« 無口さに驚きました。 | トップページ | カン・ドンウォンデザイナー変身 »

メトロ インタビュー

インタビューいっぱいでうれしい悲鳴。

記者さんとの相性もあるだろうし、
きっと本人は大変なんだろうな~。

でも、ファンとしては
一言、一言、言葉の言い回しですら、
「カン・ドンウォン」を理解することができて
うれしいのです。

翻訳機なのが悲しいけど…。

初話はなんと言っても「ダイエット」でしょう。
5キロも痩せたって…。スゴイ。
(まっ、5キロも太ったってことなんですけど)

「今」のドンウォン君がわかるインタビューです。


==============
“イ・ミョンセ監督とは最高の相性
延期だけ関心演出つまらなくて”
 



私の生は率直と淡白

花美男俳優カン・ドンウォン(26)が映画 ‘M’(25日封切り)で観客と会う. ‘刑事’ ‘私たちの幸せな時間’できちんきちんとフィルモグラフィーをバムアボン彼は ‘M’で初恋を従う天才作家ハン・ミン優で登場する. イ・ミョンセ監督と執拗に初恋に掘り下げたカン・ドンウォンが言う二つの M.

Mistery

“遊んで見よう”

多くのことができるキャラクターでストーリーだと思った. 毎場面ごとに他の姿を与えることができるように ‘遊んで見よう’と決心した. ‘M’は夢と現実の境界が曖昧で敢えて定義しようとするともっと紛れることができる映画だ. ‘刑事’が実験的だったら ‘M’はそれを土台で進歩した作品だから ‘刑事’より親切な映画だ. 興行? 監督様は気になるが(笑い) 率直に私は大きく気を使わない. 私の演技に対する惜しいことはあるかも知れなくても結果に満足している.

“もうちょっと自由にオーバーしないように”

映画でどれにもかかわらず私の解釈どおり演技するが, 感情の過剰は徹底的に阻んだ. 私は作品をする度にすごく準備して演技するスタイルだ. それがよれればストレスを受けるほどだから. クローズアップの時は感情を抜こうと思ったし, 草ショットである時は無条件動的に演技した.

“監督様とは最高の相性”

不思議によく当たる. 監督様が “それあるんじゃないのこんなに一度やって見て”と言えば具体的な説明なしも聞き分ける水準だ. 俳優として監督とコミュニケーションがよくできるのは楽しくて感謝した事だ. ‘イ・ミョンセ監督のペルソナ’という呼称に対しては嫌やがる理由がない. 監督様に閉じこめられているという感じ? 全然!

“ゴン・ヒョジン・李延喜にありがとう”

功效陳氏は 1年前くらいから親しく過ごして今度映画で会った. ヒョジンシが引き受けた民友のガールフレンド役は目立たないながらも存在感がなければならないから難しい延期だったがとてもよくしてくれありがたい. おかげさまで私が自由に演技することができた. 新人である延喜さんにはすまない. あれこれ面倒を見てくれなければならなかったが私の鼻が三者だとめんどうを見ることがしたようだ事ができない.

Man’s Life

初恋: 男は女より初恋を思い出す頻度が高くて, 泥む. 一方私は初恋の郷愁がない. 現在あるいは未来の愛が重要なだけだ.

年: 年を取るのを気に止めない. もう手始めだから 60歳までは熾烈に働きながら暮すでしょう.(あんまり体力が好き!) その後には趣味で働く.

実験: 大変だが新しい試みをするほうが良い. 安全なのは私が耐えることができない. もちろん実験をしながらも位は守る. 私が独立映画監督でもなくて大衆と呼吸する学ぶから境界をこっそりこっそり出入りしたいだけだ.

イン(人)ライン: ウォン・ビン兄さんとチョン・ジュン兄さん. ひとときヒューマンリレーションズを広げて見た事があったがガムダングにならなかったよ. 申し訳ないことだけ生じて後ですべて整理するようになった.

抵抗: 少なくあるのが刺激になって, 闘志を燃やすようにならないか? 何日にかけて某スポーツ誌の一映画担当記者とごつごつした感じに過ごしている. ‘刑事’ の時の楽聖記事がぞくぞく出た. 悔しくて彼と妥協しなかった. 女丈夫スタイルのお母さんを似ていたか妥協を間違う.

韓国: 行く道が遠い私に韓国はできるのが多い国だ. 縛られている部分が多くて面白くて良い. 次は ‘もっぱらインブラック’のようなウェルメイドコメディーをしたい. ちょっとしたことにすごく泣いて, 笑う方だ.

お爺さん: 自然, セット, 何より人に最大の霊感を得る. 彼らの特徴的な言いぐさ, 目つき, ジェスチャーを真似ったりする. 胸に盛っておいてから演技する時使おうと思うようだ. 職業病だ. ふふ.

カン・ドンウォン: 高校時代, 窓の外だけ呆然と眺めていて国語先生が “ドングワンイは夢見る少年”と冷やかした. 空想をたくさんする. 過去はよく度忘れして, 現実と未来を楽しむ. 物心ない隅が多い. 永遠に物心がつかなかったらと思う.

タバコ: 去年 9月喉頭炎を病んだ以後切った. 買い食いがひどくなって 5kgが吹いたがまた抜いた.

監督: 私が演出をすれば多くの人をいじめるようだ. 興味ない. 代わりに眠る前に入る感じあるいは空想を断片で表現して見れば面白いでしょうたい. 
2007-10-22

メトロ

|

« 無口さに驚きました。 | トップページ | カン・ドンウォンデザイナー変身 »

M」カテゴリの記事

インタビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 無口さに驚きました。 | トップページ | カン・ドンウォンデザイナー変身 »