« カン・ドンウォンを絶賛 | トップページ | カレンダー大人気! »

「あいつの声」期待作

忙しくてアップできなかったけど
あんまり記事がないな…

「あいつの声」2月1日(木)封切で決定かな?

韓国の今年のお正月連休は
2月17・18・19日だそうです。

連休まで話題作だといいな~←なんとなくだけど。。。


==============

2006年 12月 21日 (木) 09:46  京郷新聞

[星を射つ]新年観客誘惑する韓国映画

2007年新年映画館通り対戦表が輪郭を現わしている. 説連休前後を狙った韓国コメディーが多数布陣した中にイム・サンス監督と迫真表監督の新作, ソン・ガンホ主演のヌアル, アン・ソンギ・ リュドファ (劉徳華) 主演の多国籍敍事アクションなど多様なジャンルの期待作たちが観客を待っている.

1月第1週. 新年を開く初韓国映画は ‘浮気をした家族’ ‘ あの時その人々 ’ など問題作たちを出したイム・サンス監督の ‘ 古い庭園 ’とコ・ソヨン主演のファンタジードラマ ‘ お姉さんが行く ’.

黄が暎の同名小説を原作で限り ‘古い庭園’は原作のような問題意識を他の解法で解く. ‘問題的監督’という別称らしく 1980年代に対する視覚を取り囲んで論難を呼び起こすに値する作品だ. ‘お姉さんが行く’と言う現在の情けない自分の人生を振り返えるために 12年前の自分に会って当時誤った出会いを直そうと思うという設定のファンタジーロマンス. ‘オーロラ公州’の脚本に参加したギムチァングレ監督のデビュー作だ.

1月第2週. 外貨たちが本格的に興行競争隊列に合流する. レオナルドディカプリオ わジェニファー・コネリーが主演した映画 ‘ブラッドダイヤモンド’は 90年代末シエラレオーネ内戦に連携されたダイヤモンド密売を取り囲んで起る冒険と血闘を規模あるように描く. ‘最後さむらい’のエドワードズウィック監督が演出を引き受けた. ここに対立するまた一つのハリウッドアクション物はトニースコット( エノミオブステート ) 監督の ‘デザビュ’. テロに犠牲された数百人の命をいかすために時間とのけんかをする捜査官の活躍を扱った映画でデンゼル・ワシントンが主演した. 前編で静かなフングヘングモルイを限り ‘デスノート’ 2編もこの株に封切りする. ここに香港監督葬地量がメガホンを取ってアン・ソンギ・リュドファが主演した多国籍プロジェクト ‘ムックゴング’が砲門を開く用意を取り揃えているしカン・ヘジョンが肢体障害者を演技したヒューマンドラマ ‘ハーブ’も待機中だ.

1月第3週からは韓国コメディーのバレードが始まる. ‘マパも2’が先発投手だ. 余韻係・ギムウルドングなど ‘ハルメ’野と異聞式がそのまま出演するが金首尾が抜けたし, 監督は ‘ドンテルパパ’の李張勳監督に変わった. 劇中異聞式が財閥会長の初恋を捜しに人里離れた島を尋ねるという設定で始める. 第4週続ける韓国コメディーは ‘金官長台金官長台金官長’. 小さな村一建物に立ち入った剣道場, テッキョン場, カンフー道場の金官長たちがするアクションコメディーを標榜した. シン・ヒョンジュン, チェ・ソングク, グォン・オジュンが各金官長を引き受ける.

引き続き 2月お正月連休を前後カム・ウソン・キム・スロコンビの ‘うつ’, チョン・ジュンホとキム・ウォンヒが出る ‘ 広間選手とお母さん ’, チャ・テヒョン・李小宴の ‘ボックミョンダルホ’, キム・ソクフン主演の失職組織暴力団コメディー ‘ マガングホテル ’が配置される. ‘色即是空’のユンゼギュン監督とイム・チャンジョン・ハ・ジウォンがまた団結した ‘1番街の奇蹟’もこの時期封切りを計画中だ.

2月前後封切り作の中で監督と主演俳優の名前値で一番期待される作品2月1日封切りする ‘あいつ声’(監督迫真表, 出演ソル・ギョング・キム・ナムジュ・カン・ドンウォン)とまだ封切り日を取らない ‘優雅な世界’(監督ハンゼリム, 出演ソン・ガンホ)がある. ‘死んでも良くて’ ‘ お前は私の運命 ’ など常に実話でモチーブを得て衝撃的な位強烈なメッセージを伝えて来た迫真表監督は去る 1月 公訴時效 街満了した永久未解決事件 ‘1991年異形号だね誘拐社でも’をスクリーンで移す. ソル・ギョングがアナウンサーと同時に子供を誘拐されたお父さん役で濃い演技をお目見えするうえカン・ドンウォンが ‘誘拐犯あいつ’の声を引き受けて顔を現わさない延期で期待を集めている.

‘恋愛の目的’でメロージャンルを拗ったように見えたハンゼリム監督がソン・ガンホと手を取り合ってヌアルに挑戦した ‘優雅な世界’も以前に見られなかったヌアルが出ないか注目をひく.

|

« カン・ドンウォンを絶賛 | トップページ | カレンダー大人気! »

映画・テレビ」カテゴリの記事

カン・ドンウォン」カテゴリの記事

あいつの声」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「あいつの声」期待作:

« カン・ドンウォンを絶賛 | トップページ | カレンダー大人気! »