- お父さんがあんまり几帳面で幼い時からそうだった. 一応私が楽しさを感じることに対しては徹する方だ. 楽しさを感じることができない掃除, 服整理このようなのは台無しだが.

完壁主義者と認識するようになったことはいつからか.
- 高校に入るからだ. 寮学校に入ったがそこ書から私のソーシャルライフが始まった.

ソーシャルライフが始まったと言うに値する変化があったことか.
- 十数年の間家族たちと勤めてセングパン分からない子たちと会って過ごさなければならなかったから. 全校生が寮生活をしたし, 漢方に 12人ずつ寝た. 軍隊内務班とまったく同じだ. そうしたら友達との円満な関係維持が重要だった.

学生時代はどうだったか.
- 私は円満な対人関係を維持した人と思った. ところでこの間友達に ‘私は子たちして睦まじくてうまく行ったんじゃないの’ するとその人が ‘笑わせているのね’と言っていたよ. (笑い) 気難しかったし, 冷情だったと. 暖かい言葉よく掛けなくて, 友達に好きだ告白もしなかったそうだ.

路頭キャスティングでデビューしたと分かっている. その時は演技する心が全然なかったか.
- 演技者になりたい心は全然なかった. 路頭キャスティングは安山で学校通う時だったがソウルに遊びに行ってから名刺をもらった. ところでそれほど尋ねた所が水っぽく非常に良くない所だった. 私は演技者になりたいと言ったが歌手をしなさいと言っていたよ. 毎日歌演習, 踊り演習させて. そこ属した歌手たち CD 回すようにして, フォスター付けるようにして. それまでは大丈夫だった. ところでご飯も買ってくれなかった. 毎日友達とパン, 牛乳, カップめん食べながら行ったり来たりした. 車切られればそこ歌手たち寝る宿所で機嫌をうかがいながら立ち込めて寝て. 後でご両親がよく解決したし, 撮影しながら会った方と気が合って他の所に移した. そこで延期授業を 3年受けた. めどがはっきりしなかったが延期が私によくあうようだったし, 私がすべきことを捜したようだった. それでもそれが(<彼女を信じないでください>の延期) 3年以上授業受けたのだ. (笑い)

俳優にデビューする前まではショーに立ったことか.
- そうだ. モデルになりたい夢も全然なかった. 初めには恥ずかしかった. ファッションショーは今もあまり好きではない. この前に一インタビューを見ればモデルした時が懐かしいと言ったが, またしなさいと言えばあまりしたくない. (笑い)

つけるいつから大きかったか.
- 中学校入学する時 154cmだったし, 中学校卒業する時 183cmだった. 中2 の時, 1年の内に大きくなった.

身がそれほど変われば自分の身に対して認識するようにならないか. 服もどんなに着なければならないか悩むようになって.
- 中学校 1年生春遠足の時の社会を見たことがある. 言葉をよく言って見たのではなく当時成績がちょっと良いという理由でどんな女の子と社会を見た. そのまま模範生なので. (笑い) ところで本当にびっくりしたのが中学校春遠足の時ツリニングを着て来た人が自分だけなかったよ. 緑色ツリニングズボンにどろどろされた色見送った黄金色なモックポルラを着て行った. 初めて恥ずかしいという気がした. その後に服が気を使い始めたしご両親もお金になるとおり最大限支援してくださった.

それでは高等学生の時には服をかなり装う児だったろう.
- それ位ではなかった. そのままちょっと構える子供? いつも服装う子たちを追い付きたかった. 私は服に気を使い始めた経歴が短いから. (笑い) 無条件お金生じれば服買おうと貯金した.

<エスカイア>10月号 を見るからスタイリストがカン・ドンウォンだったよ. 本人が直接スタイリングしたことか.
- そうだ. この前にも一度したがあの時は記者粉餌私の名前を落とした. (笑い) 今度は必ず書いてくれる事にした. 今スタイリングしてくれる友達はシック(chic)とフラット(flat)したことなお上手で,
私はちょっと複雑でグランジしたことが好きだ. 

この前に一度は画譜撮影のためオーストラリアへ行ってほとんどすべてのモルティショップを探したと言っていたが.
- それは私が雑誌社の方に素敵なモルティショップを捜しておいてくれと頼んだことだ. 私をオーストラリアまで連れて行くつもりならその位誠意は見えてくれと言って. 分かると言ったがくぎ捜しておいたよ. (笑い) それで私が尋ねた. 歩き回ってみると素敵なモルティショップがあるような雰囲気が感じられる. それほどショッピングするのを好きで各有名都市の大丈夫なショップたちはすべて分かっている.

ファッション側人々はカン・ドンウォンを服を自分の身のように消化させるカラーを持ったと評していたよ.
- 一応服は私に似合うのが基本だ. そしてその上に実験をする. 新しいデザイナーを捜してみたりする. 私を構えるのを好きなの他人を構えるのを好きなのないので職業的な欲心はない. 今日同じ撮影島私は準備できない. しかしこの前に日本で発行した写真集は私がスタイリスト, 写真作家, デザイン, 紙質まですべて関与した. 良くは心に立ち入らなく私が 1千万ウォンを支払った. (笑い) 他の画譜集とは違って満足だった.

|

« カン・ドンウォンデザイナー変身 | トップページ | フォーカス インタビュー »

M」カテゴリの記事

インタビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« カン・ドンウォンデザイナー変身 | トップページ | フォーカス インタビュー »