« ウォンビン、活動再開 | トップページ | 幼い時代さえワンソナム »

'M',釜山国際映画祭で国内初

おー、やっと最新情報ですよ~。

やっぱり来ました、釜山国際映画祭。
Duelistの時も釜山に行ったからね、イ・ミョンセ監督。

2005年の釜山国際映画祭のときは
とっても素敵だったけど、
大パニックになってしまったでしょ…。
心配だな~。

でも、アジアプレミアってことはドン君も現れる???

2005年の第10回釜山国際映画祭の写真です。
このときにドンウォン君は妻夫木君と会ったのでした…。


385428810055038193 629323649691339972 721129263422295614

















=================
2007年 9月 4日 (火) 18:22  イーデイリー


カン・ドンウォン主演 'M',
釜山国際映画祭で国内初線


[イーデイリー] カン・ドンウォン主演の映画 ‘M’今12回 釜山国際映画祭 を通じて国内で顔見せをする.

‘M’は来る 10月4日から 12日まで開かれる釜山国際映画祭の新設プログラム ‘ガーラ(GALA)プレゼンテーション’の上映作で決まった.

‘ガーラ(GALA)プレゼンテーション’はワールドあるいはインタ−ナショナルプレミア作品と巨匠たちの新作または話題作を紹介するセクションだ.

‘M’は来る 26日から開かれるトロント国際映画祭ビジョン部門に公式の招請されるによって今度釜山国際映画祭ではアジアプレミアで上映される.

‘M’は初恋のもうろくに苦しむベストセラー作家民友(カン・ドンウォンの方)と彼の粹で理知的な婚約女恩恵(ゴン・ヒョジンの方), 霧のように近付いた内緒な女人微微( 李延喜 分)が現実と夢, 過去と現在を行き交いながら広げる話を盛り込んだミステリーメールだな. イ・ミョンセ 監督がメガホンを取った.

|

« ウォンビン、活動再開 | トップページ | 幼い時代さえワンソナム »

M」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ウォンビン、活動再開 | トップページ | 幼い時代さえワンソナム »