« フォーカス インタビュー | トップページ | 人間・俳優カン・ドンウォン・80問80答深層インタビュー »

中央日報 インタビュー

このインタビュー、
ドンウォン君に好意的でないかも?

翻訳機のせいなのか
なんか「生意気」な感じを
わざとだしてないかい?

でも、ドンウォン君の考えとは
違ってないから、載せてみました。

書き方が悪いんだよ~

最後のコメントもイマイチ?だったから
小さくしちゃったよ…。

[ヤングソングフィギザウィヘルロパウォメン]
イ・ミョンセ監督 ‘M’ 主演カン・ドンウォン-
`妥協しながら物心がつきたくなくて`
[中央日報]
ファッションアイコン, 神秘な美少年イメージを拒否する


予想できない成長を確認することはいつでも気持ち良い事だ. もうカン・ドンウォン(26)をこれ以上きれいな男だと呼ばない. “どんな俳優たちはその自らの美しさだけで演技する必要がない時がある”とイ・ミョンセ監督は言うが ‘M’で彼の演技は水が精一杯上がった. 俳優として自分の証明と同時にターニングポイントになる映画だ. 話よりイメージ中心の白日夢世界で開かれる人工的演技というしたたかな挑戦をやりこなした. モデル出身に韓国人では不可能だという体形と女よりもっと美しい顔で大衆を魅惑させて来た彼だ. ミステリーメロー ‘M’ではその派手な顔を厚い角ぷくりんめがねと M字形頭で覆って, 狂気に捕らわれて捻れた顔をする. 結婚を控えて初恋の歓迎に追い回される神経質的な小説家民友役だ.

この監督は “凄まじい俳優”という賛辞を出した. 国内劇界の代母と同時に ‘M’ メイキングフィルムを取ったソングヒェスックの前ソウル芸大演劇科教授は “クールする距離感がある, 頭良い俳優”と言った.

ソウル三清洞で一短いインタビューの感じもそうだった. 考えは堅かったし気持ち良い自信感が感じられた. 無愛想な慶尚道男といううわさどおりチンゾルハムより好悪(好悪)が明らかだったが, むしろ未来に対する信頼を植えてくれた. そういえば俳優として彼の歩みが特別だというところも一歩遅れて考えが及んだ.

#イ・ミョンセのペルソナになる

‘M’はイ・ミョンセとカン・ドンウォンの二番目出会いだ. 最高のスタイリストイ・ミョンセがカン・ドンウォンをつばをつけたことは当たり前の事だ. 監督が夢見る視覚的法悦境を盛り出すのにあれほど美しい被写体もない側だから言葉だ. しかし二人の結合は美しさに対する魅惑を越す. ‘自分の映画を撮る最後の監督’ イ・ミョンセに対する固い地だなしには不可能な事だ.

“‘刑事’ 以前まで監督様映画を見た事がなかった. シナリオを読む瞬間すごい方だという気がした. 観客はそっぽを向いたが ‘刑事’は本当に良い映画, 本当に映画みたいな映画だ. ‘M’も同じだ. 大衆を相手にした私の挑戦でもある.”

彼を ‘動員異形’と呼んで尊重を示す監督は “精神的遺伝子が同じだ”と言う言葉も言う. 呑みこみをよく聞き分ける聡さにコードが当たるという意味だ. こぶ, 詩的なシナリオが難しくはなかっただろうか. “別に. ただ愛の話は私の趣向ではなかった. 愛が重要な問題だと言うが日常で常に直面するから映画では映画でばかりできることをしたいという欲心がある.”

#人工的演技に挑戦する

‘M’はすべてのものが夢なのか現実なのか小説なのか想像なのか曖昧な白日夢みたいな映画だ. 民友の悪夢みたいな映画でもある. 延期でもリアリティーを最大限排除した, 誇張されて人工的なトンが必要だった. コメディーでスリラー, 過去民友のいきいきとした初恋延期まで振幅も大きかった. その上に監督は俳優さえ自分が創造した映像の一部で使いつくしてしまうこのないか. “監督様映画で俳優は時々道具になる. そんな監督と対立して生き残って見ようと争うのが面白かった. 私は誰かを決めておいて争うと闘志が生ずる. ‘刑事’と比べると過ち生き残ったのが惜しいが. (笑い)”

“この前にはスタッフたちが私をどんなに見るか機嫌をうかがったが今度はカメラの前で思いきり遊んで見ると, 張り上げるとした. 撮影の前自ら私が狂ったと暗示を与えた. 日常的な民友, 強迫に追い回される民友, 過去の民友は皆他のキャラクターだと思った. 撮影の中で戦所属社葛藤などストレスが多かったが, 返ってヒステリカルしたキャラクターを演技するのに助けになった. 劇中グロテスクする表情は仕事がよく解けない時私がつける表情だ. マネージャー言葉では, 自分が嫌やがる私のすべての表情が盛られたと言っていたよ.

“監督様は良質のサウンドのために 100% フシ録音をした. 撮影終わって 2ヶ月後に. ショット自体の作り上げる感情があるからオーバーするなと言う注文もした. 持ったのが多くて, 演劇的学びなさいといえば本当に大変だったようだ. キャラクターを構築する時は瞬間キャッチしたことを最後まで食い下がる. どんな直観が来ればそれがどうして来たのか, 直観を計算する方だ. めがねをかけて一人でバーに座っている民友を想像したし, それをずっと拡張させた.”

#美少年・ファッションアイコンを越して

彼の演技歩みは特別だ. ファッションアイコンと同時に, 中性的や神秘な美少年のアウラを吹き出しながらもいざ作品選択は常に案外だった. CF の中スタイル里の時した姿を映画ではほとんど見せてくれたことがない. ハイティーン物 ‘オオカミの誘惑’と ‘刑事’がむしろ例外的な場合だ. ‘彼女を信じないでください’のなまり使う田舍薬剤師, ‘私たちの幸せな時間’の死囚に引き続き ‘あいつ声’では顔ない誘拐犯で声出演ばかりした. 誰かの表現どおり大きい俳優の完成を向けて設計図を充実に積む感じだ.

“その時その時興味感じることを面白くするだけだ. あまりにも私の外貌だけ話すから ‘ウヘングシ’では演技を見せてくれるとしたし, ‘あいつ声’では発声問題を解いて見たかった. ‘刑事’では舞踊的な側面, 俳優が身でできるすべてのものを学んだ. これからは重い映画を続いたから軽いコメディーをしたい.”

“元々俳優志望ではなかった. モデルで演技授業を受けるのに, 瞬間的に集中して表現する時おびただしい快感が来た. 目の前がくらっとするようにハイェジで ‘ケウンした’ 感じ, ‘私が探し込むのがすぐこれだ’ と思った.”

“私, ストレスよく受けて鋭敏でざらざらしてつやがない. 我が強くて満足が分からなくてわがままで. 一言でならなかった. (笑い) 一度してからはこれ以上興味が感じる事ができなくて大衆が期待すること, 他人達がするの絶対したがらなくて. 大衆に対する反抗心があるのにそれは監督様して似ている. 角ければ丸くなりなさいと言うが, もっと尖ったようになることが私のスタイルだ. 妥協して物心がついて大人になりたくない. もちろん芸能界がノックロックしなくてこんなにしていてぽきっと折れるかも知れないという危機感もあるが.”

“外貌も満足できない. チァックヌンに口が小さすぎる. 私が見てもハンサムな学ぶ (院)ヴィンが, (長)ドンゴン型…. これといった似ていたい俳優はいない. 新しい足跡を取りたい. 他のすべての俳優がすべて競争者だ. 私の長短所をまともに活用して, 私を愛してむち打ちながら歩いて行かなくてはならない. 幸いなことは不満足ではあっても私は私が好きだというんだ.”

気づいたのか. 世の中と巡行するのを拒否して自分ばかりの植えるのを尖っているように行って私だけの署名を取るという生気地な少年. あるいは充足が分からないナルシスト. そんな彼がイ・ミョンセのペルソナ, 映画的ブラシメートではなければまた誰だのか言葉だ. ’M‘は二 ‘幻想少年’のファンタジーワールドだ.

2007.10.22 18:13 入力

|

« フォーカス インタビュー | トップページ | 人間・俳優カン・ドンウォン・80問80答深層インタビュー »

M」カテゴリの記事

インタビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« フォーカス インタビュー | トップページ | 人間・俳優カン・ドンウォン・80問80答深層インタビュー »