« 「あいつの声」第2週成績。 | トップページ | 「あいつの声」300万人突破! »

「あいつの声」訴訟?

最近わかったことの一つに
韓国では「ヒット映画に訴訟はツキモノ」ってこと。

「ウヘンシ」のときにも
上映禁止仮処分申し込みって記事があったよね…。
結局そのまま上映され続けてたので
今回もきっとそのままでしょう~。  ←楽観視しすぎかしら?

今回は前より深刻だけど…。
要はキム・ナムジュさんが演じたお母さん役
実際は誘拐された子の継母だったよう。
今は誘拐された子のお父さんとは離婚したので
この映画の製作の話を「聞いてない!」ってことみたい。

制作社的にはお父さん含む家族に了解とったよ~ってことだけど、
ナムジュさん演じるママって子供にダイエット命じたり
ちょっと「常識にかけてる」感じが出てるから、
余計に継母さんには辛いんだろうな…。



===============
2007年 2月 13日 (火) 14:03  スターニュース

異形号だね母,
'あいつ声' 上映禁止仮処分申し込み

1991年発生した異形号君誘拐事件を描いた映画 ' あいつ声 'で二軍お母さん役の実際女性が映画上映を禁止してつけなさいといいながら法院に仮処分を申し込んで出た.

事件発生当時二軍のお父さんと事実婚姻関係にあるのに二軍を養育していた Aさん(女)は 13日 ソウル中央地方法院 に映画製作社 ' 映画社家 'を相手に提出した仮処分申込書で "映画社側が私に何らの同意を受けないまま映画を作った"と "事件発生後 16年が経って映画が封切られながら 44日間の悪夢をまた思い浮かんでいる"と主張した.

Aさんは引き続き "映画端の部分には誘拐犯と私が電話網化した内容が加工されないでそのまま出ながら知人から電話が殺到している"と "これにより他の人々にまで家族の内緒な姿が現われるなど人格権と プライバシー権 この侵害されている"と付け加えた.

Aさんは "たとえ二軍を生まなかったが生みの子とまったく同じく育てたのに, この映画では二軍役をする ハン・サンウ (映画の中名前)が肥満という理由で階段上がるのをさせるお母さんに不必要に何回 '継母みたいだ'と言うことに表現されている"と映画の中人物の性格にも不満を現わした.

一方映画社側は映画を製作しながら異形号君のお父さんと実母から素材を映画化しても良いという同意書を受けたことと知られた.

仮処分申し込みに対して映画社側は "公開捜査の時もう Aさんの声が世に知られたし, 放送などを通じても何回も知られた状況から映画製作で被害を受けているという主張は納得できない"と明らかにした.

|

« 「あいつの声」第2週成績。 | トップページ | 「あいつの声」300万人突破! »

あいつの声」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「あいつの声」第2週成績。 | トップページ | 「あいつの声」300万人突破! »