« キム・スンウ Playboysを語る | トップページ | トロント国際映画祭HP »

スター監督 「ビッグ3」 大激突

この秋は有名監督の新作の公開ラッシュらしいです。

ホ・ジノ監督は私でも知ってる有名な方ですね、

チャン・ジン監督は、日本に来日されていました。
(ちょうど今ハングル講座でインタビューが流れてました)
今回のコメディは日本映画のリメイクだそうです。。。

そして、イ・ミョンセ監督。。。


ポスターだけみてと、「M」だけミステリー過ぎて
難しそうなんだけど、大丈夫かな~。



左から「幸せ」「正しく生きよう」「M」
200709110930159050




※ホ猿護監督 =ホ・ジノ 監督です。
※じゃン・ジン監督=チャン・ジン 監督です。

================

2007年 9月 11日 (火) 09:30  OSEN

10月, 韓国スター監督 'ビッグ3 大激突'

来る 10月 ホ猿護 じゃン・ジン イ・ミョンセ など韓国映画スター監督たちが激突する.

先に ‘ 8月のクリスマス ’ ‘春の日は過ぎ行く’ ‘ 外出 ’で韓国メロー映画の代表走者に浮び上がったホ猿護監督. 虚監督は療養院で会った二人の男女が幸せな恋愛を始めるが残忍に変わって行く愛の話をグリーン ‘幸せ’(10月 3日封切り)を ‘外出’ 以後 2年ぶりにお目見えする. 虚監督のメロー感性に荒政民林修正の好演が加わって愛の苦みと甘口をそのまま見せてくれる.

10月 18日には ‘忠武路の語り手’ じゃン・ジン監督が脚本を書いて企てた ‘正しく生きよう’(ラフィチァン監督)が封切りする. その間自分ばかりの独創的なスタイルを構築して来たじゃン・ジン監督は今度作品を通じて本格コメディーをお目見えする予定だ. ここにじゃン・ジン監督とコンビである浄財霊異融通性 0%である警察役を引き受けて皮肉としか言いようがない状況でもたらすユーモアとウィットをお目見えする.

10月 26日には ‘忠武路の スタイリスト ’ イ・ミョンセ監督‘M’が封切りする. イ・ミョンセ監督とカン・ドンウォンの二番目出会いで話題になった ‘M’は天才ベストセラー作家が 11年ぶりに初恋に会いながら夢と現実, 現在と過去が入りまじながら起るミステリーメロー映画だ. ‘M’は最近 'Memory, Mystery, Melo'というキーワードで M-Dayをランチングして観客たちの好奇心を刺激した.

それぞれ他のスタイルで韓国映画界を代表する監督で落ち着いた三つの監督たちの激突が下半期韓国映画の宣伝を導くことができるか帰趨が注目される.

|

« キム・スンウ Playboysを語る | トップページ | トロント国際映画祭HP »

M」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« キム・スンウ Playboysを語る | トップページ | トロント国際映画祭HP »