« ダニエル・ヘニーVSカン・ドンウォン | トップページ | ウォンビン、活動再開 »

「ウヘンシ」100万部 目前

日本でも100万部販売の小説っていうと
かなりのベストセラーですよね?

日本より人口の少ない韓国ではなおさらのこと。

去年の10月に韓国に行ったときは
確かに平積みされてたもんね~。

作家のコン・ジヨンさんはキレイで上品そうな女性だけど
芯がとっても強いんだな~って
インタビューからも感じとれますね。
こういう人だから、魅力的な作品が書けるのかな~。



==============
2007年 9月 3日 (月) 11:49  連合ニュース


<今は韓国文学のルネサンス期?>

ナンソゴング' 'カルウィノ−という' 'ウヘングシ'..100万部目の前

小説家 ゾセフィ 義連作 '一寸法師が打ち上げたザックウンゴング'(ナンソゴング), キムフンの長編 '刀の歌', ゴングジヤングの長編 '私たちの幸せな時間'(ウヘングシ) などいわゆる国内正統文学作品 3編が相次いで販売部首 100万部突破を目の前に置いた.

日本小説を含めて恐怖, 推理, 恋愛, ファクションなどいわゆるジャンル小説が 2000年代国内文学市場を荒しているし, 国内新作たちが販売部首数千呼ぶ越すことができない状況などを考慮する時国内文学作品三つの方のミリオンセラー誕生は文学界内外で非常に驚くべきな現象で受け入れられている.

3日ゾセフィシによれば 'ナンソゴング'は今月の内で 100万部を取る予定だ. 産業化時代の陰で呻く都市下層民の生を盛り出したこの作品が初めて出刊されたことは 1978年におおよそ 29年ぶりに 100万部を取るようになったわけだ.

2000年代最高のベストセラー作家に数えられるキムフンの歴史小説 '刀の歌'(セングガックウィナム) も今まで販売部首 90万部を越した. 忠武公李舜臣 義生と内面を扱った '刀の歌'は作家がわずか 2ヵ月あまりぶりに筆を執ってもっと顔が売れた小説で 2001年初刷りを取った以後毎月平均 1万3天賦以上が売れて行った.

出版社関係者は "現在月平均 2千-3天賦ほどが倦まず弛まず売れて行っている"と既存販売推移を見る尚早ならば来年に 100万部を取ることができることと見通した.

三女を殺害した死囚と三度自殺を試みた大学ヨギョスの愛をグリーン 'ウヘングシ'(青い森)も 2005年 4月出版された後 8月末現在まで 86万部が売れて行って異例的な販売速度を見せている. この作品は去年宋海星監督が演出して 俳優カン・ドンウォン 科イナヤングが主人公に出演した同名の映画に製作されて高い人気を集めたりした.

特に 2ケ月ぶりに 10万部以上が販売されたキムフンのまた他の歴史小説 '南漢山城'(4月), 新経宿 義歴史小説 'リジン'(5月), 黄が暎の ' バリデギ '(7月) など今年出刊された国内作家たちの正統小説たちも相次いでベストセラーになって韓国小説の新しい復興期を予告している.

寒気号韓国出版マーケティング研究所長は "最近私たち文学作品でもリアリズム的伝統を受け継ぎながら個人的なことを一緒にさせようとする, すなわち巨大談論と個人話を結合した方式の作品が出ている"と "底を尋ねた私たち小説たちがまた上昇曲線を描いていることと見える"と評価した.

小説家黄が暎 さんは最近言論とのインタビューで韓国文学はもう敍事を回復したし当代問題を扱っていてもとの場所を取ったと言いながら, このごろ韓国文学を '沈滞期ではない最後の中興期'と見込んだりした.

|

« ダニエル・ヘニーVSカン・ドンウォン | トップページ | ウォンビン、活動再開 »

私たちの幸せな時間(韓国)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ダニエル・ヘニーVSカン・ドンウォン | トップページ | ウォンビン、活動再開 »