« 所属事務所のこと…2 | トップページ | ライバルはどの映画? »

movieweek 2007.08.15

2007年下半期公開の映画が決まってきたようです。

とりあえずmovieweek 2007.08.15 号より

翻訳機なのでかなり意味不明だけど…
相変わらず、シークレットな内容ですね。

2007 下半期(Fall,Winter),
障りないラインナップ(2編)-韓国映画

M 

監督イ・ミョンセ | 主演カン・ドンウォン李延喜ゴン・ヒョジン | 封切り 10月 26日 | ジャンルミステリーメロー
Hot Line あなたが捜そうとたいてい, 待った Mに会う!

“ <인정사정 없다 것 볼> 街追跡, <형사> 街対決なら, 銀輝く闇に対する私の追跡だ.” 韓国の代表的なスタイリストであるイ・ミョンセ監督は非凡ではない映画 に対してこんなに言う. まず 銀普通ではない話で私たちを魅惑する. 結婚を控えた天才ベストセラー作家ハン・ミン優は新しく入って行く小説が解けなくて不面の夜を過ごして神経が鋭敏になる. そうしたある日から誰かの目が自分を向けるということを感じるのに, 何かにひかれるように尋ねた居酒屋ルパングバで紫色服を着た少女に会う. 彼女はすぐ 11年前別れた自分の初恋微微と同時に誰かの目であることだ. これから民友は夢と現実, 現在と過去の境界が崩れる混乱を経験する. 私たちが を対する時一番先にかかる考えは題目が持った象徴性だ. いったい この意味することは何だろう? ‘Memory, Mystery, Melo, 民友, 微微’ など ‘M’の意味することは映画が表現しようとすることの集合体だ. ここにイ・ミョンセ監督の言葉を付け加えよう. “民友と微微の関係で私が一番追い求めることは日常性のファンタジーだ. 私たちが忘れてしまったことと捜し出さなければならないものなど, 私たちが眺めなければならないことと見てはいけないものなどに対するのだ.” この言葉がとても形而上学的だと思うことができるが映画は先立って話した夢と現実, 過去と現在を明らかに分かるように表現して, それらを光と闇の中で具体化する. 洪警標撮影監督は “ を通じて暖かい光, 恐ろしい光, 悲しい光など感情とニュアンスをいかそうと思った. 光にも表情があることだ”と言う. 前述したイ・ミョンセ監督の ‘輝く闇の追跡’と相通ずる言葉だ. 本当に中に東を追い求めるカメラは動きが少ないようだが人物の心理によってダンスをする. 造成優音楽監督の引き受けた音楽は人物たちの感情に付いてムルギョルチンダ. ところでこのすべてのものが誰も一度思い出す初恋のときめくことを表現してえがらさを思い浮かぶためのことだと感じる瞬間あなたは無数に多様な意味を含む に捕らわれるでしょう. また一つ を通じて今まで見られなかったカン・ドンウォンの感性延期を見つけるでしょう. イ・ミョンセ監督が広げる魔法を通じてあなたが恨み を見つける幸運が込められてほしい. 

|

« 所属事務所のこと…2 | トップページ | ライバルはどの映画? »

M」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 所属事務所のこと…2 | トップページ | ライバルはどの映画? »