« メル・ギブソン方式? | トップページ | 「あいつの声」第2週前売率 »

あいつの声とドンウォンの声

ドンウォン君の声演技が話題になってますね。

コンピュータ解析すると89・6%似ているって!
ドンウォン君の努力の賜物!
トーンとか言い回しとか、声の震わせ方まで
何回も聞いて、研究したんだろうな~。

なんて・・・

これも「あいつの声」の広報の一つかな~なんて
記事になったときは思ってたけど

なんか韓国ネチズンに非難されるような内容だったの?
日本でワイドショーが扱うぐらいのネタだと思ってたけど…。
このTVがいつも真面目なのかバラエティなのかわからないけど…

観た限り、非難されそうな点は1つだけ。
犯人の実際の脅迫電話を何回もリピートしたこと。
電話の内容がわからないけど、
それがエグかったりしたらなおさら。
リピートしすぎだって思いました。
犯人の声は分析結果だけでよかったのではないかな~。

ドンウォン君の声なら何度リピートしてもO.Kよ~って
不謹慎な発言かしら…。

==========
2007年 2月 5日 (月) 08:28  パイメディア

カン・ドンウォンの `あいつ声`, 犯人と実際に似ている

[TVレポート] 映画 `あいつ声`で `顔ない犯人`の声を演技した映画俳優 カン・ドンウォン に対して風変りな評価が与えられて気を引く.
4日 MBC `出発! ビデオ旅行 `では劇の中でカン・ドンウォンの声と実際犯人の声を比較, 類似性を診断した. カン・ドンウォンとしては (声)演技力をテスト受けたわけ.

結果は驚くべきだった. カン・ドンウォンが演技した声と犯人の実際声は検査結果, 親和も 89. 6%にのぼった. これは親和島が 90%に立ち入れば同一人であることができるという専門家の言葉によれば驚きべき水準.

これに対して検事に参加した崇実大拜命陣教授は "カン・ドンウォンの場合, 声帯震えることが (犯人の物と)似たり寄ったりでまた言うパターン, リズムもとても似ている"と "演習をたくさんしたという話だ"と評価した.

引き継いで ""声親和島が 90%を移れば犯人の声なのかないのか仕分けができないほどに類似の点数だ"と "カン・ドンウォンの場合声帯模写水準ではほとんどかんぺきだ"と明らかにした.

自分の声をまんまと消し出すまで, 引き受けた役に最善をつくそうとしたカン・ドンウォンの隠れた努力が覗き見える書き入れ時.

いっしょにこの日放送に出演した 迫真表 監督は "(大衆がこの映画を見て)`犯人がつかまったら良いだろう`と思ったらカン・ドンウォンが表現したあいつのためではないかと思う"とカン・ドンウォンの演技力と熱情に賛辞を送った.

==============
2007年 2月 5日 (月) 16:57  ニューシース

出発ビデオ旅行, あいつ声比較 'ヌンチォング'

MBC TV ‘ 出発ビデオ旅行 ’が指弾受けている. 4日放送で映画 ‘あいつ声’の劇中 カン・ドンウォン 科顔ない犯人の声を比較, 分析したせいだ.

‘知りたい事クリニック’ コーナーに紹介された ‘声比較分析’をおいて非道徳的取材行為だったという非難がおこっている.

“子供が迷子になった親の心情を推し量ることができなかった”, “適切ではない刺激的な素材だった”と言う批判だ. “素材選定により愼重しなければならない”と言うのだ. 勿論 “知りたい事を続爽やかに解決してくれた”と言う肯定的な反応もある.

‘出発ビデオ旅行’はこの日専門家診断結果カン・ドンウォンの声と実際犯人の音声が非常にそっくりだと公開した. 検査結果, 親和島は 89.6%. 親和島が 90%を移れば同一人であることができると言うのが専門家の見解だ.

崇実大拜命陣教授は “カン・ドンウォンの場合 (犯人と比べて) 声帯震え, 言うパターン, リズムなどが似ている”と分析した. “声帯模写水準ではほとんどかんぺきだ”は評価だった.

このような放送内容を接した視聴者たちはしかし “映画の中の人物と実際犯人の声を敢えて比べる必要まであったの”と興奮した.

視聴者掲示板の一視聴者は “被害親は 公訴時效 持つがオックザングが崩れるはずだが…. 俳優の声延期が実際犯人と似ているのがそのように浮上させるに値するはずや. 今日だけはチャンネルがお寺に帰った. 妻もチャンネルを回そうと言った”と不快な心境を現わした.

一部は “封切り時期に合わせたエロチックな内容が広報を意識したことではないか”と色眼鏡にかけて見た.

Lさんは “子供が誘拐される事を経験した親の心情が分かって放送するのか本当に抜いてなる”と “そのまま映画をおもしろく紹介する目的だけあるようだった”と指摘した.

Yさんも “映画を紹介してくれるコメントをよく聞いて見ればストーリーを正確に理解することができるようだ”と “コメントだけ聞いても映画内容が分かる”と怒った.

このような論難に対してプログラム製作社関係者は “映画広報社で取材予告篇を受けたが犯人声が盛られていた. インターネットにはカン・ドンウォンの声が ‘顔ない犯人と似ている’と言う意見が多かった”と “‘知りたい事クリニック’というコーナーの主旨に合わせて知りたいことに対して調査したのだ. 内容説明ではなくビハインドストーリーを盛るのが目的だ. 犯人にアイテムを合わせる意図はてんからなかった”と説明した.

同時に “親の気持ちを傷つける意図は最初になかった”と '親の心情を推し量ることができなかったエロチックな素材'という一部非難を拒否した.

'映画広報アイテム'と言う(のは)意見に対しても “放送 3週の前にもう調査を終えたこと”と言いながら “封切り時期を意識して製作しない”と念を押した.

映画 ‘あいつ声’は 1991年異形号だね誘拐事件をモチーブにした. 映画は事件発生当時録音した犯人の声を予告篇に挿入, 話題を呼んだ事がある. 映画は 1日封切られた.

|

« メル・ギブソン方式? | トップページ | 「あいつの声」第2週前売率 »

あいつの声」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あいつの声とドンウォンの声:

« メル・ギブソン方式? | トップページ | 「あいつの声」第2週前売率 »