« 2006年4月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月

試写会?

わたじかのHPにいったら、

おー、また重くなってる…。

韓国のHPってほんと充実してるけど。

訳もわからず、クリックしてたら

イベント?

続きを読む "試写会?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

VS 家門

今日はネットのインタ記事より。

FNN<フォーカス新聞社>  日本語訳は一番あとで。

たまには凝って書こうと思ったのに、固まったから…簡単に。

髪はまたまた順調に伸びてます。

でも、太ったって遠まわしに書かれてる…。

こういう記事って翻訳機のせいかしら??

たまに強気な発言に感じるのは私だけかな?

デュエリストの興行が悪かったのがとっても悔しかったドン君。

今回も「家門の~」がライバルだけど、今回は勝てる!と。

「良い作品を取っている時が一番幸せです. 」

「特に延期がよくできて気持ち良く撮影を終えた日なら

 家に帰って来る始終楽しいです. 」

俳優さんですね~。きっと大ヒットだよ~。

続きを読む "VS 家門"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

韓国雑誌

「私たちの幸せな時間」の韓国公開はもうすぐ。

雑誌へのドンウォン君の露出が多くなってきたようです。

韓国の雑誌、通販で手に入れると

続きを読む "韓国雑誌"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウエディング

早くMVIOの秋冬のカタログが

ネット公開されないかな~ HP

なんて、覗きにいったら

続きを読む "ウエディング"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

整理整頓

ドンウォン君にはまってから、 確実にダウンロードする回数が多くなった。

続きを読む "整理整頓"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

携帯より。

携帯を替えて1ヶ月半。いまだ慣れない。

学生時代からTu-Kaだったけど、とうとうau。

KDDIも必死でauに替えて欲しくてお願いの電話も。

それにしても、PCで作業して携帯で持ち歩き。

ドン君の布教活動がんばるぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

若き日の思い出 inサマー

今日はバイトのTちゃんのために、韓国サイトでA RA SHI を検索。

探した写真で、携帯の待ち受けを作成&プレゼント。

それにしても、韓国ファン恐るべし。ブログでは

韓国での情報はもちろん、日本のテレビ、CM、雑誌だけでなく、

なぜか台湾の情報まで。8月14日までで、80個も動画アップしてる…。

そんなことをTちゃんに話してたら

「韓国ファン多いんですよ」「福岡にも結構いました」なんて。

えっ、福岡コンいったんだったね…。いいな~。

昔、ジャニファンだったころ、夏は大変だったんだよね。

イベント、遠征で。あー、楽しかったな~。夏はやっぱりジャニコンよね。

なんて話してたら、Tちゃんが「韓国にはいかないの?」だって。

昔みたいな行動力なくなったな…。韓国行きたいな~。行っちゃうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

来日?

某掲示板…でドン君の来日目撃情報がアップされてる…。

12日(土)13:52 成田着 アシアナ航空  アシアナHPで検索

ほんとかな~。いつもは羽田着だけど、お盆だからって。

ほんとかな~。秋の服取りに着たんじゃないかって…。

ほんとかな~。でも前ナヨンちゃんと来たときも土曜日だったような…。

ほんとかな~。でも、どうせ明日は仕事だし、関係ないか…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

祭りのあと

わたじかの本ポスターも公開され、7日から続いたわたじか祭りもひとまず終わり。

あとは、前売りスタートと一緒ぐらいに公式HPも紹介よね。

公開3週間ぐらい前から記者用の試写会、VIP試写会はあるわよね。

おー、また祭りか~。

それにしても、ドン君におちて、初の映画公開@韓国。

政策で守られているとはいえ、映画に対するイベント、話題が多いな~って。

日本じゃそうとう話題のモノか私生活に話題のある人が出てないと、

記者会見とかテレビで放映されないよね…。離婚とか恋人発覚とかね。

ドン君、ナヨンちゃんとも人気ものだけど、

わたじかだけが特別ってわけではないようだし。

あんなに、写真や動画がアップされるなんて、想像もしてなかったよ~。

来るべき第二祭りまで、ハングルサイトの検索をもう少し鍛えておくか~。

わたじかの日本語読み、ウリドゥレ・ヘンボカン・シガン

ドン君といっしょに唱えてみますか!「ボカン、シガン」が韻を踏んでるみたいで、

リズムがいいのよね~。呪文みたいさ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

わたじか祭り~2

昨日は仕事の食事会があって

11時に帰宅。いつものとおりネット巡りを始めると…

韓ブログに本予告の動画が~~。

ハングルが聞き取れないし、翻訳機しか頼れない私には

Daum登録の数字がネックで登録をまだしていない…。

ので、わたじかのカフェも、ドン君のカフェもチェックできない。

とりあえず、いただいて…何度も観賞。

基本的に「泣ける話」「笑える話」「幸せな話」のドラマ、映画が好きなので

この映画はストライク。予告編でヤラレてしまった。

今から韓国行って、大画面で予告を観に行きた~い!!

結局、ブログ以外の公式配信のページは見つけられず、あきらめ。

まっ、そのうち映画関係のHPかわたじかHPができて必ずアップされるから、いいか。

っていうより、祭り続きで、私の体力と頭が限界…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

わたじか祭り~

今日は気分がとってもよかった~。

仕事もストレスなかったし!

きっとドンウォン君の動画がアップされてるはず!なんて

ワクワクしながら帰ってきましたよ~

とりあえず、愛読HP Innolifeをチェック。

え~、早速動画アップされてる!!!こんなに早く!!!字幕つきが…。

なんて思ったけど、やっぱりInno、昨日の記事以上にぶつ切り…。

これでは、納得できない~。

だんだん韓国の芸能情報もわかってきたので、

なじみの YTN STARETNのサイトへ。案の定あった!YTNの個別インタ~。

たぶんだけど、前にファンに目撃されてる……焼酎のビール割り「爆弾酒?」を

監督に教えてもらってハマったって、答えてました。

日本語訳つきはスカパーとか入っている方の情報を待つとして、いちおう満足。

つぎは、韓ファンのブログへ~。

「私ももってるわよ~」なんて悠々観てたら、えっ、まだ観てないのがたくさんある。

その上、個別インタだから雰囲気も違うわ…。連合ニュースって昨日記事みたところ。

まだまだ、極めることはできてないな…。恐るべしハングル&ネット社会韓国。

次のイベントはたぶん試写会よね?もっと自力ゲットめざすぞ。

===============================================================

YTNは撮影時のエピとかお互いの印象とか中心

0608091 インタ前のお洒落さんなドンウォン君

衣装のチェック怠りません!

連合ニュースは映画の場面がいろいろちりばめられてて

出会いの部屋でお弁当食べてたり、

泣き声で訴えてるユンスが印象的。映画が観た~い!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

わたじかの記者会見

今日は台風が来てるっていうのに夕方からお料理教室。

あー、ドンウォン君の記者会見記事がリアルで見れない…。

だからって、お料理休むほど、子供じゃないのであきらめました。

帰ってきたら、案の定、愛読サイトInnolifeのフォトにアップされてました。

記事は日本語サイトにはまだないな~。韓国にはたくさんあったけど。

監督はドンウォン君の美しさに撮影初日悩んだとか。そうよね。悩まされる美しさ…。

反対にドンウォン君は前の会見の時「自分をハンサムだと思ったことがない」と

いったことが、マスコミに批判されてる件について発言。

ながらニュアンスでは、

「威風堂々な彼女」でも「彼女を信じないでください」でも僕をだれも花美男なんて

言ってなかったよね?ヒットした「オオカミの誘惑」のイメージでみんなが

決め付けてるだけじゃない?あなたたちの見る目が変わっただけですよ~

って感じかな?

うーん、でもね、「威風堂々」のジフンオッパも花美男◎だったし、

モデル時代もかっちょい!ただただ注目されてなかっただけなのよ~ドンウォン君!

あなたが、花美男でなければ、だれをそう呼べばいいの~~~。

ただしひとつだけ除外…。

「かの信」の唐辛子シーンは…。ある意味今回の姿より私には衝撃的よ…。

  ============================================

61580_l_2 帽子をかぶったカン・ドンウォンの微笑み

8日午後5時30分、ソウル朝鮮ホテルグランドボールルームで、

映画『私たちの幸せな時間』の制作報告会が行われた。

三度の殺人で死刑に処された死刑囚チョン・ユンス役を演じた

カン・ドンウォンが、帽子をかぶって参加して、取材陣に向って

            ポーズを取っている。[写真=ミン・ウンギョン記者]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

手錠

わたじかの新しい写真が公開された。61517_l_1

手錠とユンス。

韓国はこうやって情報を少しずつマスコミに公開して

公開まで盛り上げていくようだ。

まだ、映画試写会が行われてないから、

写真でしかマスコミも語れないのか?

ドンウォン君は短髪姿となまりについてしか情報がない…。

がんばったみたいだから、酷評されるのもイヤだけど。

今日は夕方から記者会見があるようだけど、ちょうどお出かけだ…。

帰ってきたらネット巡りだな。

Innolife   

===============================================

カン・ドンウォン、“花”のイメージをふり落とす

2006/08/07(Mon) 17:28

カン・ドンウォンが『私たちの幸せな時間』で、どん底の人生の中、死刑宣告を受ける死刑囚に変身する。“コッミナン(花美男)”カン・ドンウォンにしては破格の変身である。カン・ドンウォンは「俳優の本気を出したい」と真剣にキャラクターに迫っている。映画の相手役はイ・ナヨンである。

カン・ドンウォンはこれまで純情漫画から出てきたようなきれいなイメージを全面に出し、清純派スターとして君臨していた。しかしデビュー3年目に差しかかり、今や“俳優”としての方向を示そうとしている。死刑囚のやつれた様子を通じて、起伏のある演技を見せようという覚悟である。

ちょうどいい具合に監督は、ソン・ヘソン監督である。『パイラン』の三流チンピラチェ・ミンシクを再発見した演出家である。映画『力道山』では、ソル・ギョングの体重を25キロも落とさせた。このようにソン監督は、男優の“訓練”に長けている。

カン・ドンウォンはこの役を演じるに当り、トレードマークだった長髪を短くした。慶尚道の方言も再び駆使している。映画の関係者は、カン・ドンウォンがこの作品で『チング』のチャン・ドンゴンがそうだったように、俳優としての新たな転換期を迎えるものと期待している。[写真=prime entertainment]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

わたじか

ドンウォン君の映画「私たちの幸せな時間」の韓国公開日が

9月14日に決定!  パチパチ~

公式HPや舞台挨拶の情報をチェックするために

ここ を登録

ナヨンちゃんの方が先輩だからね…。

キャスティングミスと言われようとドンウォン君がんばれ!

今日のイノライフより

忠武路の期待の星 イ・ナヨン、

成長した女性として帰ってくる

===============================================

2006/08/03(Thu) 12:25
爽快溌剌とした俳優イ・ナヨンが、成長して深みのある女性として帰ってくる。公開を前にしているメロ映画『私たちの幸せな名時間』で、いっそう成熟した姿と叙情的、かつ感性的な演技で期待を集めている。映画『私たちの幸せな時間』で、イ・ナヨンが演じる“ユジョン”はお金持ちで派手に見えるが、心に深い傷を持った冷笑的な大学講師。悲運の死刑囚“ユンス”(カン・ドンウォン)との出会いと共感を通じて、大きな内面の変化を経験することになる人物である。外見と雰囲気から成熟した女性らしさを漂わせて帰ってきたイ・ナヨンは、深みのある豊かな感性を噴出している。

世間に対して非常に鋭い、傾いた性格の持ち主役を演じ、時には悪に身を任せて叫び、相手の心をえぐる言葉をためらいなく吐き出すなど、強烈な演技を見せる予定である。感情の変化を細やかに表現する難しい役柄を演じ、撮影期間中は映画に対する誠意と努力を惜しまなかったイ・ナヨン。最近の編集版で彼女の演技を確認した製作陣は、「イ・ナヨンの最高の演技」だと好評し、さらに期待を高めている。生きていることに耐えられなかった二人の男女が、1週間に1回“出会いの部屋”で合い、奇跡のような変化を経験する『私たちの幸せな時間』で、誠意のある熱演を繰りひろげるイ・ナヨン。彼女の姿は、9月14日にスクリーンで確認することができる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年9月 »