« マイデイリーインタ 1 | トップページ | マイデイリーインタ 3 »

マイデイリーインタ 2

インタビューがノッてきたのかしら?

(笑い)

が多くなってきました!

Mはもうデュエリストの撮影時からシナリオが
できてたのね~。
ドンウォン君がパスしたのこりの2つのシナリオがどうなるか、
ちょっと気になる…。

そして、また「日本料理屋」のシーンのお話。
感情と行動を極大化させた…と。

そして、最後はちょっと弱気な発言…。
わかる人にわかってもらえればいい、ってことかな~。

デュエリストのころと比べて、
彼も「大人」になったんだろうな~。

==========
昌原出身カン・ドンウォン,
"ソウルの言葉が外国語みたいですよ"

2007-10-15 09:00:33                                                                                 

"20年の間使って来た言語が慶尚道言葉なのにそれを一瞬に変えるだろういくらぎこちなかったです. ソウルの言葉が初めには外国語学ぶようですよ(笑い)"

来る 25日封切りする映画 'M(監督イ・ミョンセ, 製作プロダクション M)'で観客たちと会う俳優カン・ドンウォン(26)は今度作品撮影過程で 'ソウルの言葉を駆使しなければならないこと'が一番大変だったと伝えた.

今年初誘拐犯声を引き受けた映画 'あいつ声'で何回聞かせた事があるが本格的に '完璧なソウル物言い'を書かなければならなかった今度 'M'の小説家ハン・ミン優役は彼においてもう一つの挑戦だったこと.

実際に慶南昌原出身であるカン・ドンウォンは自らも "なまりを全然使わないのが今度映画の中内課題だった"と打ち明けたりした.

しかし彼は難しいとしてもいつも何かを新しく試みて実験精神を発揮するのが楽しい.

一貫された敍事構造に付かないで夢と現実, 現在と過去の境界がイメージ主として進行される限り男の初恋に縛られたラブストーリー 'M'を後続作で選んだ理由もすぐそんな独特さと実験精神にひかれたからだ.

"'M'はイ・ミョンセ監督様の前作である '刑事' 撮影中もう提案受けたプロジェクトです. 当時監督様が三つの作品シナリオを見せてくれたが 'M'だけ抜いて二つは大丈夫だと思いました.(笑い). ところで 'M'を取るようになったから本当におもしろいでしょう"

作品に対する 100% 確信が入らなかったにも映画 'M'に出演する事にした理由を問おう "イ・ミョンセ監督様と作業するのが一応面白いです. のように作品をしてからはその甘ったるさを忘れないですね. 監督様はいつもありとあらゆるアイディアと考えを抱いて通うという点で私に似ています"と伝える.

そのように始めた映画 'M' 作業は以前延期とは違う振幅を要求した.

"感情演技は節制しないで極大化させた部分が若干あります. 例えば映画の中日本料理屋信義場合感情と行為を極大化させて延期を誇張されるようにしなければならないでしょうアンウルカと言う(のは)意見を打ち明けたりしたんです. しかしすべての延期は緻密な計算の下に成り立ちました. ストーリー構造がちょっと曖昧に感じられる映画だと '私が完壁に理解しなければならないね'という気がしたんですよ"

最近釜山国際映画祭で映画完成本を見てからは撮影時感じることができなかった部分を新しく見つけたと.

"実は撮影する時も 'このようにしてもおもしろいか'と言う気がする時があったが完成本を報告, 監督様意図をやっと分かるようになりました. すごいという気がしたんです. 観客があんまり入らないとしてもそれで後悔はないです"

演技者デビュー 5年次, もうちょうど六番目映画を終わらせてきちんきちんとフィルモグラフィーを積んでいる俳優カン・ドンウォンが聞かせた新しい作品 'M'に対する率直な心だ.

マイデイリー

|

« マイデイリーインタ 1 | トップページ | マイデイリーインタ 3 »

M」カテゴリの記事

インタビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« マイデイリーインタ 1 | トップページ | マイデイリーインタ 3 »