« お褒めの言葉 | トップページ | プロポーズしたい芸能人 »

「あいつの声」前評判は?

大作の強敵がないせいか
前売りは1位。でも「ウヘンシ」みたいな
圧倒的な占有率ではないな…。

マスコミの評判もイマイチ。
でも、公開してみたらヒットなんてこともあるしね…。
2番目の記事はちょっと長いけど、
どんな映画かわかる記事なので
よかったら読んでみてください。

ここでも、ドンウォン君は褒められてるよ!
演技に対する誠実な態度が
結果に現れてるのかな~。

=============
2007年 1月 31日 (水) 15:21  EPG

<あいつ声>, 前売り順位圧倒的 1位!

ソル・ギョング, キム・ナムジュ 主演の映画 <그놈 목소리가> 封切りを一日控えて前売り順位 1位を記録している.

31日午後 <그놈 목소리> 義前売り率は チケットリンク , インタパーク, シズル, イエス24 , マックスムービー 5台前売りサイトで皆50% をふらりと上回るとか迫る高い数値を記録している.

これは各種ネチズンフォールで 2007年最高の期待作 1位を占めた映画 <그놈 목소리> 義興行パワーを立証している.

特に時間が経つほど 2位との格差がもっと広げられている成り行きで, 前売りが本格的に始まる今日以後にはもっと圧倒的な数値を記録するようになることと予想される.

2007年最高の期待作 1位, 圧倒的な前売り率 1位を記録して興行予感を催す映画 <그놈 목소리> 増えた誘拐犯に幼い息子を奪われて, 執拗な脅迫電話に苦しむようになった親の思い焦がれる 44日間を描いた映画.

一方 ‘1991年異形号だね誘拐社でも’ 実話モチーブで話題になったし, < お前は私の運命 >の興行監督 迫真表 演出, ソル・ギョング, キム・ナムジュ, カン・ドンウォンの熱演で期待を集めている <그놈 목소리> うん来る 2月 1日封切られる.


========
2007年 1月 30日 (火) 09:41  スポーツ朝鮮

[映画記者 3金のわいわいシネ合評] (1) 'あいつ声'

 スポーツ朝鮮が既存の常識を壊すシネマレビュー '映画記者 '3金'のわいわいシネ合評'を新しくお目見えします. 本紙の映画専門記者 3人の障りなくて率直な批評を難上討論で編み出すんです. 一体の '先入観'を排除したまま '見て感じたそのまま'を形式にかかわらず, 虚心坦懐に取り交わします. たまには気まずい音も, 障る表現も躊躇しないだろう. 読者により率直に近付くために努力します. これからより多様な意見聞き取りのために映画関係者と読者までこの公開の章に招待する計画です. 見てから解剖した一番目映画は ' お前は私の運命 'で第26回青竜映画賞監督賞に輝く 迫真表 監督の 'あいつ声'(製作映画社家)です. 読者皆さんのしんらつな指摘を当付させていただきます. <편집자주>

 金人口記者(以下句)=児ちょっとそうだね. ファクションドラマというのが目障りです. 他の補だから映画的に風変りな試みと誉めるブンウィギドンデの前ちょっと違います. 映画の最後の場面で見える 'あいつ声'の公開手配(捜査当時の真犯人声をそのまま聞かせる)と言う団地イシューを作るための装置という考えの外にはする理由がなにかです?

 金声援記者(イ・ハウォン)=そうね, そうは一所…. それでもその試みに意味があるんじゃないか. ファクションドラマがこのごろ成り行きでもあって. アメリカボックスオフィスで人気を呼んだ 'ボラッ'も分かってみればドキュメンタリーみたいな技法が気を引いたんですって. そのように近付きたいです.

 ギムチォンホング記者(以下紅)=問題はそれよりはのっぺりしているナレーティブにあるのではないでしょうか? 1991年異形号だね誘拐殺害事件だというとても毒毒しい話が素材にもかかわらずあまり力強い味はないです.

 句=そうです. 誰も分かっている素材のうえあまりにもファクトにだけ泥んだあげく映画的な楽しさを逃したのです. 実は映画見ながら中間にたくさん退屈だったです. 毎映画場面とナレーティブごとに楽しさと感動のあることはできないけれども.

 円=そうです. 今度は迫真表監督の前作 'お前は私の運命' 位爆発的な感性はなかったんですよ. ただ単調で平易で力がない感じ. しかし俳優たちの演技は拍手をバッウルばかりします. 特にソル・ギョングの ラストシーン 銀感動, 感動! 子供がいるパパとして自分も分からなく目に涙がたまりました.

 紅=カン・ドンウォンも好きだったです. 今までは演技力が劣ると言うのが大勢だったが声延期一つでこんな憂慮をすっきり洗いますね. カン・ドンウォンが '私たちの幸せな時間' 以後でますます成長するのが見えて本当に格好よいです. 代わりに久しぶりに演技者でカムバックしたキム・ナムジュはただ平凡な水準位か. それでもコ・ソヨン位酷評は聞かないです.

 円=私もキム・ナムジュの演技には相変らず懐疑的です. 'セングオル' 延期, 演技に没入したあげく涙を片付けることができなかったというメイキングストーリーを聞いたが何か惜しいです. キム・ナムジュだけが持った, キャラクターに対するもっと深いエネルギーが出るようなのに…

 句=ソル・ギョングは最後神さまが好きだったがそれでも惜しいです. 期待がカーソルーそれはが. とにかく '力道山'から ' 公共の敵2 ', ' 愛を逃す ', ' 熱血男児 'につながる興行不振の多い荷になっているようですね. やっぱり 'ハッカ飴' 位彼をよく見せてくれた役目はなかったことみたいです.

 紅=とにかく映画は素材の独特さにもかかわらず全体的に緊張感が減ります. それで私の降りた評点は 10点満点に 6.8点.

 円=それでも迫真表監督は 'お前は私の運命'で見たようにファクトを映画的に消化する能力は認めますよ. 興行もよくできたら良いが…. 私は 7.5点.

 句=そうだよ. とにかくもう分け前は観客たちに移りました. 観客たちの選択を今に見ろで. 私は 6.1点.

 大韓民国を代表する性格派 俳優ソル・ギョング わ粹な都市女性の代名詞だったキム・ナムジュ. この二人の俳優が初めて映画で呼吸を合わせた. 一所に映画は荒くも, 粹でもない. ただ二人は映画の中でこんこんと泣いて怒った. そしてこれからは観客たちを泣かすところだ. なにとぞ 'あいつ'を取ってくれと言って. 映画 'あいつ声'(監督迫真表, 製作映画四集)の主人公ソル・ギョング, キム・ナムジュとソウル三清洞の一カフェーでティータイムを持った.

 ★無条件信じた vs 怖かった

 "' 死んでも良くて 'という映画を見て迫真表監督にひかれました." ソル・ギョングはこのように '毒毒しい' 映画を作った人なら激 '毒毒しい' 監督ではないか思った. 必ず一度作品を一緒にしなければならない心に決めた. そうする中朴監督と会った席で出演提議を受けた. シナリオも出なかった状態でそのままOKをした. 自分が引き受けた役目の劇中職業がアンカーだったという事実も後では分かった. 一方キム・ナムジュはシナリオを受けた瞬間身震いをしたの. しかしシナリオ後ろのページに書いていた企画意図が彼女の心を一瞬にして回して置いた. '力無い児童を誘拐して殺害したのに対しては 公訴時效 行っていることができない… 法は彼を許したのか分からなくても私たちは決して彼を許さなかった.'

 ★顔

 ソル・ギョングは "映画撮影をしながら他のものは分からなくても顔はぜいたくな暮らしをした"と言った. それもそのはずなのが監督の要求事項は一つ. なるべく青白く見えなければならないというのだった. このためにソル・ギョングは撮影手始めの前顔細かいほこり除去とフィーリング手術まで受けた. こののみならずソル・ギョングのそばには傘とソンブルロッククリームを持ったスタッフが常にあった.

 反対にキム・ナムジュの顔は常に疲れなければならなかった. 朴監督は 'こんこんと運, しかし今は泣かない' 顔を注文した. このためにキム・ナムジュはきれいな顔をわざわざ腫れるようにして, やつれて青白くした. ソル・ギョングは "今度映画撮影を通じて迫真表監督の悪魔的本性がすべて現われた"と言った.

 ★エピソード

 重い素材を扱った映画だったが撮影場が常に憂鬱でばかりしたのではなかった. アンカー役を引き受けたソル・ギョングのエピソード一つ. 放送メントをする場面で急に李ユンソンアンカーの姿が浮び上がったの. それで李ユンソンアンカー特有のジェスチャーと目つきで延期をするのにところで 'カット' 死因が出た. 朴監督の不好領が落ちた. "拝啓さん, ちょっときちんと座るの!" ' それが分かりたい ' アシスタントディレクター時代事件の痛みを誰より深く共感した朴監督としては徹底的に真剣になるしかなかったからだった.

 ★及ぶように取りたい

 二人は "'あいつ声'の興行は興行以上の意味と大切さを持つ"と口をそろえて言った. 一人でも映画をもっと報告, どこかで呼吸している 'あいつ'をしっかり取らなければならないということ.

 "撮影の前遷都制を執り行ないながら会ったその異形号君のお父さん顔を忘れることができません. 映画街 'あいつ'を取るところ, そしてあとこのような事が起こらないようにすることに少しでも助けになったらと思います." <김천홍 FLASH@, NOODLE@ 기자 사진="전준엽">

|

« お褒めの言葉 | トップページ | プロポーズしたい芸能人 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

カン・ドンウォン」カテゴリの記事

あいつの声」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「あいつの声」前評判は?:

« お褒めの言葉 | トップページ | プロポーズしたい芸能人 »