« 結婚式 | トップページ | ジェイソン・ボーン役の似合う芸能人は? »

トロント映画祭 反応

トロント国際映画祭の記事が上がってきました。

好評だったようで、一安心です!

(韓国の記事だから鵜呑みにできないけど…)


早く観たいな~。
映像の魔術師?イ・ミョンセ監督の映画だから
ストーリーより、芸術性、技術を楽しむものなんじゃないかな~と
最近思うようになってきた…。

ということは、興行成績とかは関係ない!
玄人好みの映画なんだろうな~。

って考えすぎかしら~



=======================
2007年 9月 12日 (水) 14:22  EPG

カン・ドンウォン主演 'M', トロント映画祭好評!

世界 4大映画祭中の一つな トロント 国際映画祭ビジョン(Vision) 部分に公式の招請された イ・ミョンセ 監督の この現地観客たちと言論たちの爆発的な関心と熱い反応を得た.

<형사 DUELIST> 路 2005年同じセクションに招請された事があるイ・ミョンセ監督は第 32回トロント国際映画祭に直接参加するために去る 9日出国したり.

すぐれた映像美と新しい試みで作品ごとに海外映画祭で高い関心を受けて来たイ・ミョンセ監督の次期作 義一番目上映直後, 客席では烈火のような起立拍手が溢れ出た.

特に上映後進行された Q&A 時間では現地観客たちと言論たちはイ・ミョンセ監督と映画 に対する質問攻勢を広げて映画に対する熱いひざを乗り出して予定されていた時間をふらりと越してからこそ終りを出すことができた.

引き継いで起ったフォトタイムではイ・ミョンセ監督を向けた零れ落ちるカメラフラッシュ洗礼で現場で目をまともに開くことができなかったと映画祭に参加したエムエンエプシ海外チームは映画 に対する爆発的な反応を伝えた.

トロント国際映画祭は世界 4大映画祭である同時に北米最大映画祭で映画輸出版権が一番活発に論議される映画祭という点で 義受賞と版権販売結果に注目される.

これとしてトロント国際映画祭に引き続き 10月に開幕する 釜山国際映画祭 で上映が予定されている 10月 25日国内封切りを控えてつとに国内外で関心を集中させている.

<형사 DUELIST> 以後光と闇という新しいキーワードを持って帰って来たイ・ミョンセ監督の新しい試みと <우리들의 시간 행복한> で演技力を立証した 俳優カン・ドンウォン 義また他の変身で注目されている ‘悲しいように恐ろしくて美しい愛話’ 銀 10月 25日封切り予定だ
EPG スターチャンネル

|

« 結婚式 | トップページ | ジェイソン・ボーン役の似合う芸能人は? »

M」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 結婚式 | トップページ | ジェイソン・ボーン役の似合う芸能人は? »