« 「Playboys」の活動は? | トップページ | MVIO 2007SS »

「M」メイキング撮影記事

ベールに包まれた「M」

監督と監督の先生との対談が記事になってます。

長いし、翻訳機も役立たずだけど、
監督(訳中は「これ」になってます。)は
もちろんドンウォン君をべた褒め。
演技しなくても、絵になる男ってこと?

うれしいのは、この女大先生も褒めてくれてるところ。
ぜひ、読んでみては?

公開は10月予定だそうです。


スタイリスト監督って…。ドンウォン君を大好きな理由も納得かも。

====================
2007年 3月 14日 (水) 18:09  中央日報

[me] 櫓師匠, 'イ・ミョンセの M'をカメラに収める

彼の新しい映画 'M' 撮影現場には高令の女性スタッフが一人いる. ソングヒェスック(66.(左)) 私は ソウル芸大 教授だ. 国内演劇.映画俳優たちの代母で, 1年前停年退任式の時映画俳優キム・スロ.柔らかくなった, 映画監督じゃン・ジン, 演劇俳優 ゾンムソング 同じスター弟子たちが集まって話題になった. ソウル芸大映画科 77学番であるこの監督もソング教授の 30年弟子だ. ソング教授はこのごろカメラを肩に背負って 'M'のメイキングフィルムと 'ドキュメンタリーイ・ミョンセ'を取っている. 停年退任後ドキュメンタリーを取りたいという所望を明らかにした彼だ. "断片映画演出授業の時作った初作品を見て才能を確信した"と言う彼は "イ・ミョンセ監督様こそ映画天才"と愛情を隠さなかった (ソング教授はずっと 'が監督様'という丁寧な尊称を使った). 二人をソウル 江南区清淡洞 義 '映画社 M'から会った. 'M'はお互いを調べて後援して来た二人の隠密な暗号みたいだった.

-どんなに成り立ったプロジェクトか.

ソングヒェスック=元々映画がとても好きだったし, ドキュメンタリーに対する長年の夢がある. もちろんイ・ミョンセ映画の大ファンで. この監督もお金たくさん儲ければドキュメンタリー製作コストを出すと言ったが, 今度撮影現場を提供して約束を守った(笑い). 撮影を助ける卒業生一人と一緒に秒速性撮影実習を受けて現場に出た.

-掻師匠が最高令スタッフで見守るのが負担ではないか.

イ・ミョンセ=アメリカには八十過ぎた撮影スタッフ.製作者.監督が多いのに最近我が現場は急激に, あまり若くなった. 先生みたいな方がたくさん出なければならない. あんまり弟子たち飲み代.ご飯値に小遣い取りそらえることで有名な方だ. 現場にサンドイッチも作っていらっしゃって私に包んでくださったニンニクと補薬も一包みだ. 一言でチォングンマンごとに. 家族のようにお目にかかって見たら弟子の本分を忘れる時も多い. 造成優 音楽監督が弟子当たると問っていたよ.(笑い)

-この監督作品をどんなに理解するか.

ソング=国内でナレーティブ中心ではなく映画的な映画を撮るほとんど唯一の作家監督だ. リズム.色感.ミザングセンなど彼の映画言語がまともに理解受けることができずにただストーリー中心に評価される風土が切なかった. 映画では何よりメッセージが重要だという, 左派映画.テーゼ映画の強い伝統ためだと思う.

-ドキュメンタリー題目が 'Mを捜して'だ.

ソング=イ・ミョンセはまだ映画を捜して迷う人だから. ミザングセン(mise-en-scene), 動き(motion), 映画(movie)が皆 Mだ. よりによって新しい映画題目が 'M'で主人公も民友だ. イ・ミョンセも Mで. 結果的に '迷路(maze)を捜して'だ. メイキングフィルムは延期演習, 俳優たちの変身, 照明.空間.デザインなどメイキング全過程をき帳面に収録するつもりだ.

-前作 '刑事'は評価が行き違った. 筋書より感情のドラマをイメージで表現した監督の意図が半分の成功をゴドオッダルカ.

これ=私はただ映画を映画的に証明したいだけだ. 実は新しい話と言う(のは)ない. 新しいことがあって, 重要なことは映画の文体だ. 最近私たち映画の素材が多様になったとは言うが映画自らの多様性は失踪されたようだ. 'M'でも私は私の道に行くだけだ.

-イ・ミョンセはどんな学生や.

ソング=イメージに対する才能が特別だった. 今もところがただ映画だけ思って映画の話ばかりする学生だったし. 私と映画的によく通じて卒業後にもシナリオが完成されれば私に見せてくれるのがイニシエーションだった.

これ='詩人は 24時間時だけ思いなさい'は ボードレール 義ではなくある. 私は映画的才能がとてもすぐれた人ではなく 24時間映画だけ思っても足りない. 夢も主に映画夢だ. エルプリドヒッチコック, オッズヤスジで , 五線ウェルスが出て, この前にエーディーを勤めた 金洙容 監督様もよく出る. 私の映画人竝び分かって行って見れば監督様演出に変わっているのだ. 学生たち試験を受ける夢みたいなことだ.

-初めて映画挑戦なのに演劇との冷たくは何か.

ソング=演劇は限定された空間の中で俳優と観客が直接会う. 映画が作ることができない熱い部分がある. 一方映画はずっと自由でクールする媒体だ. 映画演技と演劇延期の差に対しても通察を得ている. この前には別に差ないと感じたが, 演劇の 'メソッド延期'をスクリーンにそのまま要求することは無理と思う.

これ=演劇的演技が感情の連続, 流れなら映画は今, 刹那の延期だ. 俳優が人物と状況の全体がすべて分からなければならないということは誤解だ. 水飲む延期ならそこにさえ集中すれば良い. また映画のショットには感情がある. 普通クローズアップなら俳優が表情演技を加えるのに, ショット自体に感情があるから何もしなくてじっといるのが最善だ. カン・ドンウォンとは '刑事'に引き続き二番目出会いなのに彼が花美男俳優という偏見, あるいは映画的演技に対する固定観念を壊したい. 普通名演なら泣き叫ぶ延期, 奇形児演技みたいなことを高く打つのに, むしろショットの感情を理解してショットの中でよく動くのが立派な映画演技の基準ではないか. カン・ドンウォン.チャン・ドンゴンみたいな学ぶ彼らが持っているどれのため延期をしなくても良い局面がたびたびある. その人が持って生まれたことも延期の一部で認めなければならない. カン・ドンウォンは私がそのまま 'オオング'すれば 'ええ' しながらものすごく聞き分ける.

ソング='M'を通じて 俳優カン・ドンウォン を新たに見つけるようになった. この監督と似ている DNAを持った魂ではないかと思う. 才知が鋭くさとくて感受性が豊かな学ぶ. 映画的演技に対する発見, イメージに対する実験. 'M'はイ・ミョンセ映画の楽しさをプレゼントするでしょう.

文=ヤングソングフィ記者

イ・ミョンセ監督の映画 'M' は …初恋のもうろくに苦しむ小説家

10月封切り予定である 'M'は '刑事'で初めてイ・ミョンセに会ったカン・ドンウォンが主演してゴン・ヒョジン.李延喜などが出演する. 美男小説家が初恋のもうろくに苦しむ話だ. ふっとメローのように見えるがスリラー.恐怖など多くのジャンルが一団となる. '刑事' 時ビジュアルに比べて筋書が貧弱だという評価を受けたこの監督は "話にも重点を置いた"と意欲を見せた.

'Taegukgi'の洪警標撮影監督が初めてこの監督と呼吸を合わせる. この監督が直接プロダクションデザイナーを引き受けたことも異彩だ. 監督の美学をよく生かしながらアートディレクターギャランティーなど製作コストを惜しむためだ. 100億ウォンに迫る製作コストの '刑事'と違い 'M'の順序製作コストは 30億ウォン未満. ぎりぎりな暮し肉だがもっともらしい '色'を出すイ・ミョンセの魔術が現場では連日話題だ. 協賛受けた通有里と違う映画セットから取り離して来た廃品タイルで完成したホテルセットが代表的だ. 製作コストは 150万ウォンだが效果は 1000万ウォン台ロックショリセットといううわさだ. 他のセットたちも皆リサイクル, リモデリングでチープに完成された.

ベストセラー作家民友常に後頭部にとどまる視線を感じる. ある日奇妙な雰囲気の居酒屋で神秘な女人微微(李延喜)に会った彼. しかし婚約者恩恵(ゴン・ヒョジン)の電話に出て覚めた彼はすべてのものが夢だったのを分かるようになる. 民友は幻想の中女人と同時に初恋微微を追跡する. '刑事'のキーワードだった '動き'に '光と影'という新しいキーワードを引き入れた. '光と影'は 'M'の撮影.照明.セット.延期などすべての美学を貫くキーワードだ.

|

« 「Playboys」の活動は? | トップページ | MVIO 2007SS »

M」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「Playboys」の活動は? | トップページ | MVIO 2007SS »