« 舞台挨拶スケジュール | トップページ | 『198頁』は誤報? »

またまた新作?(追記:誤報)

次の記事で誤報記事掲載しました。9/19

============

一部の記事で

あいつの声、Mに続く次回作の話題が。

えっ、ソン・イェジン??年内に撮影スタート?

Mもあるのに、本当かな??

いちおうイノにも載ってたので、正しい日本語でわかったけど。

恋愛モノは見たいけど・・・どうなの?

inolifeより

カン・ドンウォン、次期作でソン・イェジンと恋人同士に
2006/09/18(Mon) 07:27

映画『私たちの幸福な時間』の演技が好評のカン・ドンウォンが、次期作でソン・イェジンと呼吸を合わせる。

現在、ドラマ『淵蓋蘇文(ヨンゲソムン)』を制作中のDSPイーエヌピー初の映画作品になる『198 頁(仮題)』で、2人は恋人同士を演じることになった。映画『198頁』は2003年、イサン文学賞を受賞したユン・ソンヒの短編『その男の本198頁』を脚色した作品で、映画『パボ』のキム・ジョングォン監督がメガホンを取る予定。

2人のトップスターがキャスティングされたことで期待を集めている『198頁』は年内、撮影に入る計画。 

============

2006年 9月 18日 (月) 10:16  パイメディア

カン・ドンウォン-ソン・イェジン `奇妙な愛` 原作位やりこなそうか


カン・ドンウォン ソン・イェジン この映画 ‘198ページ’(仮題)で恋人に初呼吸を合わせる. 演出は映画 ‘同感’ ‘ 火星に行った男 ’ ‘馬鹿’の キム・ジョン圏 監督が引き受けた.
注目するに値する点は映画の原作がユン・ソンヒの断片 ‘その男の本 198ページ’というの. 8年目図書館四書に働いている女と 198ページだけ捜して読む男の ‘奇妙な’ 愛を扱った作品だ.

ソン・イェジンが演技する ‘女’は生活費を減らすために携帯電話を停止させて一週間に一回ずつ故郷にいるお母さんに電話を差し上げて毎月末日には考試勉強をする弟(妹)に 50万ウォンを送金する単調な日常の主人公. 毎晩 10時なら眠りに入る ‘女’は 8年目図書館で仕事をしたがいざ自分は本を読まない四書だ.

カン・ドンウォンが演技する ‘男’は右手にギプスをして一日に数十冊の本を読む人物. ふっと見ればすごい読書光のように見えるが “000本 198ページを見て”というガールフレンドの手紙を受けた後すべての本の 198ページだけ捜して読む珍しいキャラクターだ.

‘その男の本 198ページ’は <2003 CLASS="gu_15_0b0bcd" HREF="http://search.daum.net/cgi-bin/nsp/search.cgi?w=news&q=%C0%CC%BB%F3%B9%AE%C7%D0%BB%F3&nil_profile=newskwd&nil_id=v14067005" TARGET="new" 以上文学賞 受賞集>(文学史上司. 2003)と小説集 <거기, 당신?> (文学町内. 2004)に積まれている.

脚色を通じて小説とはまた他の妙味を描き出す映画 ‘198ページ’は年内撮影を始めることと知られている.

こういうわけでカン・ドンウォンは ‘私たちの幸せな時間’(演出宋海星)に引き続き原作を映画化した作品の主人公を二番目で引き受けるようになった.

|

« 舞台挨拶スケジュール | トップページ | 『198頁』は誤報? »

カン・ドンウォン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: またまた新作?(追記:誤報):

« 舞台挨拶スケジュール | トップページ | 『198頁』は誤報? »