« 雑誌インタ。 | トップページ | Invitation 10月号 »

試写会のち。

試写会の次の日に受けたと思われるインタが2つ。

0905don

試写会の手ごたえがあったのかな?

インタもなんか頼もしく感じる~。

自分の映画観ながら泣いちゃうドンウォン君は

やっぱり「かわいい」です。

打ち上げコンパは楽しかったよね?

俳優「カン・ドンウォン」。

早く観たいな~。

200609052 2006年 9月 6日 (水) 03:10  東亜日報

"“夢に死刑場が大人”… ‘私たちの…’ 死刑水域カン・ドンウォン"

[東亜日報]

《女達にカン・ドンウォンは ‘非現実’だ. 純情マンガの中から飛び出したようなか細い外貌のため. 彼ほどの息子を持った中年の女性映画評論家がそうだった. “試写会で彼の後席に座りました. 急に後を見回るのに, とてもハンサムで人間みたいではなかったって.” それが問題だった. 三つの本の映画に出演したがいつも ‘花美男’だった. そんな彼が 14日封切りする ‘私たちの幸せな時間’で死囚役を引き受けた. 5日約束場所, だぶだぶな半ズボンに面ティーシャツ, スリッパ身なりの彼が跳びこんで来た. 前日試写会後お酒を飲んだという彼は “ビンソックに飲んだら思い出さないです”してコーヒーを持った.》

―すべての女性の花美男で生きて行くのはどうです?

“(目をくわっと見開いて) あまり良くないです.”

本当だろう? す早い鼻筋と長細いあごの線, スリッパあげく出た足指まで密かにぱっと目を通した.

―今度配役が ‘ 俳優カン・ドンウォン ’と認められるきっかけになるようなのに….

“一つ一つ新しいキャラクターを作って行くのです. 今度お上手でも次にできないかも知れないので.”

試写会以後彼の演技に対して好評がつながった. 彼は世の中に対する敵がい心にたまに見える純粋さとはにかみまで多様な心理を表現した.

―初部分であばらな瞳延期が圧巻ですよ.

“一番来ると言う取りました. いくらそれでもどんなに人を突くことができるが悩みながら取ったが. 監督様も表情良いと.”

―試写会で人々がたくさん泣きました.

“私は昨日三番目見たのに泣きました. ‘私が取って私が泣く’と言うか心配で手の平で顔選り分けてこっそりこっそり涙磨きながら見たんです.”

―この映画は腹を割る ‘本当に話’を通じて人間と人間が疏通するのじゃないか. 芸能人としてそうしにくくないんですか. イメージのためしたい話できないでしょう.

“何のものを言っても石投げる人々がいるから. 私はそれでもしたいとおりに言う方です. 昨日試写会でもそのまま包括的に言ったことなのに. 誤解が多かったです. 私は武臣論者ですよ. あ, これも言葉がとても強い. 私は ‘無宗教’です. デッグルです? たまに見るが. 昨日最高デッグルは ‘これも映画紅より’ということ. ハハ.”

彼は試写会で死刑制度に対する意見を問うと “人間が人間を審判することができない”と言って小さな論難をもたらした. 彼が ‘死刑反対’ではないと前提を敷いたのに.

―家族にそんな事が起こったら映画の中被害者お母さんのように許すことができるんですか?

“言いにくいのに. 映画のため死囚も会ってみたが彼らも人だったんですよ. 判断がつかないです. 実際に汝矣島広場車疾走事件で孫を失ったお婆さんは嫁女まで心気症で死んだが許したと言います. 私です? (頭を掻いて) エヒュ. 大変です. 度磨かなければならなくて.”

―死囚を演技した感じはどうだったんですか?

“しきりに夢に出ます. 死刑あいに引かれて行く夢. ところでチン〜組んで恐ろしいです. とても恐ろしくて泣いて覚めたりしました. 首ぶら下げられる瞬間の恐怖!”

―コピーが ‘人間が人間を愛するというの, その燦爛たる奇蹟’なのに, 動員さんはその奇蹟を感じて見ましたか. (彼はぎこちないように首をひねて緑茶飲み物ふたを取った.) “そうですね?”

―撮影衆人 ‘あいつ声’でも犯罪者役目ですよ.

“予想されるキャスティングならつまらないでしょう. ナヤングがお姉さん( イナヤング )がそうするのに犯罪者みたいではなくてもっと良いですよ.”

―‘花美男’と言うのに肌管理や運動はどのようにします.

“管理しないです. 面倒で. 従兄が意思だと新しい機械取り入れたと私を実験対象としたが痛くて死ぬ所だったです. 何がぴかぴかと光るのが. 私は田舍(慶南昌原)出身だから, そんなことしないです. 運動もヘルスクラブは嫌いでサッカーバスケットボールのように球追い回すこと好きです.”

近くで見た彼の顔は毛穴するが目立たない位こぎれいだったが, 言いぐさはのろのろと純朴な田舍青年みたいだった. 花美男カン・ドンウォンで始まったインタビューは俳優カン・ドンウォンを経って田舍青年カン・ドンウォンで終わった. 彼が写真撮影のために服を着替えて出た. モデルカン・ドンウォンだった.

チェジヤング記者 yourcat@donga.com

■ ゴングジヤング 原作と差異は…

‘私たちの幸せな時間’はゴングジヤングの同名小説を原作にした作品.

三度や自殺を試みた上流層女有情(イナヤング)は修道女である叔母( ユンヨゾング )の手に導かれて教化委員で刑務所へ行く. そこで貧しくて不遇だった死囚ユンス(カン・ドンウォン)に会う. 生をたまらなかった二人は誰にも言えなかった ‘本当に話’を交わしてお互いの傷を治癒して行く.

長編小説を読んで想像の羽を伸ばした読者たちに 2時間余りで制約のある映画は失望かも知れない. しかし作家は “原作を映画的によく作り上げたようだ”と “私が ‘ダックサルスロブゲ’ 書いておいたせりふたちを自然に変えたし小説にないユーモアも入れた”と言った.

原作には各章に ‘ブルーノート’というユンスの過去が挿入されてユンスの幼い時代が詳らかに出るが映画ではほとんど省略された. 宋海星監督は試写会で “ユンスの過去より二人の話にポイントを置いた”と言った.

原作は死刑制度に対して反対するが, 映画はこんなメッセージを直接強調しない. ソング監督は “一人の最後を通じて人間が人間を殺すと言うのがどれなのか見せてくれたかった”と意見表明を避けたが映画後半部の雰囲気で彼の意図を見当をつけることができる.

映画評論家 シムヤングソブ さんは “原作にない死刑に対する描写が映画では詳しく出た”と “韓国版 ‘ デドメンワーキング ’”と言った.

200609063
========

2006年 9月 6日 (水) 03:05  朝鮮日報

この俳優たち… “・ルム・答・だ”

[朝鮮日報演技者, 移動珍奇者, チェ・スンウ記者]

‘私たちの幸せな時間’(監督宋海星・14日封切り・以下 ‘私たち…’)は二つの若い俳優の輝く魅力がすべてのものを圧倒する作品だ. これらは長年の苦痛をふるい出してこんこんと泣いても, 罪囚服を着たままうずくまって座っても, 相変らず美しかった. 三回にわたって自殺を企てた女が三人の人をおかゆよ死囚になった男と会う悲しい話. カン・ドンウォンと イナヤング 銀闇の中で一瞬にしてぷりぷり震えながら燃える二つの袋のキャンドルみたいだった.

“抱いてやりたい弟イメージも好きなの”

#1. 186�の背に小さくて纎細な顔のカン・ドンウォン. 彼も ‘(ハンサムな) 外貌に (演技者として) コンプレックスがある’と言って人々を挫折するようにしないか. “いいえ. 無条件良いですね. イメージのため負担感じないです. ただ彼と無関係に一歩ずつ俳優として道に行くだけです.” それなら女性ファンにアッピールする彼の魅力が ‘よりたいお兄さん’ではなく ‘抱いてやりたい弟’にもっと近いという事実は? “それも良いです. 責任感を減らす感じても良いからです (笑い).”

“試写会打ち上げコンパ… 涙が出るんですよ”

#2. ‘私たち…’からユンス(カン・ドンウォン)は有情(イナヤング)との面会の日を思い浮かんで “木曜日さえあれば良いだろう”と言う. カン・ドンウォンは? “‘昨日’だけ同じだったら良いです. ‘私たち…’は本当に気持ち良く撮った映画だったです. 昨日試写会終えて ‘打ち上げコンパ’をするのに ‘苦労した’と言う文字メッセージがずっと入って来ました. 私の心に人を映画一本をもう終わらせるような考えに涙が出るんですよ.”

“化け物みたいな学んだと思ってくれたら…”

#3. アクション史劇 ‘刑事’とメロー ‘私たち…’を出した彼は次期作 ‘そのやつ声’で凶悪な誘拐犯を演技する. 引続いた選択だけ見ても ‘ 俳優カン・ドンウォン ’の演技欲心がいくら大きいのか現われる. たぶん ‘私たち…’は観客たちがカン・ドンウォンの ‘外貌’ではない ‘延期’にもうちょっと注目する初映画になるでしょう. “すべての履歴が終わった時私を化け物みたいな学んだと思ってくれたら本当に良いです. 完全にキャラクターに解けて交ぜて身の毛がよだつ延期をした. もちろんまだずいぶん遠かったんです.” 手を組んだ両手にいっぱい力を込めて, 若い学ぶ数十年後の未来を話した.

(文=移動珍奇者 [ブルログショートカット djlee.chosun.com])

(カン・ドンウォン写真=チェ・スンウ記者 [ブルログショートカット rainman.chosun.com])

|

« 雑誌インタ。 | トップページ | Invitation 10月号 »

私たちの幸せな時間(韓国)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 試写会のち。:

« 雑誌インタ。 | トップページ | Invitation 10月号 »