« 浮気モノキャラクター№1 | トップページ | モデル時代 »

2007年秋の映画事情

今年の秋夕の連休を含めた9月の映画情報です。

9月だから「M」は関係ないんだけど、
イヤな思い出を蒸し返してくれてます…
記者さん…

2005年「デュエリスト」はヨン様の映画と一緒に
大コケしました…とさ。

去年の「ウヘンシ」はスートップ映画で
みんな心配してたけど
成功したよね~って記者さん抜けてますよ…。

Mは10月末だからとりあえず安心。
それにしても今年は「家門シリーズ」ないんだね…。



===============
ここもあそこもコメディー '笑い映画館通り'

ここを見てもコメディー. あそこを見てもコメディーだ.

中秋書き入れ時が立ち込めている 9月映画館通りのキーワードは ‘コメディー’だ. ‘ブラボーマイライフ’(パク・ヨンフン監督·6日封切り)を始まりに ‘権純分女史拉致事件’(キム・サンジン監督)と ‘楽しい人生’(イズンイック監督). ‘二つの顔の彼女’(イソックフン監督·以上 13日封切り). ‘二士夫一体3-上司部一体’(シム・スンボ監督·20日封切り) などコメディージャンルを標榜する韓国映画だけおおよそ 5編や封切りを待っている. コメディーどうし噛んで噛まれる興行血闘が起る見込みだ.

9月に封切られる韓国コメディー物たちの共通点は ‘マルチトップキャスティング’で捜すことができる. ボン・テギュと精励院が男女 ‘ツートップ’である ‘二つの顔の彼女’を除いた 4編の作品は皆約束やしたことのように 4人の共同主演を立てている. ‘ブラボー~’にはバックユンシックイムハリョング朴浚圭林兵器などが共同主演を引き受けたし. ‘権純分女史~’にはナムンフィを中心に柔らかくなったカン・ソンジン儒巾などが布陣しているし. ‘楽しい~’にはジョン・ジンヨン金尹錫金サンホザンググンソックなどが男性四角編隊を形成している. ‘~上司部一体’ やはりチョン・ジュンホキム・サンジュンジョン・ウンインゾングウンテックなどが ‘鏡餠呼吸’を合わせた 1·2編と同じくイ・ソンジェ孫チャンミンパク・サンミョンキム・ソンミンなどアクター 4人を先に立たせている.

映画館通りを狙った映画たち間でこのような ‘マルチトップキャスティング’ 流行が吹き始めたことは去る 2005年秋夕シーズンからだ. ベ・ヨンジュン·ソン・イェジン主演の ‘外出’とハ・ジウォン·カン・ドンウォン主演の ‘刑事 Duelist’が興行対決でシン・ヒョンジュン金首尾キム・ウォンヒタックゼフンなどが出た ‘家門の危機 : 家門の光栄2’に並んで敗れながら. ‘中秋書き入れ時はマルチトップキャスティング’と言う(のは)等式が大勢のように固まっている. 去年も多くの名医トップスターたちが群れをなして出演した ‘タチァ’と ‘家門の復活 : 家門の光栄3’が興行で成功をした.

一方同じなコメディーだが他の点も目立つ. コメディーの前に ‘ヒューマン’ あるいは ‘ロマンチック’と言う(のは)単語が付くのかと付かアンヌなのかと車だ. 中年男性仮装(家長)たちのロックバンド結成期と言う(のは)素材がまったく同じな ‘ブラボー~’と ‘楽しい人生’はヒューマンコメディーで. ‘権純分~’と ‘~上司部一体’は一般的なシチュエーションコメディーでそれぞれ分類される. また ‘二つの顔の~’は典型的なロマンチックコメディー.

一映画界関係者は “秋夕にはコメディー. それも多様な年齢帯の観客たちが見やすいコメディーが興行に成功するという公式が広く広がって見ると今年の秋にもコメディー物たちが洪水のように零れ落ちている”と “ダニエル数えたら主演のドラマ ‘マイファーザー’(ファングドングヒョック監督·6日封切り)とジュ・ジンモ·朴試演主演のメロー物 ‘愛’(クァク・キョンテク監督·20日封切り) などコメディーではない二つの作品がどんなふうに差別化戦略に成功するかも関心事だ”と分析した.

2007/08/27 11:28

|

« 浮気モノキャラクター№1 | トップページ | モデル時代 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 浮気モノキャラクター№1 | トップページ | モデル時代 »