« のんびりしすぎ。 | トップページ | あいつの声とドンウォンの声 »

メル・ギブソン方式?

ドンウォン君の出演作品選びは
メル・ギブソン式だと…。

韓国でのドンウォン君の位置づけが
変わりつつあることがわかる
記事ですね。

ますます「俳優」が板についてきたのかな?

下の写真は記事についていたもの。
ドンウォン君の変化がなんとなくわかる写真でわかりやすい!

200702041954120110_1












2007年 2月 4日 (日) 19:54  ニューシース

カン・ドンウォン, 花美男顔を消す

カン・ドンウォン(26)は名実共に花美男学ぶ. 自ら “鏡を見る度にブスだと思う”と言うことはした. しかしおこる ‘波紋’ 発言に恥部されてしまった.

大衆はカン・ドンウォンを見る度に純情マンガの中男主人公をすぐ思い浮かぶ. そのイメージが極大化されたことが ‘オオカミの誘惑’だ. この時カン・ドンウォンは少女の感性コードを刺激した. 傘の中彼の顔がクローズアップになる場面で少女ファンたちは歓呼したし, 携帯電話カメラを取り出して写真を撮った. ‘カン・ドンウォンシンドローム’の手始めだ.

しかしカン・ドンウォンは成功が保障された花美男イメージ繰り返しを拒否した. ドラマ ‘マジック’の失敗が刺激になったことがある. ドラマが期待以下の完成度と視聴率を見せてカン・ドンウォンは ‘過大評価された俳優’というレッテルを貼られたりした.

カン・ドンウォンの以後歩みはチャン・ドンゴンと似ている. やはり美男俳優というくびきに捕らわれていたチャン・ドンゴンは イ・ミョンセ 監督の ‘ 情け容赦もない ’を通じて真正な演技者の道で方向を切り替えることができた. 以後 ‘海岸線’, ‘友達’ などを通じて経った男性美を発散した.

カン・ドンウォンもイ・ミョンセ監督に会った. ‘刑事-デュアルリスト’の ‘悲しい目’ キャラクターはカン・ドンウォンの神秘的なイメージを酷く美しい形態で形象化させた. 映画はたとえ興行に失敗したが, ‘刑事廃人’という援軍を得ることができた. これはカン・ドンウォンの独特の歩みが意味を加えることができる基点になった.

花美男俳優たちの脱(脱)イメージ戦略は実は図式的だ. グァン・サンウは ‘野獣’を取ったし, チョ・インションは ‘ 卑劣な距離(通り) ’を取った. ひげを育てて入れ墨をして, 荒く寝転んで ‘ノワール’に挑戦する. ハリウッドスターブレドフィートが酔った方式だ. ‘ デルマとルイス ’の魅力的なカウボーイ青年フィートが以後 ‘セブン’, ‘ ファイトクラブ ’などを選択した式だ.

カン・ドンウォンはこれと少し違う. 敢えて比べようとするとメル・ギブソン式方法論だ. 青年時代尻がセクシーな花美男学んだメル・ギブソンは以後社会派で変身した. 宗教, 人種問題などに関心を見せたら結局製作者に出た. ‘ ファッションオブクライスト ’, ‘ アポカルリブト ’ など彼の作った映画たちは論難に包まれたがギブスンに対する評価は転換された.

カン・ドンウォンの映画たちも社会的論難を引き起こしている. 死刑制度の存廃可否に疑問を投げた 私たちの幸せな時間’は手始めであるだけだ. 最新作 ‘あいつ声’では敏感な 公訴時效 制度の廃止を訴えている.

こんな映画で引き立つ外貌は不必要だ. ‘私たちの幸せな時間’でカン・ドンウォンを置いて ‘とてもハンサムな死囚’という論難がおこったことが表示だ. ‘あいつ声’ではかえって顔を消した. カン・ドンウォンは声にだけ登場する. 友情出演で誤解してはいけない. 映画全体に一緒にしたし, 誰よりも切々たるように演技したが顔だけ覆ったのだ. 花美男のくびきを脱ぎたいカン・ドンウォンの心より理解しなければならない.

カン・ドンウォンは次期作 ‘M’でもイ・ミョンセ監督とともにする. 彼のフィルモグラフィーが充実に満たされている. ここに胸がいっぱいに思っている人々は少女ファンたちだけではないだろう. カン・ドンウォンは社会的選択を通じて役目を拡張させた.

<사진> 銀

|

« のんびりしすぎ。 | トップページ | あいつの声とドンウォンの声 »

カン・ドンウォン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: メル・ギブソン方式?:

« のんびりしすぎ。 | トップページ | あいつの声とドンウォンの声 »