« 安山国際映画祭 | トップページ | イ・ヨニ インタビュー »

スターパワー!

韓国のニュースサイトを見てると
アンケートがたくさんありますね。
中には、組織票と思われる???な結果なものとか
全然投票数が少ないものとか…。

でも、今日アップされていたものは
芸能関係者、映画製作関係者が答えたもののようですので、
「プロに人気のある俳優」って感じでしょうか?

昨年は6位だったドンウォン君。
今年は4位!!並み居るベテランを振り切ってランクUP!!

Mが公開された来年はベスト3にランクインできるといいね~。

※それにしても、一作失敗すると、ひどい言われようだ…。


===============

2006年 11月 17日 (金) 02:56  朝鮮日報

ソン・ガンホ・イ・ヨンエ最高の ‘スターパワー'…チョ・インション急浮上

忠武路で一番観客動員力の高い俳優は誰だろう. その俳優の名前値だけで引き入れることができる観客数はどの位だか. 俳優たちの商業的価値を一番よく分かっている映画祭作者と広報社代表 12人に “△△△行って次期作に主演にキャスティングされた時スターパワーだけで動員することができる観客数はどの位なことで予測するか”と質問した. 応答者たちが各俳優別で自分の推定値を言った結果を算術平均して 20位まで順位を付けた. 2002年, 2003年, 2005年に引き継いだ四番目の調査. 現在まで主演を引き受けて封切りした作品が 1編以上ある俳優たちの対象だ.

◆ソン・ガンホ-イ・ヨンエ最高スター

ソン・ガンホが男女俳優をひっくるめて一番スターパワーが大きい俳優に評価された. ソン・ガンホは 128万名ほどの観客動員力があることと調査されて去年 1位だったチャン・ドンゴン(116万)を追い抜いて 1位に立ち上がった. 興行最高記録を樹立した ‘ 化け物 ’の主演で真価を現わしたソン・ガンホは 2003年の調査に引き続きまた 1位を占めた. 応答者 12人の中でおおよそ 10人がソン・ガンホが一番観客動員力が高いと言った. 去年順位は 2位だった.

女俳優の中ではイ・ヨンエが 91万名の観客動員力で 1位を占めた. 以前 3番(回)調査でイ・ヨンエは皆 3位を記録した. イ・ヨンエは去年封切り作 ‘ 親切な金字さん ’ 以後今年出演作がなかったにも莫強したスターパワーを持っていることに評価されて人目を引いた. 去年 1, 2位だったムン・クンヨン(‘愛なんか必要なくて’)とジョン・ジヒョン(‘デージ’)の今年新作が期待に達する事ができない興行で失望を抱かれてくれたことも影響を及ぼしたように見える.

◆中堅俳優たちの全盛時代

今年の調査で一番特徴的な点はしたたかな経歴を持った中堅俳優たちが高く評価を受けたというのだ. 男女 1位を占めたソン・ガンホ-イ・ヨンエ外にもチョン・ドヨン(2位・以下男女別順位) オム・ジョンファ(9位), キム・ヘス(11位), 荒政民(8位), イ・ビョンホン(9位) などの 30代スターたちが去年よりむしろ順位が上がったホソン的を見せた. 特に長い間興行と縁がなくて去年にも 20位中に入ることができなかったキム・ヘスが配役にぴったりと合う姿を見せてくれた ‘タチァ’の大成功で観客動員力を新しく認められて 11位に進入したのが異彩だ. 今年中堅俳優たちのスターパワーがいつよりも高く評価されたことは一際封切り作が多くて競争が熾烈だった一年を経験しながら映画人たちが検証された演技力と安定した興行力を見せて来た中堅俳優たちの商品性に注目した結果で見える.

◆浮び上がる新星

今年順位で一番目立つ学ぶチョ・インションだ. 去年まで順位に入ることができなかった彼は ‘ 卑劣な距離(通り) ’を通じて映画俳優で認められて一気に 5位になった. アクター 3~5位のゾスングウ-カン・ドンウォン-チョ・インションは忠武路の未来を支える心強い材木と見える. ヒョンビン(16位), 李ジュン期 (19位)も今年出演作を通じて新しく注目された.

女俳優リストには著しい新しいスターがいない中ソン・ヘギョ(14位), チェ・カンヒ(19位), コ・ヒョンジョン(20位) など去る 1年間初めて映画界に足を踏んだとかヒット作を出して新しく評価を受けた演技者たちが 20位中に初めて進入した.

◆危機のスターたち

今年観客動員力が一番大きく下落したように見える学ぶグァン・サンウ-カン・ヘジョンだ. 去年アクター 3位だったグァン・サンウは今年出演作たちが興行に成功することができずに最近になっていろいろの口舌運にまで上がりながら 13位におおよそ 10階段や落ちた. 去年 5位に彗星のようにほとばしたカン・ヘジョンは今年 ‘ とかげ ’の興行失敗のため 18位に沈んだ.

パク・シンヤン, ゾングゼヤング, 迫害な , イム・チャンジョン, キム・ジュヒョク , イ・ジョンジェ, ユ・ジテは去年 20位中に入ってから今年順位圏の外に落ちた男俳優たちだ. 女俳優の中ではキム・ジョンウン, ヨム・ジョンア, チェ・ジウ, 李美淑, ハン・ガインが 20位の外で押し寄せた.

(移動珍奇者 [ブルログショートカット djlee.chosun.com])

■アンケート回答=金美姫( サイドス FNH) 新乗根(ディア油エンターテイメント) 心材人(MKピックチォス) ユンスックフィ(若い企画) 李補だと(ゲームセンター) イ・ソンヒ(ラッピングBoA) イシュンゼ( LJフィルム ) 理由陣(家) ゾミンファン(ナビピックチォス) チェユンフィ( オルデッシネマ ) チェフィスング(ミロビジョン) ホテで(二士夫フィルム)

|

« 安山国際映画祭 | トップページ | イ・ヨニ インタビュー »

カン・ドンウォン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スターパワー!:

« 安山国際映画祭 | トップページ | イ・ヨニ インタビュー »