« Mを通じたカン・ドンウォンの変化 | トップページ | VIP試写会 »

スターニュース インタビュー

もう一つ、アップしたかったインタビューです。
(記者会見のどさくさに紛れて忘れてました)

翻訳機のせいなのか?
記者の腕の違いか?

ドンウォン君が強気な印象をうけるインタですが…

初恋の話とかもしてますが
他は結構、自分の意見をしっかり語ってます。

読み手のとり方しだいでは、生意気っぽく映らないかな~。

ファンからすれば、彼の仕事に対する姿勢、考え方が理解できる
そんな内容ではないでしょうか?
すべて翻訳機頼みなので、全部想像です。。。

最後に今やりたい作品に対して、
こっそりとラブコールを送ってます。
コメディーの監督様、どなたでしょうか?
ぜひ、彼のラブコールに答えてあげてくださ~い!!


===========================
'M' カン・ドンウォン "私が消費すること, 嫌いだ!"

[スターニュース] 2007年 10月 16日(火) 午前 11:24


先入観は一気に割れて行った. 取り交わす質問と答の中で瞬間瞬間割れて行った偏見と先入観はソルジックハムという破片で飛んで来た.

'花美男'と言う(のは)目の中でスターになって行く '不意に神秘主義に包まれてしまった俳優'になって帰って来たようだという, 先入観. カン・ドンウォンはしかし骨切って否認しようとしない. ただ自分に対する "誤解"が確かに多くて自分が "難しい"は視線でやっぱり自由ではないと言う.

# 一番目 'M'(Mind)
それでも彼は "私のイメージがとても消費するのは嫌いだ"と念を押す.

それはまた '作品で言う'と言う俳優たちの多い丁まげ性が現わす '傲慢と偏見'とはまた他ののだった. カン・ドンウォンはその同じ年齢にふさわしい率直さと自信感そして魅力を '十分に' 持っているように見えた.

そんな面で彼がイ・ミョンセ監督の 'M'を選択したのは '本当にお上手な事だ' と思う. 初恋に関する忘却と記憶あるいは思い出の話をミステリー形式とイ・ミョンセ監督のもっと深くなったスタイルに盛り出した 'M'でカン・ドンウォンは強迫に苦しむベストセラー作家だ. 自分を追い掛ける視線を感じて強迫に苦しむ彼は夢と現実の朦朧で曖昧な境界を出入りして話を広げておく.

彼は 'M'のように "ちょっと抽象的なことがあるが開かれている話のシナリオが好きだ. それでイ・ミョンセ監督のシナリオが大好きだ"と言う. "後で分かった. 私が言うのを好きか"とも付け加えた. 自分の "趣向があまり商業的ではないように見えるがまたそうでもないようだ"と言うことから "私のイメージが消費するのが嫌いだ"と言う言葉の意味が明確に入って来た.

それはまた他の面で自分には強迫ではないか.

-現実の中強迫を感じるか.

◆完璧ではなければならないというんだ. 何を一つしても徹底的にさせようとするスタイルだ. 仕事では集中しようと思って代わりに違うことからとける方だ. 家はわざわざすごく取りちらしておく. それでこそ気楽だ.

-その位ストレスも多いだろう.

◆なんかそうでもあるが, 私に対する五しても多い. 好きなことが明らかで嫌やがるのが多いのように見えるか? ところでできない. 重要なのは逃したくない. 気難しいという話も多い. 初めには悩み苦しんだが今はあまり気を使わない.

# 二番目 'M'(Mystery)
-大衆にたくさんまた易しく露出しないからか.

◆親しい人が (芸能界に)あまりない. 親しい人が多くないから呼ぶ人もあまりいない. だから試写会や行事場所などによく行かない. CF 出演もあまりないから….

彼はこの頃で "CFも作品"と言った.

◆CFも私には本当に重要な '作品'だ. 製品よりイメージが良いことをしたい. CFは映画やドラマとは違い前もって私が準備することができるのがあまり多くない. そうしたくないのに. それで気難しいという誤解をたまに受けたりする. 広告界で私を嫌やがることではないか.(笑い)
-誤解は解いて行くのが良いんじゃないか.

◆, 敢えてそうしたくない. 露出がならなくてそうなことなのに, 好きではなければ結局しないのでそれでは私のできることがあまりないわけになることだけだ. CFを例であげれば, 私が崩れて壊れる姿を現わすこと, あまりつまらない, 骨切って私を解いて近付きたくない.

-度が外れたイメージ管理あるいは包装ではないか?
◆当然だ. 包装する. なぜなのと? 私は見せてくれる人で他人達は私を見てくれるからだ. おもしろくても, 素敵でも, きれいでも包装でも私は私が見えるのを待つ. 映画が初めて大衆に見える前には本当に緊張もなって眠りもよく寝る事ができない. しかし誤解はしないで. 何の神秘主義ではない.

# 三番目 'M'(Movie)
-その延長線で 'M'は '俳優カン・ドンウォン'にどんな意味だろう.

◆カメラの前でもうちょっと自由になったようだ. 楽になったのだ. 各作品ごとに私が狙って出演するのがあるのに今度映画で得ることはすべて得た. '私たちの幸せな時間' 焚く率直に, 恐ろしさも多かった. 演習の手始めだったわけなのに 'M'ではどの位成果をおさめたようだ. エネルギーを蓄積して現場で 'や及んだ' する考えで噴き出した. 初めには現場の多くの視線が恐ろしくて負担でもあったが. 他の俳優たちは常にそんなになさるが私はもうようではない. 不足だが一歩進む段階にある. 次の作品ではもっとよくなるはずだ. 誰かそのようにしなかったか. '最高は次の'と.

-観客が 'M'と疏通することができる一番良い観覧法は?
◆私は話がとても明確なのは嫌いだ. 考えをちょっとしてそうしなければならないじゃないか. 考えをするようにすることが好きなようだ. あ! そうだと 'M'が難しいとかということではない. ただ楽に見なさいと言うことだ. 考えすぎれば映画に引っぱれることができるから. 劇中主人公の話が結局後半部に行きながら親切に説明されないか. 観客に全然不慣れではないだろう.

'M'が初恋の話であるだけにカン・ドンウォンに '初恋'に関して問うことも失礼ではなさそうだった. それで問った. '初恋' あるいは '愛に痛がった事があるのか'と
◆小学校時代, 特に白い顔の女学生を片思いした. 私は真っ黒くて. 目が眩しかったよ. 顔も思い出さないがその子を見ながら私もハイェジでと思った. 高等学校 3年生の時本当に愛をして見た. しかし多くの邪魔が多くて終わってしまった. 良い思い出であることもできたが学生という理由一つだけでそんなに厳格で閉じこめてしまうような邪魔だなんて. その後でも愛をして見たかと? 当然だ. 私が泥んだようだ. それで相手がネゲで脱しようと思ったのか分からない. 私が間違ったようだ.

カン・ドンウォンはインタビュー末尾に現在 "期待しているシナリオ"加えた方あると言った. そのシナリオが自分に "機会が来るのを期待する"と言うのだ. "次はコメディーをしたい"と付け加えたりした彼は "もうちょっと見せてくれなければ割" 自分の姿が多いと言った.
スターニュース "

|

« Mを通じたカン・ドンウォンの変化 | トップページ | VIP試写会 »

M」カテゴリの記事

インタビュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Mを通じたカン・ドンウォンの変化 | トップページ | VIP試写会 »