« 受賞取り消し | トップページ | CYON インタビュー »

顔のない主人公

顔のない主人公「あいつ」に関しては
いろいろ検討されたようです。

それにしてもドンウォン君が「あいつ」を引き受けてくれるとは
思ってなかったようですね…。
監督のラブコールが通じたのかしら?
先輩俳優さんとの共演、声だけの演技は
ドンウォン君の俳優人生の肥やしとなったはずです。

小ネタですが、
「君は僕の運命」にもドンウォン君の
イメージがあったのね…。
チョン・ユソクさんが演じていた前夫役らしいですが…
ドヨンさんとの年齢が離れすぎです!
これは無理ですね…。

2007年 1月 25日 (木) 21:28  京郷新聞

〈スポツカン〉‘顔ない主人公’が浮かぶ

タイトルロール(title role). 演劇映画などの主人公を意味する. しかし厳密に定義すれば単純な主人公ではなく題目に推挙された人物を兼ねた場合を言う. ‘ 親切な金字さん ’の金字(イ・ヨンエ), ‘ 先生金峰も ’の金峰も( チャ・スンウォン ) などだ.

‘あいつ声’でタイトルロールはあいつ(カン・ドンウォン)だ. 誘拐犯であるあいつは韓国映画社に記録されるに値する配役だ. 誰だかわからない姿だけ何回出る, 声が重要なタイトルロールであることだ. 韓国映画でこんなタイトルロールはあいつの初めだ.

この役をおいて製作陣は熟考を繰り返えした. 初課題はスターと無名の中誰を出演させるかということ. 無名を起用すれば緊張感を極大化させることができるが副作用が憂慮された. ‘あいつ声’が未解決事件を素材にした位映画が封切られた後俳優と実際犯人を勘違いするなど混乱を催す余地があるのだ. これによって製作陣は有名人を使う事にした.

製作陣の間に多くのスターたちが挙論された. このなかに 1順位がカン・ドンウォン. 脚本・演出を引き受けた 迫真表 監督が一番好んだ. 善良なイメージと悪役の相反效果を去って朴監督はカン・ドンウォンが悪役にも似合うと思った. ‘ お前はネウンミョング ’ 時銀河(チョン・ドヨン)の前ご主人にキャスティングしようと思った. 周りの反対に意味を折ったが.

今度キャスティングも周辺ではあまり期待をかけなかった. しかし結果は朴監督が壮語したとおり現われた. カン・ドンウォンがこころよく出演することにしたのだ. このだけだけではなかった. カン・ドンウォンはすべての声延期を撮影現場から同時録音でやりこなした. 編集後録音室で作業しても良いのに 25回にわたって現場で同時録音をした. 2時間を待ってから 5分間演技して帰ったりした. 製作陣はこのような熱情おかげさまで彼はもちろんソル・ギョング・キム・ナムジュなどの延期も輝く效果をおさめることができたと言う.
以下省略。

|

« 受賞取り消し | トップページ | CYON インタビュー »

映画・テレビ」カテゴリの記事

あいつの声」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 顔のない主人公:

« 受賞取り消し | トップページ | CYON インタビュー »