« PREMIERE №30 | トップページ | 足のケガ »

Film2.0 №357

写真全部を総合すると
Film2.0が素敵です。

インタビューは釜山国際映画祭のあとなので
Mについてもしっかり語ってます。
コチラはドンウォン君のことより、
映画についていろいろ語ってます。

「メン・イン・ブラック」のような
ウイットのあるコメディーがやりたい・・・

ドンウォン君の願いにかなう、
シナリオが見つかりますように~。

023001000041

<M> カン・ドンウォン - のびやかな完壁主義者

コレも翻訳機だと、意味がわかりかねます…。が
気に入った言葉を残しておこうかな


=============
“毎映画ごとに目標があるのに, <M>は二つがありました. 言葉早くすること, そして現場で上げてしまおう. 結果的に目標したところは成したんです. 60~70%の場面が一番目, 二番目テークにOKが出ました.”

~~~~~~~~~~
“毎はく他の映画と思いました. 特にコメディー延期をした日本料理屋場面がおもしろかったんです. その場面が 3~4のびた分量の丸神さま院カットなのに朝から始終リハーサルだけ死になさいした場面です.”

~~~~~~~~~~
“<刑事> 焚く監督様と私だけ大好きで現場ででたらめに飛び回しました. 皆好きなのですよ. ところでそれが他の人々特に観客たちにはとても遠く行ったんです. そのため <M>ではお互いに自重したんです.(笑い)”

~~~~~~~~~~
インタビュー末尾カン・ドンウォンはもう自分の素質を見つけたと言った. “コメディーに一番下地があるようです. <もっぱらインブラック> のようなウィットあるコメディー. 本当にお上手な自信もあって.” カン・ドンウォンとコメディーだと, 充分に首をひねるに値するが “大衆の期待を裏切るのに楽しさを感じます”というのがその理由だ.

|

« PREMIERE №30 | トップページ | 足のケガ »

M」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« PREMIERE №30 | トップページ | 足のケガ »