« 「あいつの声」批評 | トップページ | 共に仕事がしたい俳優 »

役えらび

「俳優カンドンウォン」に向かって
日々がんばっているドンウォン君!

そんな一面がわかる記事です。

次はどんな演技をみせてくれるか
楽しみです!


====================================

2007年 1月 23日 (火) 14:09  スターニュース

カン・ドンウォン,
相次ぐ犯罪者演技 "イメージ構わない
"

'花美男スター' カン・ドンウォン この相次ぐ凶悪犯演技で破格的な変身を続く中に彼のファンが見える反応にも関心が集まる.

'私たちの幸せな時間'(以下ウヘングシ)で死囚役を引き受けたカン・ドンウォンは来月 1日封切りする映画 'あいつ声'(監督 迫真表 , 製作映画社家)で実質的な主人公と言える 'あいつ' 役を引き受けて声演技を広げた.

'ウヘングシ'では意図しない殺人をやらかして死囚に服役するが修道女の甥有情( イナヤング )と刑務所面会を通じたいきいきとした愛を分けて, 愛をしのぶメルロナムのイメージも同時に現わした.

しかし 'あいつ声'では認定と言う(のは)捜してみることができない緻密で冷情な破廉恥犯でアックラルハムの劇を見せてくれる. 続く脅迫電話にした家庭を破綻させた実際犯人の行動を浮上させて映画では恐ろしい位緊張されるカン・ドンウォンの声が強調される.

特に映画に集中した観客たちはその間 '美しい男'に刻印されたカン・ドンウォンだったが声だけ聞いても身の毛がよだつ男に感じられるという反応も現わした.

このように花美男イメージに打撃を受けることもできる役目だがいざカン・ドンウォンは演技生活に大きい足しになったであり満足感を現わした.

カン・ドンウォンの所属社関係者は "会社内部的に会議もたくさんして本人もあまねく悩んだあげく決めた作品だ""俳優としてイメージよりは演技生活に役に立つ特別な役をして見たいという演技に対する欲心のため 'あいつ' 役を引き受けるようになった"と明らかにした.

またカン・ドンウォンは多くの声出演分量に比べて実際姿はたまにシルエットだけで登場するが他の演技者たちの感情を助けるために直接撮影場を捜して声録音をしたという映画に対する熱意も話題だ.

所属社関係者は "録音室で別に録音をしないで特別に製作されたカーニバル乗合車に乗って撮影現場をいちいち捜し回った"と "車に放音装置をして現場で相手俳優と合わせて声録音を進行した"と伝えた.

|

« 「あいつの声」批評 | トップページ | 共に仕事がしたい俳優 »

カン・ドンウォン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 役えらび:

« 「あいつの声」批評 | トップページ | 共に仕事がしたい俳優 »