« 監督が語る Mの見どころ | トップページ | 脚の長さ~。 »

M 釜山での反応は

情報が多くて、1日あけると大変だ~。

とりあえず、小さい話から。


見た人個人の感想はけっこう「デュエリスト」より
わかりやすくなった…(監督がわかりやすくしてくれた)
ってみたんですけど。

案外、言葉のわからない日本人がみれば、
「感性」でわかる映画だったりして~。


=========
カン・ドンウォンの ‘M’,
評論家は好評・一般はギャウトング
!
2007-10-09 08:48:56                                                                                 

釜山国際映画祭から国内最初に上映されたイ・ミョンセ監督の ‘M'が専門家たちには好評を博しているが一般観客は行き違った反応を見せた.

‘M'は有名監督の新作を紹介するガーラ(GALA)プレゼンテーション上映作で選ばれて釜山から国内最初で 7日上映された.

PIFF デイリーによればこの日映画を観覧した移動陣映画評論家は別に 5個満点の中で 4個, 金洞式文学評論家は 4個, 朴ハン与えたオランダノトルダム大学映画科教授は 5個満点を与えて好評した.

しかし一般観客の反応は行き違った. ‘新しい感じの独特の映画で風変りな楽しさを与えた’と言う好評から ‘イ・ミョンセ監督の前作 ’刑事‘よりもっと難しい’と言う正反対の反応がこの日上映直後一般観客たちに出た.

カン・ドンウォンとゴン・ヒョジン, 李延喜が主演を引き受けたこの映画は天才小説家カン・ドンウォンが婚約者ゴン・ヒョジン, 初恋李延喜の間で悩む三角関係とミステリー(Mystery), メモリー(Memory), ミスチック(Mystic)など M字で始まる多様な意味を共に甘いことは映画だ.

前作 ‘刑事’でスタイリストというニックネームをもう一度確認してくれたイ・ミョンセ監督がカン・ドンウォンをまた主人公にキャスティングして撮影した映画で関心が高い. 来る 25日封切られる予定だ.

マイデイリー

|

« 監督が語る Mの見どころ | トップページ | 脚の長さ~。 »

M」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 監督が語る Mの見どころ | トップページ | 脚の長さ~。 »