« Cyon カレンダー | トップページ | 「あいつの声」メイン予告 »

「あいつの声」製作報告会

2月1日の公開に向かって
広報活動が活発になってきましたね。

製作報告会、ドンウォン君は
「M」の撮影があってこれなかったとか。
ってことは、
敢えてこなかったわけでなく、
スケジュールの関係だけってこと???
では次のイベント「マスコミ試写会」は
期待してよろしいの?

監督のドンウォン君をキャスティングした経緯の記事
よいですね~。
記事によって「こころよくしたい」と「必ずしたい」の訳が
あるんだけど、あえて「必ずしたい」の訳記事を
アップしておこう…。
その方がドンウォン君ぽい気がするな~。
「電話機をいつも持って通う」くらいだからね!

200701050701169490














===============
2007年 1月 4日 (木) 15:51  マイデイリー

迫真表監督, "'あいつ'をカン・ドンウォンにした理由は?" 

[マイデイリー = 姜恩津記者] 迫真表 監督が カン・ドンウォン を 'あいつ声'にキャスティングした理由を明らかにした.

映画 ' お前はネウンミョング 'に引き続き 1991年 '鴨鴎亭洞異形号誘拐殺人社でも'をモチーブにある映画 'あいつ声'を作った迫真表監督は "'あいつ'をキャスティングする時原則があった"と 'あいつ'でカン・ドンウォンをキャスティングした理由を明らかにした.

カン・ドンウォンは映画 '私たちの幸せな時間'で演技力を認められたが, '先限' 外貌で殺人魔役に似合わないという批判もあった. カン・ドンウォンは誘拐犯に幼い息子を奪われて, 執拗な脅迫電話に苦しむようになった親の思い焦がれる 44日間をグリーン 'あいつ声'で再び殺人魔 'あいつ' 役を引き受けて声演技を広げる.

迫真表監督は "知られない無名俳優の声を使うようになれば映画がもっとギンザングスロブゴ恐ろしく見えられる."と "しかし知られない声を使った時, その俳優を実際 'あいつ'と間違えて届けたらどうするかというつもりに, 一番多く知られている俳優の中で一番独特に知られた俳優をキャスティングすることに心に決めた"と言った.

'あいつ' 役提議を受けたカン・ドンウォンはシナリオを見て必ず一度参加したいと言ったし, キャスティングがいきなり成り立ったこと.

カン・ドンウォンは自分の撮影分量がない日にも撮影場を捜して声演技を広げて撮影を助けたし, 電話機をいつも持って通う熱情を見せた.

迫真表監督は "虚構の話で映画を作りたかったりするが, 現実では映画よりもっと映画みたいなことが起きる. これをそっぽを向きにくくて実話を土台にした映画を作るようになる"と "'あいつ声'を多くの人々が報告, 必ず犯人がつかまったら良いだろう"と望むことを明らかにした.

映画 'あいつ声'は 2月 1日封切りする.


================
2007年 1月 4日 (木) 15:44  ニュースには

迫真表監督が明らかにした
犯人役目カン・ドンウォンキャスティング理由は?

[ニュースには文留宿記者/写真精油陣記者]

画 ‘あいつ声’の 迫真表 監督が犯人役目に真打ち カン・ドンウォン をキャスティングするようになった理由を明らかにした.

迫真表監督は 4日午後 2時ソウル鴨鴎亭 CGV 劇場で進行された ‘あいつ声’ 製作報告会で “あいつ役目キャスティングに原則があった”と “知られなかった無名俳優の声をすればずっと映画が緊張感あり得るがそうだったら最初私たち映画最初目的なヒョンサングスベグックに違背される”とくちを切った.

その理由は知られない声を犯人役にした時その人を実際犯人と間違えて過ち届ける場合が生ずるかも知れないからだということ.

朴監督は引き続き “一番多く知られている俳優の中でキャスティングしなければならない思ったしなかでもカン・ドンウォンがシナリオを見て必ず参加したいと言って出演するようになった”と付け加えた.

一方 イ・ミョンセ 監督の映画 ‘M’ 撮影とかみ合ってカン・ドンウォンがこの日行事に参加することができなかったことに対して迫真表監督は “あいつは姿を現わしてはいけなくてそうだ”とずるいふざけた言い方を落として現場を笑い海で作った.

ソル・ギョング キム・ナムジュ 主演, 1991年異形号だね誘拐事件をモチーブにある映画 ‘あいつ声’は 2月 1日封切られる.


======================
2007年 1月 4日 (木) 19:39  スタードキュメンタリー

カン・ドンウォン, 'あいつ...' 製作報告会不参した理由

カン・ドンウォン この自分が主演を引き受けた映画 'あいつ声' 製作報告会に不参した.

4日 15年前世の中を騒がすようにした '異形号誘拐殺人社でも'をモチーブで製作した 'あいつ声' 製作報告会があった.

この映画は一瞬に誘拐犯に子供を奪われて執拗な脅迫に苦しんだ親の絶望と怒りを通じて胸解けない家族愛を扱ったヒューマンドラマ.

特にこの映画題目が言ってくれるようにいまだにつかまらない実際犯人の手がかりである '脅迫電話声'をまた一つの主人公で設定した独特の映画で 'あいつ' 役にカン・ドンウォンがキャスティングされて話題になった事がある.

しかしカン・ドンウォンが引き受けた犯人キャラクター 'あいつ'は映画の中でせりふ分量が二番目で多くの主要配役だが何何場面でシルエットを露出させることを除いては顔を現わさないで徹底的に声だけで登場する.

それにもかかわらずカン・ドンウォンは自分が登場しない場面でも現場に出て相手俳優とせりふ呼吸を合わせるなど特別な熱意を見せてくれたという裏話.

しかし製作報告会当日 'あいつ' カン・ドンウォンは姿を現わさなかった.

迫真表 監督は "結局正体を現わさなかった実際事件の犯人のように映画の中 'あいつ' やはり染みない演技を広げたしこの席も来なかった."と理由を明らかにした.

' お前はネウンミョング '迫真表監督と演技派 俳優ソル・ギョング , キム・ナムジュ 義熱演が引き立つ 'あいつ声'は来る 2月 1日審判台に上がる.

|

« Cyon カレンダー | トップページ | 「あいつの声」メイン予告 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

カン・ドンウォン」カテゴリの記事

あいつの声」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「あいつの声」製作報告会:

« Cyon カレンダー | トップページ | 「あいつの声」メイン予告 »